SLJロッド

2020年最新版!スーパーライトジギング【SLJ】で本当にオススメのロッドはこれ!

近年、大流行のスーパーライトジギング。

その魅力は、なんと言ってもタックルの手軽さでしょう。

ジギングと言えば、200g以上のジグをジャカジャカ巻き上げるイメージがありました。

それに比例してロッドもヘビーなものになり、なかなか敷居の高い釣りとなってしまいましたね。

スーパーライトジギングでは、40~80g程度のジグがメインですので、ロッドも非常に軽いものを使用します。

より身近に、だれでも楽しめるジギング。

それがスーパーライトジギングです。

 

このページでは、スーパーライトジギング専用ロッドの選び方を解説しています。

スーパーライトジギング入門者向けの記事ですので、これから始める方は参考にしてみてくださいね。

スーパーライトジギング【初心者必見】SLJロッドの基礎知識

ひとり
ひとり
これからスーパーライトジギングに挑戦したい!

という方は、下記の記事を順番に読み進めてみてください。

スーパーライトジギングロッドの基礎知識を、たったの3記事にまとめまています。

徹底比較|スーパーライトジギングにおすすめのロッド10選

スーパーライトジギングでは、スピニングロッドベイトロッドを使用します。

当サイトで人気のロッドを、それぞれ5つずつ紹介しますので参考にしてみてください。

【SLJ】おすすめのスピニングロッド5選

スーパーライトジギングで使用するスピニングロッドは、SLJ専用ロッドライトジギング専用ロッドが一般的。

青物を視野に入れるなら、ライトジギング専用ロッドがオススメです。

オシアジガーLJS65-0(シマノ)

キャタリナ610MS-METAL(ダイワ)

オーシャンセンサーLJS61ML(クレイジーオーシャン)

ラグゼ ジグドライブR S64UL-ソリッド(がまかつ)

スクランブルスーパーライトスペックS63UL-T(ゼスタ)

【SLJ】おすすめのベイトロッド5選

スーパーライトジギングで使用するベイトロッドは、SLJ専用のロッドライトジギング専用ロッドかオススメ。

水深が50mを超える深場では、ライトジギング専用タックルで攻めてみましょう!

オシアジガーLJB62-1(シマノ)

オーシャンセンサー LJB61ML(クレイジーオーシャン)

マスターストロークジギングMSJ65ULS(メロン屋公房)

ホライゾンLJ HLJ641B-FLL(テンリュウ)

スーパーライトジギング【SLJ】ロッドをメーカーで選ぶ

スパーライトジギング【SLJ】ロッドをメーカー別にまとめてあります。お好きなメーカーからお入りください。

シマノから探す

ダイワから探す

『メジャークラフトから探す』

『アブガルシアから探す』

スーパーライトジギング【SLJ】ロッドの選び方

スーパーライトジギングは、スピニングロッドとベイトロッドの2種類を使用します。

基本的には、あなたの好みで選んでいいでしょう。

もう少し、工夫して使い分けてみたい!」という人は、下記を参考にしてください。

【SLJ】スピニングロッドから選ぶ

スーパーライトジギングのタックルについて。

スーパーライトジギングは、ライトジギングのカテゴリーに入ります。

ライトジギングロッドよりも、さらに軽く柔らかいスピニングロッドがオススメ。

 

ひとり
ひとり
水深が浅いので、キャストで幅広く探る必要がありますからね!

 

キャスティングを繰り返し、ボトム付近を丁寧に探っていくことが大切です。

「マダイ」「ホウボウ」「ヒラメ」と言った、超高級魚がターゲットになります。

【SLJ】ベイトロッドから選ぶ

バーチカルに攻めるのであれば、ベイトタックルがおすすめ。

ラインを縦に出すので、スピニングリールだと誘いづらい角度になってしまいます。

基本的には、ボトム~中層付近を攻めていき、「ブリ」「ヒラマサ」といった高速回遊魚がターゲット。

引きの強い青物は、ベイトタックルの方が速く取り込むことができます。