スロージギングロッド

【厳選】本当におすすめのスロージギングロッド5選!

スロージギングロッド
  • ジグで根魚を釣りたい!
  • 大型青物をルアーで釣りたい
  • 中深海でアカムツが釣りたい!

スロージギングでは、様々な魚がターゲットになります。

扱うジグも200gを超えてくるので、使用できるロッドも、高性能なベイトロッドに限られてきます。

ジグを正確に動かすために、柔軟でありながらハリのあるブランクスが必要となります。

スロージギングロッドは、ジグを動かすことに特化しています。ベイジギングのようなロッドとは違うので、ロッドの選択には十分に気を使いましょう。

スロージギングロッドの選び方

スロージギングロッドの価格はピンキリです。

1万円以下のロッドもあれば、5万円を超えるものまであります。

狙う魚種や水深に合わせて、スロージギングロッドを選ぶことが大です。

スロージギングロッドの選択のコツをたったの3記事にまとめました。

【2022年版】スロージギングロッドの人気ランキング

当サイトの管理人が責任を持って選びました。

どのスロージギングロッドも、性能や機能において信頼を置けるものです。

ジギングマニアのオススメ!

  • グラップラータイプスローJ
  • キャタリナSJ
  • ジャイアントキリング5G

グラップラータイプスローJ

グラップラーLJ

シマノから発売されているスロージギングロッド。

シマノの中では、最もコストパフォーマンスに優れたモデルです。

スロージギング初心者から中級者まで、幅広い層のアングラーが楽しめるロッドに仕上がっています。

Check

グラップラータイプSJ B68-2

スロージギングに初挑戦ならモデルがオススメ!近海スロージギングにおいて、最も使用頻度の高い150g前後のジグを軽快に扱えます。

  • 全長:6.8ft
  • 継数:2本
  • 仕舞:156.2cm
  • ジグ:MAX200g
  • PE:MAX2.0号

グラップラータイプSJ B68-3

近海から軽い中深海まで、スロージギングを幅広く楽しめるモデル。ある程度、スロージギングに親しんだ方にオススメ!

  • 全長:6.8ft
  • 継数:2本
  • 仕舞:156.2cm
  • ジグ:MAX260g
  • PE:MAX2.5号

キャタリナSJ

ソルティガの系譜を受け継いでいるキャタリナシリーズ。

ブラックを基調としたシンプルなデザインは、ジギングファンを引き付ける魅力があります。

ソルティガのスペックをそのままに、3万円前後で販売されているスロージギングロッドなので、比較的コスパの良い製品とも言えます。

Check

キャタリナSJ 60B-1

シャローエリア対応のスロージギングモデル!90~150gに最適で、真夏のタチウオジギングなどにも使用できます。

  • 全長:1.83m
  • 継数:1本
  • 自重:100g
  • ジグ:90-150g
  • PE:0.6-1.5号

キャタリナSJ B60-2

近海スロージギングのベーシックモデル。近海ジギングで、最も使用頻度の高い、120-200gのジグに対応しています。

  • 全長:1.83m
  • 継数:1本
  • 自重:105g
  • ジグ:120-200g
  • PE:0.8-2.0号

ジャイアントキリング5G

ジャイアントキリングSJ

メジャークラフトから発売されているスロージギングロッド。

安くて品質も保証されている、数少ないコストパフォーマンスに優れたスロージギングロッドです。

Check

GK5SJ-B66/1

80-180gのジグに対応したライトモデル。近海スロージギングからライトジギングまで、この1本で遊べます。

  • 全長:6.6ft
  • 継数:1本
  • ジグ:80-180g
  • PE:0.6-1.5号

GK5SJ-B66/2

ジグウエイト100-250gまでに対応しており、近海ジギングであればこの1本で遊び通すことも可能。潮の緩い場面では、水深120gほどのエリアまで使用可能です。

  • 全長:6.6ft
  • 継数:1本
  • ジグ:100-250g
  • PE:0.8-2.0号

メーカーからロッドを選ぶ

スロージギングロッドは、各メーカーによって開発コンセプトが異なります。

シマノやダイワは、初心者~中級者向けに力を入れています。

 

逆に、エバーグリーンやディープライナーといったメーカーは、中深海スロージギングに力を入れたマニア向けのモデルが充実しています。

あなたの挑戦したいスロージギングによって、各メーカーのロッドを選ぶといいでしょう。

シマノから選ぶ

スロージギング初心者から上級者まで楽しめるロッドが勢ぞろい!

ゲームタイプSJやグラップラータイプSJは、ロッドを曲げてのファイトも可能です。

シマノから探す

ダイワから選ぶ

ダイワのスロージギングロッドは、非常に細かくカテゴライズされています。

予算や攻める海域など、あなたのニーズに合わせて選ぶことが可能です。

ダイワから探す

メジャークラフトから選ぶ

スロージギングに初めて挑戦するならメジャークラフト!

