ジギングロッド

【知らないと損】安いジギングロッドを買う前に気を付けるべきこと

安いジギングロッド
ジギングロッドは欲しいけど、値段が高いな~。

初めてジギングロッドを購入する場合、いろいろと葛藤が生まれますよね。

「じゃあ、安いロッドを買おう!」とも思うんですが、値段だけで決めるのは少し危険かも。

このページでは、格安のジギングロッドの選び方について解説しています。

初めてジギングロッドを検討している方に、おすすめのページです。

▼釣り番組がスマホで見放題!▼

ジギングロッド相場は?

ジギングロッドの相場は、5000円から5万円を超えるものまでピンキリです。

もちろん、値段が上がれば性能もそれだけ向上します。

具体的には

メーカー(ブランド力)

ロッドの耐久性

背負えるジグの重さ

などによって、値段が決まると思ってください。

メーカー(ブランド力)

同じ性能のロッドでも、メーカーごとに値段の相場が決まってきます。

いわゆるブランド力(信頼性)というものです。

例えば、ユニクロとGUCCI(グッチ)では、服の相場がぜんぜん違いますよね。

ジギングロッドも同じように、メーカーごとに「お手頃ブランド」「高級ブランド」とあります。

ロッドの耐久性

ジギングロッドの耐久性が上がれば、値段も自然と上がってきます。

特にジギングは、ロッドの負担が大きい釣りです。

格安のジギングロッドは、耐久性はあまり高くないので

「毎週ジギングするぞ!」くらいの勢いの方は、格安のジギングロッドはおすすめしません。

背負えるジグの重さ

背負えるジグの重さがヘビーなものほど、ジギングロッドの値段は上がります。

例えば「ジグウエイトMAX100g」と表示されているものと、「ジグウエイトMAX200g」と表示されているものであれば、後者の方が値段が高いということ。

ただし、これもメーカーごとに値段のばらつきがありますので、あなたの目でひとつひとつ確認してくことが大切です。

格安のジギングロッドはこんなひとにおすすめ

とりあえずジギングを経験してみたい

サブ用のジギングロッドを探している

ジギングの頻度は3カ月に1度くらい

安いジギングロッドのデメリット

安いジギングロッドのデメリットも知りたいでござる。

安いからと言って「ジギングができない」というわけではありません。

ジギングロッドと表記されていれば、ある程度はジギングができます。

ジギングはロッドに負荷のかかる釣りジャンル。

エサ釣りで使っているロッドとは、全く比になりません。

どんなに正しく使用していても、ガイドにヒビが入ることもあります。

魚の取り込み方も間違えてしまえば、竿先が船べりに引っ掛かり折れてしまうこともあります。

かといって、新品がすぐに破損するかというと可能性は低いです。

ジギングの釣行回数が月2回を超えるようであれば、格安のジギングロッドはおすすめできません。

3~4万円くらいの耐久性や強度に優れたモデルを買いましょう。

安いジギングロッドを選ぶ時のポイント

格安のジギングロッドは、様々なメーカーから販売されています。

その中でも、格安ジギングロッドと呼ばれるものは1万5000円以下のもの。

1万円を切ると品質的に不安なので、ジギング初心者の方は1万円~1万5000円くらいから選んでみましょう。

「シマノ」「ダイワ」「メジャークラフト」あたりのメーカーであれば、品質も確保されるのでおすすすめです。

おすすめの格安ジギングロッド3選

「安いジギングロッドを探しているけど、自分で探すのは面倒くさい」という方は、こちらから選んでください。

ジギングマニア
ジギングマニア
ジギング歴10年オーバーの私が、自信をもっておすすめできる製品です。