ジギングリール

スフェロスSW【インプレ】初心者でも存分にジギングが楽しるハイスペックリールの評判とは?

シマノから発売されているスフェロスSW。

2019年に「19スフェロスSW」が発売されましたが、あちらは「3000XG」「3000HG」「4000HG」の3種類で、サーフキャスティングやライトショアジギング用です。

今回このページで紹介しるのは、ジギング用の「スフェロスSW」で、6000~8000番がラインナップ。

シマノのジギングリールは、上位機種から順に

1.
ステラSW
2.
ツインパワーSW
3.
バイオマスターSW
4.
スフェロスSW

となっっています。

ひとり「え!じゃあ、スフェロスSWはダメなの?」

実はスフェロスSWも、スペック的には非常に優秀なスピニングリールです。

このページでは、スフェロスSWをジギングで使用する際のインプレとなっております。

スフェロスSWをジギングで使用しようか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

▼釣り番組がスマホで見放題!▼

スフェロスSWとは?

ソルトウォーターゲーム用のリールに求められる性能のうち、タフネスは最重要のファクター。なかでも、防水性能はその根幹を支える項目と言っても過言ではありません。スフェロスSWは国際規格の防水保護等級における最高水準、IPX8相当(ボディ部)を誇り、ステラSWと同等の防水性能を備えたスピニングリール。ハードな波シブキもものともせずにアングラーをフォローします。さらに、ギア部のパワー伝達効率を向上し巻き上げパワーに優れる「X-SHIP」、剛性・耐久性に定評のある「ALアルミニウムハイブリッドボディ」、ガタ付きを抑える「ねじ込み式ハンドル」等で完全武装。耐久性を強化しました。身近な海で、スフェロスSWのコストパフォーマンスを体感してください。

(参照:シマノ公式HP)

スフェロスSWのスペック

スフェロスSWはこんな人にオススメ

[x]1万円前後でジギングリールを探している
[x]ショアジギングとの併用リールを探している
[x]ジギングタックルのサブリールを探している

スフェロスSWは「これからゴリゴリのジギンガーになりたい!」お考えであれば、購入はオススメできません。

というのも、マイクロモジュールギアも搭載されていませんし、ハンドルもどこか重たい感じがします。

1日中巻き続けるには、少し体力が必要です。

ただし、「HAGANEギア」「カーボンクロスワッシャー」が搭載されているので、過酷なオフショアジギングにも対応できているのは間違いないんですね。

1万円クラスのジギングリールであれば、十分なスペックは兼ね備えています。

ジギングのサブリールを探している方やジギング入門者であれば、「スフェロスSW6000~8000番」は非常にオススメできるスピニングリールです。

スフェロスSWのラインナップ

ジギングで使用できるスフェロスSWは、6000~8000番となっております。

PGを使用するか、HGを使用するかは、個人の好みとなります。

お好きなものをお選びください。

スフェロスSW6000PG

スフェロスSW6000HG

スフェロスSW8000PG

スフェロスSW8000HG