SLJロッド

【スーパーライトジギング】本当にオススメのSLJロッドを紹介!

sljロッド

近年、大流行のスーパーライトジギング。

その魅力は、なんと言ってもタックルの手軽さでしょう。

ジギングと言えば、200g以上のジグをジャカジャカ巻き上げるイメージがありました。

それに比例してロッドもヘビーなものになり、なかなか敷居の高い釣りとなってしまいましたね。

スーパーライトジギングでは、40~80g程度のジグがメインですので、ロッドも非常に軽いものを使用します。

ポイント

スーパーライトジギングは、ライトジギングやマイクロジギングから派生した釣りで、根魚や青物はもちろん、マダイやイサキまで釣れてしまいます。

このページでは、スーパーライトジギング専用ロッドの選び方を解説しています。

これからスーパーライトジギングに挑戦する方は、ぜひ参考にしてみてください。

▼釣り番組がスマホで見放題!▼

登録方法はこちらで解説

2020年に人気だったSLJロッド5選

当サイトで人気のスピニングロッドを5つ紹介しますので、参考にしてみてください。

オシアジガー

キャタリナ

オーシャンセンサー

クロステージ

オシアジガー(シマノ)

オシアジガーLJ

値段も品質も最高レベルのSLJロッド。

段差のないスムーズな曲がりとキレのある操作性で、変幻自在に小魚の動きを演出します。

この1本で満足できないアングラーはいないでしょう。

まさに、キングオブSLJロッドと言えます。

オシアジガーLJS65-0/FS(スピニング)

オシアジガーLJB62-1/FS(ベイト)

キャタリナ(ダイワ)

キャタリナBJ-AP

遠征の飛行機やコンパクトカーで持ち運びやすい2ピースSLJモデル。

釣り業界最大手のダイワ製品なので、安心して大型魚ともファイトが楽しめます。

64MLS-METAL

水深40mまでの浅場がメイン。

近海のスーパーライトジギングならこの1本で遊びつくせます。

610MS-METAL

水深60m以上の深場にも対応したモデル。

マダイや青物を意識したロングレングスモデル(2.08m)で、80g程度のジグまで背負うことも可能です。

オーシャンセンサー

オーシャンセンサーLJ

クレイジーオーシャンから発売されているSLJ特化型ロッド。

「誰でも手軽にジギングを楽しめる♪」をコンセプトに、リトリーブ(ただ巻き)メインの釣り方でSLJが楽しめます。

OSE-LJP S60L

軽量ジグでシャローエリアをキャストから探っていく、操作性に優れたスーパーライトジギング対応モデル。

巻くだけはもちろん、軽いアクションでアピールするのも得意で、マダイ、イサキ、根魚、青物と対象魚種もさまざま。

全長 183cm
仕舞寸法 134cm
自重 122g
ライン MAX:1.2号
ウエイト MAX:100g

OSE-LJP S60ML

フルソリッドモデルでバイトを弾きにくく、しっかりとジグを操作できるオールラウンダー。

マダイから大型青物も、安定してファイトのできるトルクを兼ね備えています。

全長 183cm
仕舞寸法 134cm
自重 122g
ライン MAX:1.5号
ジグ MAX:130g

クロステージ(メジャークラフト)

クロステージSLJ

数あるスーパーライトジギングロッドの中で、最もコスパ抜群のロッドがこれ。「安いのに耐久性が抜群」「とりあえず本格的なロッドが1本欲しい」という方は、クロステージで決まりでしょう!

CRXJ-S64L/LJ【スピニング】

CRXJ-B64L/LJ【ベイト】

スーパーライトジギング【SLJ】ロッドをメーカーで選ぶ

スパーライトジギング【SLJ】ロッドをメーカー別にまとめてあります。お好きなメーカーからお入りください。

シマノから探す

ダイワから探す

『メジャークラフトから探す』

『アブガルシアから探す』

【上級者向け】SLJロッドハイエンドモデル

初めてスーパーライトジギングに挑戦するなら、圧倒的にスピニングロッドがオススメです。

というのも、ベイトリールの扱いが初心者には難しく感じることがあるからです。

ベイトリールのトラブルあるある

  • フォールの際にバックラッシュ
  • リールが上を向いてて違和感を感じる
  • キャスティングができない

 

スーパーライトジギングで汎用性があるのは、スピニングロッドとなります。

ジギングマニア
では、スピニングロッドの使い方を学んでいきましょう!

