ジギングリール

ジギングにおすすめのスピニングリール9選!初心者向けのモデルもピックアップ!

ジギングリール

オフショアで大人気のジギング。

鉛の塊であるジグを、海底から一気にしゃくりあげてくるスタイルには、男気を感じますよね。

だけど、初心者にはムズかしそう・・・

意外かもしれませんが、初心者でも簡単にビッグフィッシュを獲るチャンスがあります。

 

ジギングの生命線となるのがジギングリールです。

ジギングでは、最もお金を掛けたいアイテムとなります。

ジギングは非常に過酷なゲームフィッシングで、ジグのハイテンポな巻き上げ、大型魚の圧倒的なパワーに対抗する必要があるからです。

 

このページでは、ジギングリールの正しい選び方と、ジギングにオススメのスピニングリールを紹介しています。

  • これからジギングに取り組みたい!
  • ジギングの最強リールを探している!

という方は、ぜひ参考にしてみてください。

▼釣り番組がスマホで見放題!▼

登録方法はこちらで解説

ジギングリールの選び方

ジギングでは「ブリ」「ヒラマサ」「カンパチ」がメインターゲットになります。

これらの魚は青物と呼ばれ、強烈な引きが魅力です。

特にヒラマサやカンパチは、最高峰のトルクとパワーを持った大型青物となります。

トップレベルの技術を駆使したリールでないと、即故障の原因にもなるので注意が必要です。

じゃあ、どんなリールを選べばいいの?

 

青物をターゲットにしたジギングでは、大型のスピニングリールが有利となります。

大型スピニングリールの利点は、ハンドル1回転に対してのラインの巻き上げ量がベイトリールよりも優れていること。

ジグを大きく素早く動かすことに関しては、ベイトリールよりも優れています。

機敏な動きでジグをスライドさせ、できるだけ高速に大きく動かすのが効果的。

時には食い気のない魚に対して、リアクションバイトを誘うのも有効な手段となります。

ジギングではHGとPGのリールを使い分けよう

ジギングリールには、HGとPGの2種類のスピニングリールが存在します。

どちらが優れているというわけではなく、場面や状況によって使い分けましょう。

巻き上げ重視のHG(ハイギア)

HGはハイギアの省略です。

ハンドル1回転に対して巻き取れるラインの量が、同サイズのリールよりも多くの巻けることに特化したギアを表します。

ポイント

自転車で例えると、5段階ギアの5に相当。

5段階ギアの自転車であれば、ギア5で漕ぐにはかなりのパワーが必要です。

しかし、重い力でペダルを漕ぐ分、ペダルをこぐ回数は少なくなります。

HGリールも同じように、ラインを巻き取る際にハンドルが重く感じるのがデメリットです。

素早く大きな幅でジグにアクションを出すときに、HGリールは重宝されます。

トルクに優れたPG(パワーギア)

PGはパワーギアの省略のこと。

ハンドル1回転に対して、同サイズのリールよりも少ないパワーでラインを巻けることに特化したギアを表します。

ポイント

自転車で例えると、5段階ギアの1に相当。

HGリールよりも、ハンドルを回す力は軽く感じます。

しかし、ハンドルを回す回数が多くなることがデメリットです。

一定のレンジでより長い時間ジグを見せたい時
大型青物の強烈なパワーに負けないトルクが必要な時

に有効になります。

ベイトリールはエキスパート向け

ジギングでは、「ブリ」「ヒラマサ」「カンパチ」といった大型青物が、メインターゲットとなります。

ベイトタックルは、青物をターゲットにしたジギングでは玄人好みのタックル。

巻き上げの際のトルクに優れているため、超大型魚(10kgオーバー)とのファイトに向いています。

ベイトリールは、スピニングリールとは機能も構造もまったく違っているため、スピニングリールにできないこともあります。

圧倒的な巻き上げ力

ベイトリールはハンドルの構造上、アングラーのパワーが伝わりやすいのが特徴。

リーリングの際に、下向きに力を加えられるからです。

ベイトリールでのジギングの際には、ロッドのパワーに頼らず、リールのパワーでガンガン巻き上げていきましょう!

フォールでのヒットが可能

ベイトリールでは、フォールでのヒットが可能になります。

フリーフォールでも、一定のラインテンションは掛かっているからなんですね。

「マハタ」や「キジハタ」「ヒラメ」のうような底物は、フォールでの反応が非常に良い魚です。

青物にこだわらず、底付近を叩いて積極的に狙っていきましょう。

ベイトリールのデメリット

ベイトリールは、ドテラ流しのジギングに不向きです。

ドテラ流しとは、潮と風の力のみで船を横に流していくスタイルのこと。

自然とジグは、船から遠い位置に離れていきます。

ドテラ流しでは、「ハンドル1回転のライン巻き量」が大切になってきます。

ロッドパワーとリーリングによって、ジグに大きなスライドアクションを演出していきましょう!

