スロージギングで釣れる魚

【スロージギングでキハダマグロ攻略】誘いからファイト方法までを紹介!

スロージギング キハダマグロ
ひとり
ひとり
スロージギングでキハダマグロが狙えるの?

スロージギングでは、繊細なタックルで、根魚や中型青物を狙うイメージがあるのではないでしょうか?

いえいえ、そんなことありませんよ^^

20~30kgのキハダマグロでも、3号のPEラインがあれば十分に勝負ができます。

パワースローなんて呼ばれていたりしますね。

 

キハダ狙いのスロージギングは、沖縄の久米島や石垣島でのパヤオと呼ばれる水中漁礁周りでの釣りが有名です。

キハダの魅力は、なんと言ってもその圧倒的なパワー。

マグロの一種ですからね。

ヒラマサやカンパチもすごいトルクですが、キハダは別格です。

やはり、オフショアターゲットの中でも、特別なものを感じます。

 

キハダマグロは、スロージギングをある程度経験していれば釣れる魚。

もちろん、この記事を見ているあなたにも十分にチャンスがあります。

このページを参考にして、オフショア最高峰のターゲットを楽しんでくださいね。

▼釣り番組がスマホで見放題!▼

キハダ狙いのスロージギングはロングフォールが主体

水中でのキハダマグロは、基本的に弱ったベイトにアタックしてきます。

特にイワシやキビイナゴといった小さなベイトが大好物です。

ジグの大きさも、ショートタイプのものを選んでいきましょう。

 

ひとり
ひとり
誘い方は、下記の動画を参考にしてみてください。

キハダ狙いのスロージギングはトップ船でもチャンスがある

トップで騒いでいるキハダは、ほんの一部にすぎません。

キハダは水中にもたくさんいて、弱って沈んでいくベイトにも反応します。

スロージギングでもヒットチャンスがあるんですね。

 

トップで騒いでいるキハダの群れに遭遇した場合、だいたい水深50m以内で勝負がつきます。

フォールにこだわらず、テンポよくシャクっていくのも有効です。

もちろんトップで狙っている人達が優先なので、周りには注意しなければなりません。

ドラグ設定は緩めでOK

キハダマグロの瞬発力は、他の魚と比べても群を抜いています。

どんなにドラグを締めていても、大型のキハダを止めきることは不可能です。

 

なので、スプールを抑えるのはやめましょう。

道具の破損につながるか、最悪ケガの原因にもなります。

といっても、緩すぎてもダメなので、ドラグ設定は8~10kgくらいがおすすめです。

 

上記のドラグ設定で、ファーストランのライン放出を推定してみましたので、参考にしてください。

ひとり
ひとり
PEラインは3号と仮定しています。

10kgクラスのキハダ・・・ファーストラン30~50m

20kgクラスのキハダ・・・ファーストラン50~80m

30kgクラスのキハダ・・・ファーストラン80~120m

 

キハダマグロは1発目、2発目、3発目あたりまでのダッシュ力が強烈です。

それ以降は、徐々に落ちていきますので、慌てずにファイトをするのがポイントとなります。

大型のキハダマグロは元気なうちに釣り上げよう

キハダとのファイトでは、注意してもらいたいことが一点あります。

それは時間をかけすぎないこと。

大型のキハダマグロだと、どうしても慎重になりがちです。

 

しかし、スロージギングで勝負していることを忘れてはいけません。

キハダマグロは、水面に頭を出すことができれば一気に引き上げられます。

しかし、スロージギングロッドの場合、ロッドのパワーでキハダの頭を持ち上げられないんです。

キハダマグロは青物なので浮いてきません。

 

つまり、元気のないキハダマグロは、頭を下に向けてどんどん沈んでいきます。

30kg、40kgの鉛が、ラインの先端に付いているのと同じです。

ファイトの目安は、30kgクラスなら40分以内40kgクラスなら1時間くらいでしょう。

 

ひとり
ひとり
体はバキバキになるので覚悟してくださいね。

 

ファイト中にラインも弱ってきますので、最後の最後でラインブレイクもザラです。

ファーストラン、セカンドランを切り抜けたら、徐々にドラグを締めていきましょう。

近くにサメが付いていることも多いので、ファイト時間を短くすることはとても大事ですよ。

キハダマグロ|おすすめスロージギングロッド

シマノなら「オシアジガーインフィニティ」、ダイワなら「ソルティガSJ」を奨励しています。

オシアジガーインフィニティB634

品番 B634
長さ(ft/m) 6.4/1.91
自重(g) 140
PE(号) MAX3.0
ジグ(g) MAX300

オシアジガーインフィニティB635

スーパーライトジギング【SLJ】おすすめのスピニングリール5選をピックアップ!

品番 B635
長さ(ft/m) 6.4/1.91
自重(g) 147
PE(号) MAX3.0
ジグ(g) MAX400

オシアジガーインフィニティB636

品番 B636
長さ(ft/m) 6.6/1.91
自重(g) 160
PE(号) MAX4.0
ジグ(g) MAX450

キハダマグロ|おすすめスロージギングリール

シマノなら「オシアジガー2000」、ダイワなら「ソルティガ35NL/SJ」を奨励しています。

オシアジガー2000HG

オシアジガー2000PG

ソルティガ35NL/SJ

キハダマグロ|おすすめスロージギングジグ

ジグの重さは、180~300gくらいを用意しておきましょう。

オシアスティンガーバタフライ|サーディンウェバー

潮の流れが緩いときは、フォール主体の釣りになります。

オシアスティンガーバタフライ|キングスラッシャー

潮の流れが速いときは、細身のジグでガンガンしゃくっていきましょう。

メサイヤ(ロング)

沖縄の石垣島や久米島で、一番実績があるのはコレ。

かなり長めのジグですが、潮の流れの速いポイントで有効となります。

キハダマグロ|おすすめスロージギングライン

ラインは太ければいいものではありません。

沖縄のパヤオ周りは、潮の流れが速いことが多いです。

水深が70m~150mくらいを流すことが多いので、ラインの受ける抵抗も減らしたいところ。

PEラインだと、3号~4号くらいがおすすめです。

PEライン

メインラインとなるPEラインは、少なくとも400m以上は巻いておきましょう。

150m以上のレンジも探ること狙うこともあります。

潮の速い日だと、200m近く出されることもありますからね。

OCEA EX8 PE 400m

ショックリーダー

ショックリーダーは、モーリスから発売されているバリバスがおすすめ。

強度、耐久性ともに、その他のメーカーを圧倒しています。

モーリス バリバス ナイロンショックリーダー60〜80lb