スロージギングロッド

ゲームタイプスローJ【インプレ】究極のスロー系ベーシックモデルを紹介!

ゲームタイプスローj

スロージギングロッドは、数千円するものから数万円するものまでピンキリです。

しかし、「ロッドの耐久性」「ロッドの扱いやすさ」を考えると、やはり格安ロッドはすぐトラブルが起きてしまいます。

たとえ初心者でも、ある程度は値段の張ったロッドがおすすめです。

はてな

じゃあ、どんなロッドがオススメなの?

 

スロー系ジギングで求められるのは、操作性と感度性に優れたロッド。

ジグを思いのままにジャークし、フォール中のわずかなバイトや、潮の流れの変化を感じとる必要があるからです。

 

スロージギングでは様々なロッドが発売されていますが、特におすすめなのがゲームタイプスローJ

決して安いロッドではありませんが、初心者から上級者の方まで幅広く愛用されているロッドです。

 

このページは、ゲームタイプスローJのインプレ記事となっていますので、購入を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ゲームタイプスローJとは?

シマノから発売されているスロージギング専用ロッド。

全身がスムーズに曲がって復元するのが、ゲームタイプスローJの大きな特徴。

高反発スローテーパー設計を施しているので、バットまでしなるブランクスが大きな反動を生み出し、的確にメタルジグを横に向かせてフォールアクションを演出することが可能です。

ロッドワーク、ロッド角度を変化させることで反発力を自在に調整でき、緩急あるジグアクションを意図的に操作することができます。

スローピッチジャークの基本性能を備えつつ、コンビネーションやロングフォールにも対応するハイスペックモデルです。

<製品仕様>

スロー系ジギングロッドに求められるジャークの操作性を向上させ、より意のままにジグを操れるロッドとして進化した、ゲームType Slow J。曲がりの支点がスムーズに手元側へ移行するようバランスを突き詰めることで、アングラーが感じる負荷と疲労を低減。グリップ前後までも絶妙に曲がる設計により、ジグや潮の抵抗の変化を手元で感知しやすく、高精度なジャークをサポート。グリップジョイント2ピースの曲がりを徹底的に突き詰め、ワンピースロッドのような強度と美しい曲がりを実現しました。ジグのフォールアクションを重視したスロー系スタイルを基軸に、遅い誘い、速い誘い、ジグスピードを巧みに可変させるコンビネーションジャークなど、様々な誘いを快適に操れる操作性を獲得。シマノ独自の基本構造スパイラルXコアによる十分な強度の保持、細径ブランクスにありがちなネジレやパワーロスなどの不快なフィーリングを徹底抑制。ジグを動かすのではなく、まさにジグ自身が泳ぎ出すかのような魅惑的なアクションを演出可能です。

(参照:シマノ公式HP

シマノのハイテクノロジーを搭載

スロージギングでは、時に10kg超えのモンスターとファイトすることもあります。

遊泳力はケタ違いで、ロッドが魚のパワーに負けてしまうんですね。

つまり、魚が右に走ればロッドも右に方向に曲がり、魚が左に走れば左に曲がってしまいます。

これでは魚に対して十分な負荷をかけることはできず、いつまでも走り続けられてしまいます。

 

ジギングマニア
この状態をロッドのねじれと言います。

 

ゲームタイプスローJは、スパイラルXハイパワーXという技術で、ロッドのねじれを極限まで抑えることを可能にしています。

大型魚の横走りにも対応でき、常にロッドの真下に負荷がかかるよう設計されているのです。

 

大型魚を獲れるかどうかは、アングラーの腕だけでなく「ロッド、リール、ライン、フック」など、あらゆる要素の総合点で決まるもの。

道具の特徴や性能を把握し使いこなすことも、アングラーにとって大切なスキルとなります。

ロッドを曲げてファイトができる

ゲームタイプスローJ はロッドを曲げてのファイトが可能です。

「それがどうしたの?」って思われるかもしれませんが、スロージギングでロッドを曲げてファイトできるのは大きなメリットです。

 

スロージギングでは、深場でも水圧に負けずジグをコントロールすため、カチカチの高反発性ロッドが主流となっています。

つまり、突発的な強い衝撃に弱く、折れることもしばしば。

スロージギングでは、魚を掛けたらラインとロッドを一直線にして、ロッドを曲げずにリールの力だけでファイトするのが基本となります。

 

しかし、ゲームタイプスローJ は、高反発素材に加え、高弾力の性質も備えているロッドです。

つまり、魚の突発的なツッコミにも強く、しっかりとロッド全体で衝撃を受け止めてくれます。

魚の口切れにも強く、ラインブレイクやフックを伸ばされたりする確率もグンと減るため、スロージギング初心者にもオススメできるロッドと言えます。

ゲームタイプスローJの使い方

硬いスロージギングロッドであれば、ジグの重さを変えることで、ジグの可動域や初速スピードを変化させられます。

メモ

例えばMAX250gと表記されているロッドを使用した場合。350gくらいのジグを背負えば、バットの深くからロッドを曲げることが可能となります。

しかし、ゲームタイプスローJは、扱えるジグの重さの範囲が限定されます。

MAX250gと表記されていれば、250gのジグを背負うのがロッドの限度となり、それ以上のジグは重すぎてコントロールできません。

これが、ゲームタイプスローJ の痛いところ。

扱うジグの重さによって、ロッドのタイプを変える必要があるんです。

ゲームタイプスローJの選び方

しかし、ゲームタイプスローJは、他のメーカーの上位機種のスロージギングロッドよりも安めに設定されています。

様々なジグの重さに対して、「高額なロッド1本で通す」のか「ゲームタイプスローJ を何本か用意する」のかは、アングラーの考え方次第です。

ゲームタイプスローJB66-1

ライトジギングも楽しみたいならこのモデル。

タチウオ、イナダ、マダイといった魚種に対応。

スロー系ジギングはもちろん、軽いジグを軽快に飛ばすこともできるので、真夏のライトジギングにも最適な1本です。

ゲームタイプスローJB66-4

スロージギングを幅広く楽しむならこのモデル。

B684は重いジグを大きく飛ばせるので、センターバランスタイプのジグとの相性が抜群です。

「ジグを大きく飛ばし、横を向かせてフォールアクション...」

そんなイメージでシャクるのが、B684の性能を100%引き出すコツとなります。

-スロージギングロッド

© 2021 ジギングマニア Powered by AFFINGER5