スロージギングロッド

ゲームタイプスローJ【インプレ】様々なアクションを再現する汎用性抜群のモデル

ゲームタイプスローj

反発力と柔軟性を兼ね備えた、スロージギングに最適なゲームロッド。

ロッドをしっかり曲げながら、ジグを持ち上げることができます。

ゲームタイプスローj

反発力を生かしたワンピッチジャークを、誰でも簡単に再現できるロッド。

特に、スロージギングに慣れてきた中級者にオススメです。

ゲームタイプスローJの特徴

曲がりの視点が手元側へ移行する、柔軟性を持ったブランクスが採用。

パワーの伝達を向上させるために、カーボンテープをX状に巻き付けた「ハイパワーX」で補強されています。

ゲームタイプスローjブランクス

ゲームタイプスローjブランクス

そのため、レスポンス性能も向上しており、意のままにジグを操作する事が可能です。

ジグ跳ね上げを意識するのが、このロッドの特性を生かす使い方です。

ゲームタイプスローj

また、ゲームタイプスローJは「ステンレスフット」と「SiCガイドリング」を使用した軽量で高感度ガイド設計に。

糸がらみの少ない設計で、さらに感度性も非常に優れています。

ゲームタイプスローjガイド

ゲームタイプスローjガイド

ゲームタイプスローjガイド

ジグの動きだけで、潮の抵抗による変化を、しっかり手元に伝えてくれます。

シマノの最新技術を搭載

スロージギングでは、時に10kg超えのモンスターとファイトすることもあります。

遊泳力はケタ違いで、中途半端なロッドはNG!

魚が右に走ればロッドも右に方向に曲がり、魚が左に走れば左に曲がってしまいます。

魚に対して十分な負荷をかけることはできず、いつまでも走り続けられてしまうのがオチです。

 

ジギマニくん
この状態を「ロッドのねじれ」と言うぞ!

 

ゲームタイプスローJは、「ハイパワーX」という技術でロッドのねじれを極限まで抑えることを可能に。

大型魚の横走りにも対応でき、常にロッドの真下に負荷がかかるよう設計されているのです。

ココがポイント

大型魚を獲れるかどうかは、アングラーの腕だけでなく「ロッド」「リール」「ライン」「フック」など、あらゆる要素の総合点で決まるもの。 道具の特徴や性能を把握し使いこなすことも、アングラーにとって大切なスキルとなります。

ロッドを曲げてファイトができる

\ 中深海ジギングに大人気!/

ゲームタイプスローJ はロッドを曲げてのファイトが可能です。

「それがどうしたの?」って思われるかもしれませんが、ロッドを曲げてファイトできるのは大きなメリット。

スロージギングでは、深場でも水圧に負けずジグをコントロールするため、カチカチの高反発性ロッドが主流となっています。

 

ジギマニくん
突発的な強い衝撃に弱く、折れることも...

 

しかし、ゲームタイプスローJのブランクスには「高反発素材」に加え、「高弾力の性質」も備えています。

魚の突発的なツッコミにも強く、しっかりとロッド全体で衝撃を受け止めてくれる構造に。

ラインブレイクやフックを伸ばされたりする確率が減るため、スロージギング初心者にもオススメできるロッドです。

ゲームタイプスローJの注意点

硬いスロージギングロッドであれば、ジグの重さを変えることで、ジグの可動域や初速スピードを変化させられます。

例えばMAX250gと表記されているロッドを使用した場合。350gくらいのジグを背負えば、バットの深くからロッドを曲げることが可能となります。

しかし、ゲームタイプスローJは、扱えるジグの重さの範囲が限定されます。

MAX250gと表記されていれば、250gのジグを背負うのがロッドの限度となり、それ以上のジグは重すぎてコントロールできません。

これが、ゲームタイプスローJ の痛いところ。

扱うジグの重さによって、ロッドのタイプを変える必要があります。

実際のインプレッション

ジギマニくん
「B66-3」を使用して近海スロージギングに挑戦!

ガングリップは握り心地が良く、フィット感が高いので長時間使用しても疲れません。

また、肘当てスタイルのジャークがやりやすいです。

感度も高いのでジグの動きが分かりやすく、ラインとジグが平行にならないよう操作できます。

スロージギングの基本である「スローのワンピッチ」がきれいに決まります。

遊泳力の弱い根魚には有効です。

ゲームタイプスローj釣果

ゲームタイプスローj釣果

ワンピッチジャークで使用していたのですが、食いが悪い時はコンビネーションジャークも入れられます。

操作性が高いので、様々なテクニックを駆使して食わせる事ができるロッドです。

ゲームタイプスローj釣果

\ 使用したロッドはこちら /

ゲームタイプスローJのラインナップ

ゲームタイプスローJは、ミドルクラスでありながら実売価格は3万円程する代物です。

他メーカーの上位機種と比べても遜色ありません。

ジギマニくん
様々なジグの重さに対して、「ゲームタイプスローJ 」を何本用意するかは悩むところですね。
品番全長(m)自重(g)ジグ(g)PE(号)
B66-01.98122MAX130MAX1.5
B66-11.98122MAX160MAX1.5
B66-21.98128MAX200MAX2.0
B66-31.98132MAX260MAX2.5
B66-41.98139MAX330MAX3.0
B66-51.98146MAX400MAX3.0
B66-61.98157MAX500MAX4.0

継数はすべて2本となっており、仕舞寸法は150cmほど。飛行機や船での離島遠征では、「ゲームタイプスローJ」の携帯性は重宝されます。

ゲームタイプスローJB66-1

ライトジギングも楽しみたいならこのモデル。

軽いジグを飛ばすことの多い、真夏のスロー系ジギングに最適です。

対象魚

小型根魚、太刀魚、イナダ、マダイ

ゲームタイプスローJB66-2

最も使用頻度の多い、150-180gのジグを軽快に操作。

水深50mまでなら、1日この1本で通すことができます。

対象魚

根魚全般、イナダ、ワラサ、マダイ

ゲームタイプスローJB66-3

スロージギングの王道モデル。

「ジグを大きく飛ばし、横を向かせてフォールアクション...」

そんなイメージでシャクるのが、B683の性能を100%引き出すコツとなります。

大型根魚、ワラサ、ブリ、ヒラマサ、カンパチ

ゲームタイプスローJB66-4

スロージギングを幅広く楽しむならこのモデル。

B684は重いジグを大きく飛ばせるので、センターバランスタイプのジグとの相性が抜群。

中深海スロージギングのスタンダードモデルでもあります。

アカムツ、マダラ、大型ヒラマサ、大型カンパチ

まとめ

上げの誘いもできますが、スロー系ジグの基本アクションであるフォールを重視したロッドワークにも対応。

ワンテンポおいてロッドを下げると、綺麗にジグが横を向いて素直にフォールアクションへ移行します。

ゲームタイプスローJは、グリップ下が平らになっているので、肘に当ててジャークすると快適に使用できます。

操作性も高く、ワンピッチジャークに加えて、遅い誘いと速い誘いを織り交ぜた、コンビネーションジャークによるアプローチも効果的です。

-スロージギングロッド