タチウオジギングリール

グラップラー300HG【インプレ】ライトジギングに最適な小型ベイトリール

グラップラー300hg

姿勢の低いリールで、ベイトリールをしっかり握り込めないと苦労している方にオススメ。

ハイギア仕様で仕掛けの回収も早く、何度も打ち込んでタナを探る釣りで活躍します。

グラップラー300hg

遠心ブレーキを搭載しているので、潮の流れが緩いときはキャスティングを織り交ぜて広範囲を探る釣りもオススメです。

シルキーで滑らかな巻き心地

シマノの金属加工技術「HAGANE」によって生み出された、超小型の精密ギア「マイクロモジュールギア」を搭載しています。

歯数を増やすことで、ギアの緻密性を最上位機種と同等の構造に。

噛み合わせの精度と剛性を極限まで上げることで、小型のベイトリールでありながら、最上位機種「オシアジガー」に匹敵する圧巻の巻き心地が味わえます。

マイクロモジュールギア

また、ベアリングは特殊な防錆処理をしているので内部で塩噛みを起こすことがありません。

クラッチを切るとスプールがベアリングのみで支える構造になっているので、軽量なジグも素早くフォールさせる事ができます。

グラップラー300hg

さらに、70mmのラウンドノブを標準装備しているので、引き抵抗の強いジグの操作にも最適。

大型の青物を掛けても、しっかり握り込めば力を入れずに浮かせる事ができます。

グラップラー300hg

軽くて握り込みやすいボディ構造に

グラップラー300hg

ボディはアルミニウムや、マグネシウムを使用しておりたわみが少ない構造に。

負荷が掛かった状態でも巻き上げても、ギアの噛み合わせをしっかり守ってくれます。

ただ、低姿勢のボディである分、握り込みが浅くなるのは弱点でもあります。

グラップラー300hg

ジギマニくん
ヒラマサやカンパチのような根に突っ込むような魚だど、しっかりと握り込めるオシアジガーの方が扱いやすいかもしれません。

「グラップラー300HG」は、太刀魚や真鯛のようなテクニカルなジギングに使用するのがベストです。

実際のインプレッション

ジギマニくん
太刀魚狙いのライトジギングで使用してみたぞ!

マイクロモジュールギアの恩恵で、巻き心地が非常に滑らかなのが第一印象。

潮の変化や流れの強さを、ジグの動きでしっかり感じ取る事ができます。

ボディは低姿勢でしっかり握り込む事がだきるので、長時間釣りをしていても手が痛くなることがありません。

グラップラー300hg

巻き上げパワーも、丸形のベイトリールと比較しても、遜色ない巻き上げトルクを持っており、大型の太刀魚を掛けても楽に浮かせる事ができました。

負荷が掛かっても、全くゴロゴロ感が出ない巻き心地を持っています。

タチウオ

まとめ

低姿勢なボディはテクニカルなジギングに最適。

非常に軽く作られているので、軽量化を徹底したライトジギングロッドと組み合わせれば相乗効果が得られます。

潮が緩いときにキャストしてみましたが、遠心ブレーキの性能が高く、初心者でもバックラッシュも起こしにくいと思います。

太刀魚やサワラ、マダイをメインに使用してみてください。

-タチウオジギングリール