スロージギングリール

スロージギングリール

【徹底比較】買うならどっち?オシアジガー2000NR-PG vs ソルティガ35N/SJ

2020/11/15

スロージギングで最も信頼を置けるのが、 オシアジガーとソルティガのシリーズ。 その中でも、圧倒的なパワーを兼ね備えているのがオシアジガー2000PGとソルティガ35N/SJとなります。 共通しているのが、どちらもPGタイプのリールで、 巻き抵抗が圧倒的に軽いこと。 5kgクラスのカンパチやキハダマグロであれば、すいすい上げてこれるハイスペックなリールです。 10kg以上の大型魚を狙う遠征スロージギングや、本格的な中深海スロージギングに挑戦するのであれば、購入する準備をしておきましょう! オシアジガー200 ...

ReadMore

シマノジギングリール

ジギングリール

【シマノ限定】初心者から上級者まで遊べるジギングリールを紹介!

2020/10/10

シマノのジギングリールは、「SW」と表記されているものを選びましょう。 SWとは「Salt Water」の略で、絶対的な「防水性能」「耐久性」「剛性」「ドラグ性能」「巻き上げパワー」に特化したモデルなんです。 SWと表記されていないものは、ジギングで使用するのは絶対にやめましょう。 [jin_icon_caution color="#e9546b" size="18px"]ギアやボールベアリングの強度が足らず、1日で内部から異音が出ることもあります。 他にも「HAGANE GEAR」「X-SHIP」「HA ...

ReadMore

no image

ジギングリール

【ダイワ限定】ジギングリールを選ぶならこれ!人気の最新機種を紹介!

2020/9/26

ダイワのジギングリールは、耐久性と巻き心地が非常に優秀。 それを可能にしているのが、「マグシールド」というもの。 マグシールドは、防水・耐久テクノロジーのひとつで、ジギングリールのボールベアリングとギアの劣化を防いでくれます。 [chat face="man1" name="" align="left" border="gray" bg="none" style=""]そんなに防水・耐久テクノロジーが重要なの?」[/chat] ジギングでは常に船が移動していて、波しぶきや潮風からリールの劣化が激しいんです ...

ReadMore

スロージギング キハダマグロ

スロージギングで釣れる魚

【スロージギングでキハダマグロ攻略】誘いからファイト方法までを紹介!

2020/9/27

[chat face="ひとり.jpg" name="ひとり" align="left" border="gray" bg="none" style="maru"]スロージギングでキハダマグロが狙えるの?[/chat] スロージギングでは、繊細なタックルで、根魚や中型青物を狙うイメージがあるのではないでしょうか? いえいえ、そんなことありませんよ^^ 20~30kgのキハダマグロでも、3号のPEラインがあれば十分に勝負ができます。 パワースローなんて呼ばれていたりしますね。   キハダ狙いのスロ ...

ReadMore

スロージギング マダラ

スロージギングで釣れる魚

【スロージギングでマダラ攻略】初心者でも超高級魚がバンバン釣れるコツを紹介!

2020/9/27

深海の高級魚であるマダラ。 冬場は400〜500mあたりに生息しており、夏場になると200〜300mくらいまで上がってきます。 冬のマダラは白子が抜群に美味しいとされていますが、夏場は身の方に栄養が偏ります。 日本だと北海道、東北、中越で、切り身を使ったエサ釣りが主流です。   マダラをスロージギングで狙うのであれば、夏場が比較的おすすめ。 ジャンルとしては、中深海スロージギングとなります。 中深海スロージギングというと、少し敷居が高いように感じますよね。 しかし、マダラは非常に好奇心が強く、ベ ...

ReadMore

スロージギング ブリ

スロージギングで釣れる魚

【スロージギングでブリ攻略】ベイトパターンを意識することが超重要!

2020/9/27

近海スロージギングの中で、トップクラスの引き味で魅了してくれるのがブリです。 ブリは出世魚の仲間で、関東では小さいほうからイナダ→ワラサ→ブリの順番で呼ばれています。 関西ならハマチ→メジロ→ブリですね。   「ブリ」「ヒラマサ」「カンパチ」の青物御三家の中で、ブリは最もベイトに依存しています。 ブリは常にベイトを追いかけて回遊していますので、ベイトの反応が濃いポイントや鳥山の下についていることが多くなるんですね。 スイッチが入れば、「無限に釣れる」と思えるほど、ジグにアタックしてきます。 ブリ ...

ReadMore

スフェロスSW

ジギングリール

スフェロスSW【インプレ】初心者でも存分にジギングが楽しるハイスペックリールの評判とは?

2020/10/10

シマノから発売されているスフェロスSW。 2019年に「19スフェロスSW」が発売されましたが、あちらは「3000XG」「3000HG」「4000HG」の3種類で、サーフキャスティングやライトショアジギング用です。 今回このページで紹介しるのは、ジギング用の「スフェロスSW」で、6000~8000番がラインナップ。 シマノのジギングリールは、上位機種から順に 1. ステラSW 2. ツインパワーSW 3. バイオマスターSW 4. スフェロスSW となっっています。 ひとり「え!じゃあ、スフェロスSWはダ ...

ReadMore

オシアジガーとオシアコンクエストの比較

スロージギングリール

【徹底比較】オシアジガー vs オシアコンクエスト買うならどっち?

2020/10/10

【スピーカー】スロージギングにはオシアジガーとオシアコンクエストどちらがいいの? ひとり「結論を先に言いますと、ジギングの種類で使い分けることが大切です。」 オシアジガーもオシアコンクエストも、値段の高いリールですので、どちらを購入しようか悩んでいるのであれば参考にしてみてください。 オシアジガーのスペック オシアジガーは、スロージギングのために製造されたベイトリールです。 「ハンドル1回転あたりの巻き上げ量」「巻き上げトルク」「滑らかな巻き心地」どれをとっても天下一品。 スロージギングを本格的に取り組む ...

ReadMore

スロージギングリール

スロージギングリール

【徹底比較】オシアジガー1500HG vs ソルティガ15H/SJ買うならどっち?

2020/9/23

スロージギングで最も秀逸なリールと言えば、オシアジガーとソルティガのシリーズです。 その中でも、圧倒的なパワーを兼ね備えているのがオシアジガー1500HGとソルティガ15H/SJ。 どちらもHGタイプのリールで、ハンドル1回転の巻き量に優れているのが特徴です。 オシアジガーもソルティガも、機能的にはほぼ互角。 つまり、オシアジガーとソルティガは、おたがいの互換バージョンという位置付けになります。 ただ、少なからずの差異はありますので、このページでチェックしてみてください。 オシアジガー1500HGのスペッ ...

ReadMore

スロージギング ヒラマサ

スロージギングで釣れる魚

【スロージギングでヒラマサ攻略】季節によって攻め方を変えてみよう!

2020/9/16

ヒラマサといえば、春の産卵シーズンのトップゲームやスピニングリールによるハイピッチジギングが愛されていますよね。 玄界灘や千葉県外房沖では、3月下旬くらいから水深20~40Mといった浅瀬に大型ヒラマサが接岸します。   10kg超えはもちろん、20kg~30kgといった超大型のヒラマサまで混じってくるので、全国のヒラマサファンがこの時期に集結してきます。 この時期はスパンカーを外してのドテラ流しが主流になるので、スロージギングで釣りをするのが難しくなるんですよね。   ただ、スロージギ ...

ReadMore

© 2020 ジギングマニア Powered by AFFINGER5