スロージギングロッド

ポセイドン【スロージャーカー】スロージギング最強ロッドはこれで決まり!

スロージャーカー

エバーグリーンから販売されている”スロージギング界の最高峰”に位置付けられるロッド。

このロッドを持っている人は、かなりスロージギングに精通したアングラーだと思います。

ポイント

スロージギングの最前線を走っているロッドには、オシアジガーインフィニティロジカルなども挙げられます。

スロージャーカーは、短距離でのジグ操作に特化。

狙ったタナを的確に攻める釣りが展開できます。

ロッド全体が非常に柔らかく、派手なロッド操作をしてもジグを必要以上に暴れさせる事がありません。

スローテンポでのジャークでも、しっかりジグを横に向けることができます。

また、感度が高くボトムタッチの感触がダイレクトに伝わるので、根魚や中深海の釣りに向いています。

魚を掛けるまでのジグの操作性を重視したロッドなので、ファイト中は水平以上に角度を付けない事がポイントです。

スロージャーカーの特徴

RVガイド、KTガイド、MNガイドの3種のガイドが使われており、ラインの放出がスムーズで糸絡みも軽減してくれます。

常に餌に困窮している深海エリアでは、ジグをいかに速く着底ができるかが大事。

ジグの着底順でヒットすることもしばしばです。

潮の流れに左右されないスムーズなライン放出は、中深海スロージギングジギングにおいて、周りのアングラーと差をつける大きなファクターとなります。  

また、スレッドデザインが長さに合わせて調整されており、同じシリーズのロッドを持ち替えても使用感に差が出ません。

そして、ブランクスルー構造で継ぎ目が無いので、ブランクスの性能を引き出しやすくパワーを生かした釣りが楽しめます。

また、ブランクスとリールシートの間には、スペーサーが埋め込まれており、手感度が高いのも特徴です。

リールシートが太く設計されているので、手の平全体でジグの動きを感じ取る事が出来ます。

メイドインジャパンの拘りで作られたロッドは、ワンランク上の使用感が味わえるでしょう。

実際のインプレッション

スロージャーカー

手にした感触は非常に軽く、軽く振ると先端からベリーまで綺麗に曲がりました。

ラインの放出がスムーズで、手返し良いジギングが楽しめます。

ジグの操作性が高く、余計な力を入れなくても簡単にジグを横に向ける事ができます。

また、感度も高く潮の変化やフォール中のアタリもダイレクトに手元に伝わりました。

軽いジグでもしっかりスローなアクションを加える事ができるので、浅場での釣りでも使用てきます。

パワーも十分で、ロッド全体に負荷を掛けて反発力で浮かせるファイトが楽しめるロッドです。

ジギマニくん
スロージャーカーには、6種類がラインナップ!

スロージャーカー1.5oz

ライトなスロージギングに対応!

スロージャーカー2oz

スロージギングに挑戦するならPSLJ603-2がおすすめ!

スロージャーカー3oz

スロージギングを幅広く楽しむならPSLJ603-3がおすすおすすめ!

エバーグリーン(EVERGREEN) ポセイドンスロージャーガーPSLJ603-3【大型商品】
Evergreen

スロージャーカー4oz

中深海スロージギングに挑戦するならPSLJ603-4がおすすめ!

スロージャーカー5oz

水深400~500mで、キンメやメヌケを狙うならPSLJ603-5がおすすめ!

スロージャーカー6oz

マニア必見!超ヘビージグで深海を攻略するならPSLJ603-6がおすすめ!

スロージャーカーの使い方

スロージャーカーは1/2ピッチや1/3ピッチのように、短い距離でジグを動かしたい場面に効力を発揮するのが特徴。

20cm~30cmの短い距離でジグを動かしても、一瞬の水平姿勢を魚に見せることができます。

はてな

どのような場面で必要なのか?

それは、上下の動きに弱く、瞬間的に移動してしまうジグに反応しきれない魚がいるから。

上下の動きに弱い魚とは主にマハタやキジハタなどの根魚類を指します。

特に、大きくなってスレた根魚ほど、顕著になります。

ハイピッチジギングでも、これらの魚が釣れるときは、ジグの着底の瞬間が多いのではないでしょうか?

そのような偶発的なバイトを再現できるのが、スロージャーカーなのです。

背負えるジグの目安

スロージャーカーのジグウエイトの表記は目安であって、MAX○○○gという意味ではありません。

スロージャーカーのジグウエイトの重さは、oz(オンス)で表記されていのをご存じでしたか?

いまいちピンとこない人は、下記の表を参考にしてください。

単位(oz)重さ(g)
1.530~70
2.045~100
3.070~110
4.0100~160
5.0120~250
6.0150~300

 

スロージャーカーの真の使い方は、目安のウエイトを超えてジグを使用することで、よりバットに近い部分からロッドを曲げることができます。

ジギマニくん
ロッドの本来の上限を超えることで、ジグの可動範囲を広くとり、よりスローなテンポでジグのコントロールが可能となります。

 

ジグウエイトを無視して使用できる範囲

品番(oz)ジグウエイト(g)
PSLJ1.550~150
PSLJ2.0100~200
PSLJ3.0150~250
PSLJ4.0200~300
PSLJ5.0250~350
PSLJ6.0300~400

ロッドパワーとジグウエイトの組み合わせで、無限のジグアクションを演出することができます。

このように、スロージャーカーはエキスパート向けのロッドと呼べるでしょう。

スロージャーカーは折れる?

スロージャーカーは、ジグを操作するために設計されていて、魚を掛けることに特化したロッドとなっています。

ひとつ注意しておくのが、ロッドを曲げてのファイトは厳禁です。

できるだけ、ロッドとラインを一直線にしてリールのパワーのみで巻き上げるのが基本。

ジギマニくん
"ロッドのパワーを利用したポンピング"は控えてください。

カンパチやヒラマサの激しい突っ込みで、竿が耐えられないことがあります。

-スロージギングロッド