2021年におすすめのジギングリール

青物をメインターゲットにしたジギングは、オフショアフィッシングの中でも大変ハードなジャンルになります。

ヘビーなジグを長時間しゃくり続けるためには、剛性に優れたギアとベアリングが必要です。

 

剛性や耐久性に優れたものでないと、大型青物の強烈な突込みに耐えられないばかりか、ジグをしゃくっただけでも故障の原因となります。

スムーズなリールの逆回転を支え、トルクのある巻き上げ力を実現するには、超ハイスペックなリールが必要ですが、ここでは「値段」「スペック」「信頼性」などを考慮してバランス良く選んでみました。

15ツインパワーSW

ステラSWの系譜を受け継ぐジギングリール。

中級者~上級者向けの本格派リール。

ツインパワーSW6000PG

主に近海ジギングで使用するのが「6000番」と「8000番」になります。

イメージとしては、5kgまでの「ワラサ」「ヒラマサ」「カンパチ」がターゲットであれば6000番がおすすめ。

魚の引きをスリリングに味わいながら、巻き上げてくることが可能です。

ツインパワーSW6000HG

ツインパワーSW8000PG

10kgまでの大型青物がターゲットなら、8000番のツインパワーSWがおすすめ。

カンパチやヒラマサ狙いでも、ツインパワーSW8000PGなら力負けしません。

ツインパワーSW8000HG

ハンドル1回転あたりのライン巻き取り量に優れているので、横流しのジギングスタイルにおすすめのモデルとなっています。

クロシオ

テイルウォークから発売されているスピニングリール。

1万円台とは思えない「性能」「使い心地」から、コスパ最強のジギングリールと名高い。

クロシオ33HGX

シイラ・カツオ・ワラサといった、真夏の中型青物に最適なスペック。

少し軽めのオフショアキャスティングゲーム対応のHGモデル。

クロシオ43HGX

シイラ・カツオはもちろん、カンパチやヒラマサの大型青物にも対応したスペック。

キャスティングやジギングに対応のパワフルなHGモデル。

クロシオ53HGX

10kgを超える「大型カンパチ・ヒラマサ」がターゲット。

圧倒的なトルクで、オフショアのキャスティングとジギングを制圧するモデル。

【厳選】最強のジギングリール2選

19ステラSW

シマノから発売されている最高級ジギングリール。

「とにかく最強のジギングリールが欲しい!」という方にオススメ!

ステラSW8000PG

スローな誘いを意識するなら8000PG。

トルクもあるので、ヒラマサやカンパチ狙いに有効。

ステラSW8000HG

ハンドル1回転あたりのライン巻き上げ量に優れたモデル。

春先にベイトを追い回すヒラマサに有効で、ジグをガンガンしゃくってアピールしていきましょう。

20ソルティガSJ

2020年にモデルチェンジし、「性能」「使い心地」共にジギング界トップクラス。

ステラSWに匹敵するジギング最強のスピニングリール。

ソルティガ8000-P

 

ソルティガ8000-H

 

コスパ抜群!初心者向けの安いジギングリール

1万円を切るようなジギングリールは怪しいですが、そこそこの値段で手に入るものは存在します。

選ぶ際の注意点は、ジギングリールのスペックに注意すること。

値段よりも、その製品のスペックに注目しましょう。

ジギングリールが高価なわけ

ジギングリールは、非常にタフなものでなければなりません。

  • 大型青物を巻き上げるトルク
  • 200g以上のジグを自在に操れるハンドル回転
  • 逆回転にも対応したギアの滑らかさ

といったように、ジギングリールに求められるハードルが非常に高くなるからです。

これほどまでにリールに負担のかかる釣りは、ジギング以外に存在しません。

ジギングの中で、最もお金を掛けたいのがリールとなります。

「ロッド」「ジグ」「ライン」「フック」などは、多少は妥協もできます。

ジギングリールの相場としては、2万5000円~10万円あたりが信頼のできるものと言えるでしょう。

安いジギングリールの相場

2万5000円~10万円と言われると尻込みしますよね。

できれば、シマノやダイワと言った実績のあるメーカーから、ジギングリールは購入してもらいたいです。

いい加減なメーカーから、1万円を切るようなジギングリールもありますが

  • 使った初日でギアから異音がする
  • ジグをうまく動かすことができない
  • 1kg程度のイナダでさえも、巻き上げるのに苦労する

などのトラブルが付きものになります。

安いジギングリールを購入するのであれば、1万5000円~2万5000円くらいは準備しておきましょう。

コスパ抜群の人気モデル

スフェロス6000HG(シマノ)

オーシャンフィールド5000(アブガルシア)

メーカー別にジギングリールを選ぶ

ジギングリールには、圧倒的な耐久性に優れた「ギア」と「ボールベアリング」が必要です。

この心臓部ともいえるパーツに関しては、シマノとダイワのジギングリールが非常に優秀です。

各メーカーのジギングリールについて解説していきます。

-ジギングリール

© 2021 ジギングマニア Powered by AFFINGER5