SLJロッド

【スーパーライトジギング】ダイワのSLJロッドの選び方を徹底解説!

シマノSLJロッド

圧倒的なタックルの手軽さで、女性や子供にも大人気のスーパーライトジギング。

ジギングやスロージギングで使用するジグとは違い、30~40gのジグがメインとなります。

これまでオフショアで使用するジグの重さと言えば、200~300gの超ヘビー級のものばかり。

1日しゃくっているのが、本当に苦痛に感じることもありました。

SLJは、その革命的なジギングスタイルから、オフショアの「ジギンガー」や「スロージギンガー」も、続々と参戦中です。

 

ひとり
ひとり
早くスーパーライトジギングがしたい!オススメのSLJロッドのメーカー教えてよ!

 

スーパーライトジギングは、様々なメーカーからロッドが発売されています。

どれも非常に優れた性能を持ってるので、非常に悩ましいところ。

その中でも、「SLJ初心者」や「SLJを本格的に取り組みたいアングラー」向けなのが、ダイワのシリーズとなります。

このページでは、ダイワのSLJロッドを紹介しています。

気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

▼釣り番組がスマホで見放題!▼

ダイワのSLJジギングロッドの選び方

ダイワのSLJロッドは、「キャタリナ」「ブラスト」「ヴァデル」のシリーズが発売中。

上位機種から順に

  1. キャタリナ(CATALINA)
  2. ブラスト(BLAST)
  3. ヴァデル(VADEL)

となります。

また、ダイワから発売されているSLJロッドには、「スピニングモデル」と「ベイトモデル」の2種類があります。

それぞれ、船の流し方によって使い分けるのがオススメ。

船を横に流していく「ドテラ流し」ではスピニングロッドを、船を止めて「バーチカルなスタイル」で攻める場合はベイトロッドを使用しましょう!

ダイワのSLJスピニングロッド

航空会社の荷物規制は、年々厳しくなっています。

遠征釣行の高いハードルとなっているのが、ロッドの長さ規制です。

ダイワのSLJロッドは、2ピースモデルなので持ち運びが可能

そのコンセプトを、エアポート(空港)とポータブル(携帯)を掛け合わせて「エアーポータブル(AIRPORTABLE)」と命名しています。

キャタリナBJエアーポータブル(SLJ)

ダイワSLJロッドの最上位機種となります。

最も注目すべき点は、ティップがメタルトップであること。

高弾性チタン合金ならではの「圧倒的な感度力」は、他の機種と比べ物になりません。

穂先のわずかな違和感でも、手元には鮮明に伝わります。

その情報伝達能力は、まさに「海中が見える」状態。

最上位機種にもかかわらず、3万円を切るコストパフォーマンスも圧巻です。

キャタリナ60LS-METAL

キャタリナ64MLS-METAL

キャタリナ62MS-METAL

キャタリナ610MS-METAL

ブラストSLJエアーポータブル

スーパーライトジギングのベーシックモデル。

「操作性」「強度」「ソリッドの食い込み」に富んでいて、特に「SLJに本格的に取り組みたいアングラー」にオススメ!

値段と質の良さのバランスが非常に良い、コスパ抜群のスーパーライトジギングロッドです。

ブラスト63LS-S

ブラスト63MLS-S

ブラスト63MS-S

ヴァデルSLJエアーポータブル

スーパーライトジギングのエントリーモデル。

エントリーモデルながら、軽量で操作性抜群のSLJ専用ロッド。

食い込み重視のソリッド仕様なので、SLJ中級者でも十分に満足できるロッドです。

ヴァデル63MLS-S

ヴァデル63MS-S

ダイワのSLJベイトロッド

ダイワのSLJ専用ベイトロッドは、「ブラスト63MB-S」の1機種。

船を流さないバーチカルジギングに特化したモデル。

船内に1本忍ばせておくと、スーパーライトジギングの幅が圧倒的に広がります。