使用するスピニングロッドは5~6ftくらいが基本になり、オフショアロッドの中では短い部類に入ります。

また、スピニングのSLJロッドには2種類あります。

  1. ティップに張りのある「チューブラータイプ」のロッド
  2. しなやかな「ソリッドタイプ」のロッド

1.の「チューブラータイプ」は、キャスティングで飛距離を出すのにオススメ。

2.の「ソリッドタイプ」は、大型魚とのファイトが楽になります。

最終的にはあなたの好みになりますが、スーパーライトジギングでは、様々なロッドを準備して遊ぶのが一般的です。

ジギングマニア
初めは手持ちのバスロッドやテンヤロッドを使用してみてもいいでしょう!

オシアジガーLJS65-0(シマノ)

キャタリナ610MS-METAL(ダイワ)

オーシャンセンサーLJS61ML(クレイジーオーシャン)

ラグゼ ジグドライブR S64UL-ソリッド(がまかつ)

スクランブルスーパーライトスペックS63UL-T(ゼスタ)

スーパーライトジギング【SLJ】に代用ロッドは可能?

全国で同時多発的に発生し、人気拡大中のスーパーライトジギング。

40~60gくらいのジグをメインに扱うのは、今までのジギングとは明らかに違う釣法です。

 

現在のジギングやスロージギングでは、200g以上のジグを使用するのもザラです。

2~3時間ロッドを振り続けていると、体中あちらこちらがボロボロとなります。

 

ジギングマニア
スーパーライトジギングはとにかく手軽!

 

シュッとしたシャープなロッドに、小型のスピニングリールやベイトリールを使用します。

「タイラバ」や「ひとつテンヤ真鯛」の延長のようなタックルセッティングで、青物や根魚を狙っていきます。

もちろん、専用のスーパーライトジギングロッドがおすすめですが、この釣りでは代用ロッドでも楽しめるのがポイント。

まずは始める前に、手持ちのロッドでトライしてみてはいかがでしょうか?

【SLJ】タイラバロッドを代用

スーパーライトジギングでは、レンジが深くバーチカルな釣りの場合、ベイトリールを使用することがあります。

どちらか言うと、先端側から曲がるソリッドタイプが有効。

40~60gのジグを扱うことが多くなり、タイラバロッドが代用ロッドとなります。

 

タイラバロッドは、ただ巻きでも自動フッキングすることができるので、魚に違和感なく食い込ませることが可能。

柔らかいジグアクションで、フォールメインの釣りになります。

 

また、張りのあるチューブラータイプのロッドを使用することも可能。

キビキビとしたジグアクションで、自分からアワセて掛けていく攻めの釣りとなります。

【SLJ】テンヤロッドを代用

スーパーライトジギングでは、ただ巻きアクションで食わせることも可能です。

釣法としては、マダイ狙いのマイクロジギングを意識したアクションになります。

ただ巻きでのヒットでは、ロッドのしなやかさがカギとなるんですね。

できるだけ柔らかいロッドで、食い込ませることが重要。

 

テンヤロッドは、マダイの小さなアタリも拾えるほど繊細なロッドです。

ジグのただ巻きにも反応する「イサキ」や「マダイ」を狙るのであれば、ぜひタックルのローテーションに入れておきたいところですね。

【SLJ】ボートシーバスロッドを代用

スーパーライトジギングでは、水深20m前後のシャローエリアを攻めることもあり、キャスティングで広範囲を探るパターンもあります。

もちろん、アンダーキャストがメインとなるので、短くて反発力を備えたロッドが主流です。

 

おすすめは、ボートシーバスロッドとなります。

ショートモデルでティップに張りがあり、「20~30g前後のジグ」を投げることができます。

また、ショートモデルが基本となっています。

-SLJロッド

© 2021 ジギングマニア Powered by AFFINGER5