1万円から2万円前後で、コストパフォーマンスの良いスロージギングロッドが揃っています。

メジャークラフトから探す

上級者向けのハイエンドモデル

巨大カンパチや深海スロージギングにも対応した、上級者向けのスロージギングロッドです。

各メーカーの最上位機種を集めましたので、ぜひ参考にしてみてください。

オシアジガーインフィニティ

シマノから発売されているスロージギング最上位機種です。

近海スロージギングから、中深海で使えるモデルまでそろっていてます。

スロージギング中級者から上級者まで、幅広い層のファンが付いているのも特徴です。

さらに詳しく

オシアジガーインフィニティB65-3

水深200mまでに対応したスタンダードモデル。速い誘いをメインとした100m前後の青物ゲームや、150mラインのアカムツ狙いにオススメです。

  • 全長:6.5ft
  • 継数:1本
  • 自重:142g
  • ジグ:120-280g
  • PE:MAX2.5号

オシアジガーインフィニティB63-4

中深海に対応したパワーモデル。水深150~250mでのスロージャークを得意とし、アラやマダラなどの高級魚をターゲットに遊べます。

  • 全長:6.3ft
  • 継数:1本
  • 自重:146g
  • ジグ:140-350g
  • PE:MAX3.0号

ソルティガSJ

ソルティガsj

ダイワから発売されている最上位機種のスロージギングロッド。

性能に関しては、圧倒的なハイスペックモデルで、スロージギング中級者から上級者向けに設計されています。

ソルティガSJ 61B-3

中深海でも軽快なジグアクションを再現。アカムツやアラを狙いとした、中深海スロージギングのスタンダードモデルです。

  • 全長:6.1ft
  • 継数:1本
  • 自重:106g
  • ジグ:150-260g
  • PE:MAX1.0-2.5号

ソルティガSJ 61B-4

水深250mまでのスロージギング対応。ディープエリアでのカンパチや、マダラ狙いのスロージギングにオススメです。

  • 全長:6.1ft
  • 継数:1本
  • 自重:113g
  • ジグ:200-330g
  • PE:MAX1.0-3.0号

スロージャーカー

スロージャーカー
エバーグリーンから発売されているスロージギング最強ロッド。

スロージャーカーを使用するなら、ぜひ中深海スロージギングに挑戦してみましょう。

ジギマニくん
特に『PSLJ603-6』はオススメ!アカムツやキンメダイを狙うような、中深海スロージギングの特化型モデルだぞ!

さらに詳しく

PSLJ603-5

ヘビージグに対応した中深海スローモデル。水圧のかかるディープエリアでも、ジグの初速を可能な限り速め、アカムツやアラなどをターゲットに遊べます。

  • 全長:1.91m
  • 継数:1本
  • 自重:133g
  • ジグ:120-250g
  • PE:MAX2.5号

PSLJ603-6

中深海エリアでの二枚潮のや、底取り難しい潮流の速い場面で活躍。ディープエリアと浮く夕の水圧に負けず、超ヘビージグでもしっかりと動かすことができます。

  • 全長:1.91m
  • 継数:1本
  • 自重:135g
  • ジグ:150-300g
  • PE:MAX3.0号

スロージギングロッドは折れる?

一昔前のスロージギングロッドは、ロッド全体にハリがあるものが主流でした。

特に、スロージャーカーやホライゾンのシリーズは折れやすいと評判ですが、近年の改良によりそのようなトラブルも聞かなくなりました。

根掛かりが原因でロッドを曲げすぎた
隣のアングラーとのお祭りで穂先が破損

といったトラブルがない限り、現代のスロージギングロッドが折れるということはありません。

シマノやダイワのロッドは、ロッドを曲げて勝負ができるので、初心者でも扱いやすいモデルとなっています。

狙う魚のサイズを的確に把握しよう

スロージギングで釣れる魚は、小型根魚から10kgを超えるモンスター級の青物まで様々。

正直、サイズは選べません。

小型の根魚も大型の青物も同じジグで食ってくるからです。

だからこそ、安いロッドの購入には気を付けてもらいたいポイントがあります。

 

安いロッドの購入の際には、値段だけでなく”ロッドのねじれ対策”のについても確認しましょう。

スロージギングでは、ロッドのねじれ対策ができている場合、ロッドの反発により魚を浮かす力が加わります。

ロッドのネジレとは

魚が下に潜ればロッドが下に絞り込まれ、魚が左右に走ればロッドも左右に持っていかれます。これがロッドのねじれ現象です。魚のサイズが大きくなればなるほど、ロッドがブレやすくなりバレの原因となります。

 

ロッドのねじれ対策が十分にできていると、魚が左右に走っても、ロッドが常に中央に戻ろうとします。

魚に主導権を渡さずに、ロッドのパワーを活かしながら浮かせてくることが可能です。

 

5kg以上の大型魚を視野に入れるなら、ねじれ対策の十分なロッドを購入しましょう。

ブリ、ヒラマサ、カンパチといった青物には、ロッドのねじれ対策は必要不可欠です。

これらの魚を狙うのであれば、ねじれ対策のできた上位機種のスロージギングロッドが必須となります。

ジグの重さを的確に把握しよう

安いスロージギングロッドの購入前に、背負えるジグの重さを把握することが大事。

安いロッドで背負えるジグの重さは、『MAX150g』くらいまでのロッドが多いからです。

MAX○○○gと書いてあれば、きっちりジグの重さは守ってください。

それ以上重くしても、ジグを持ち上げるパワーが生まれるわけではありません。

ジグの動きが大きく損なわれてしまいます。

最悪、ロッドの破損にもつながるので注意が必要です。

 

150g以上のジグを扱いたいのであれば、1万円を切るような安いロッドは不向きです。

ベリーやバットにパワーのあるロッドを選ぶこと。

シマノやダイワのスロージギングロッドであれば、300gを超える本格的なスロージギングも可能になります。

ジグの重さを的確に把握して、適切なロッドの使用を心がけてください。

-スロージギングロッド