SLJロッド

スーパーライトジギング【SLJ】始めるならスピニングロッドがおすすめできる理由を解説!

sljスピニングロッド

「根魚」「青物」はもちろん、マダイやイサキまで釣れてしまうスーパーライトジギング。

実は、ライトジギングやマイクロジギングから派生した釣りです。

スーパーライトジギングは、水深や船の流し方によってロッドを変えていくのが基本となります。

例えば、水深40m以上のポイントでは、ベイトロッドを使用するのが基本です。

逆に、水深が30m以下のポイントでは、スピニングリールが有利となります。

 

ひとり
ひとり
なぜだか気になりませんか?

 

このページでは、スーパーライトジギングにスピニングロッドが使用される理由と、オススメのSLJスピニングロッドを紹介しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

▼釣り番組がスマホで見放題!▼

スーパーライトジギング【SLJ】スピニングロッドの選び方

初めてスーパーライトジギングに挑戦するなら、圧倒的にスピニングロッドがオススメです。

というのも、ベイトリールの扱いが初心者には難しく感じることがあるからです。

というわけで、スーパーライトジギングで汎用性があるのは、スピニングロッドとなります。

ひとり
ひとり
では、スピニングロッドの使い方を学んでいきましょう!

 

使用するスピニングロッドは5~6ftくらい。

オフショアロッドの中では、比較的短い部類に入りますね。

しかし、スーパーライトジギングでは水深の浅いポイントを攻めるため、ショートキャストが求められる場合が多くなります。

そこで重要なのは、ロッドの操作性です。

実は、スピニングのSLJロッドには2種類あります。

  1. ティップに張りのある「チューブラータイプ」のロッド
  2. しなやかな「ソリッドタイプ」のロッド

①の「チューブラータイプ」は、キャスティングで飛距離を出すのにオススメ。

②の「ソリッドタイプ」は、大型魚とのファイトが楽になります。

最終的にはあなたの好みになりますが、スーパーライトジギングでは、様々なロッドを準備して遊ぶのが一般的です。

ひとり
ひとり
初めは手持ちのバスロッドやテンヤロッドを使用してみてもいいでしょう!

スーパーライトジギング【SLJ】スピニングロッドがオススメな場面

スーパーライトジギング【SLJ】では、スピニングロッドが基本となります。

特に

  • 浅い水深を攻める場合
  • 激しいジャークで青物を狙う場合

では、下記のようなメリットがあります。

積極的にスピニングロッドを使用してみてください。

浅い水深を攻める場合

40mを切るような浅場では、ショートキャスティングで広範囲を狙っていきます。

ベイトロッドはキャスティングに向いていませんからね。

ショートタイプのスピニングロッドで、手返し良くジグを投入していきましょう。

激しいジャークで青物を狙う場合

ワラサやヒラマサのような青物は、キレのあるジグアクションが大好きです。

スピニングロッドは、ジグの大きなスライドアクションを出すのが得意。

特に、春~夏にかけては、青物が浅場にやってきます。

この時期の青物は、イワシや味を捕食していることが多く、ジグの大きなスライドアクションへの反応が大好物。

積極的にスピニングロッドを使用して、大型回遊魚を狙ってみてはいかがでしょうか?

スーパーライトジギング【SLJ】おすすめのスピニングロッド5選

スーパーライトジギングで使用するスピニングロッドは、SLJ専用ロッドライトジギング専用ロッドが一般的。

青物を視野に入れるなら、ライトジギング専用ロッドがオススメです。

オシアジガーLJS65-0(シマノ)

キャタリナ610MS-METAL(ダイワ)

オーシャンセンサーLJS61ML(クレイジーオーシャン)

ラグゼ ジグドライブR S64UL-ソリッド(がまかつ)

スクランブルスーパーライトスペックS63UL-T(ゼスタ)