SLJロッド

2020年最新版!スーパーライトジギング【SLJ】で本当にオススメのロッドはこれ!

近年、大流行のスーパーライトジギング。

その魅力は、なんと言ってもタックルの手軽さでしょう。

ジギングと言えば、200g以上のジグをジャカジャカ巻き上げるイメージがありました。

それに比例してロッドもヘビーなものになり、なかなか敷居の高い釣りとなってしまいましたね。

スーパーライトジギングでは、40~80g程度のジグがメインですので、ロッドも非常に軽いものを使用します。

より身近に、だれでも楽しめるジギング。

それがスーパーライトジギングです。

 

このページでは、スーパーライトジギング専用ロッドの選び方を解説しています。

スーパーライトジギング入門者向けの記事ですので、これから始める方は参考にしてみてくださいね。

スーパーライトジギング【初心者必見】SLJロッドの基礎知識

ジギングマニア
ジギングマニア
これからスーパーライトジギングに挑戦したい!

という方は、下記の記事を順番に読み進めてみてください。

スーパーライトジギングロッドの基礎知識をたったの3記事にまとめまています。

おすすめのSLJロッド5選

当サイトで人気のスピニングロッドを5つ紹介しますので、参考にしてみてください。

  1. オシアジガー
  2. キャタリナ
  3. オーシャンセンサー
  4. クロステージ

オシアジガー(シマノ)

オシアジガーLJ

値段も品質も最高レベルのSLJロッド。

段差のないスムーズな曲がりとキレのある操作性で、変幻自在に小魚の動きを演出します。

この1本で満足できないアングラーはいないでしょう。

まさに、キングオブSLJロッドと言えます。

オシアジガーLJS65-0/FS(スピニング)

オシアジガーLJB62-1/FS(ベイト)

キャタリナ(ダイワ)

キャタリナBJ-AP

遠征の飛行機やコンパクトカーで持ち運びやすい2ピースSLJモデル。

釣り業界最大手のダイワ製品なので、安心して大型魚ともファイトが楽しめます。

64MLS-METAL

水深40mまでの浅場がメイン。

近海のスーパーライトジギングならこの1本で遊びつくせます。

610MS-METAL

水深60m以上の深場にも対応したモデル。

マダイや青物を意識したロングレングスモデル(2.08m)で、80g程度のジグまで背負うことも可能です。

オーシャンセンサー

オーシャンセンサーLJ

クレイジーオーシャンから発売されているSLJ特化型ロッド。

「誰でも手軽にジギングを楽しめる♪」をコンセプトに、リトリーブ(ただ巻き)メインの釣り方でSLJが楽しめます。

OSE-LJP S60L

軽量ジグでシャローエリアをキャストから探っていく、操作性に優れたスーパーライトジギング対応モデル。

巻くだけはもちろん、軽いアクションでアピールするのも得意で、マダイ、イサキ、根魚、青物と対象魚種もさまざま。

全長 183cm
仕舞寸法 134cm
自重 122g
ライン MAX:1.2号
ウエイト MAX:100g

OSE-LJP S60ML

フルソリッドモデルでバイトを弾きにくく、しっかりとジグを操作できるオールラウンダー。

マダイから大型青物も、安定してファイトのできるトルクを兼ね備えています。

全長 183cm
仕舞寸法 134cm
自重 122g
ライン MAX:1.5号
ジグ MAX:130g

クロステージ(メジャークラフト)

クロステージSLJ

数あるスーパーライトジギングロッドの中で、最もコスパ抜群のロッドがこれ。「安いのに耐久性が抜群」「とりあえず本格的なロッドが1本欲しい」という方は、クロステージで決まりでしょう!

CRXJ-S64L/LJ【スピニング】

CRXJ-B64L/LJ【ベイト】

スーパーライトジギング【SLJ】ロッドをメーカーで選ぶ

スパーライトジギング【SLJ】ロッドをメーカー別にまとめてあります。お好きなメーカーからお入りください。

シマノから探す

ダイワから探す

『メジャークラフトから探す』

『アブガルシアから探す』

スーパーライトジギング【SLJ】ロッドの選び方

スーパーライトジギングは、スピニングロッドとベイトロッドの2種類を使用します。

基本的には、あなたの好みで選んでいいでしょう。

もう少し、工夫して使い分けてみたい!」という人は、下記を参考にしてください。

【SLJ】スピニングロッドから選ぶ

スーパーライトジギングのタックルについて。

スーパーライトジギングは、ライトジギングのカテゴリーに入ります。

ライトジギングロッドよりも、さらに軽く柔らかいスピニングロッドがオススメ。

 

ジギングマニア
ジギングマニア
水深が浅いので、キャストで幅広く探る必要がありますからね!

 

キャスティングを繰り返し、ボトム付近を丁寧に探っていくことが大切です。

「マダイ」「ホウボウ」「ヒラメ」と言った、超高級魚がターゲットになります。

【SLJ】ベイトロッドから選ぶ

バーチカルに攻めるのであれば、ベイトタックルがおすすめ。

ラインを縦に出すので、スピニングリールだと誘いづらい角度になってしまいます。

基本的には、ボトム~中層付近を攻めていき、「ブリ」「ヒラマサ」といった高速回遊魚がターゲット。

引きの強い青物は、ベイトタックルの方が速く取り込むことができます。