SLJロッド

ヴァデルSLJ-AP【インプレ】乗せに特化したフルソリッドモデルをレビュー解説!

ヴァデルslj

乗せ重視のソリッドティップを搭載したスーパーライトジグング専用ロッド。

スピニングモデル、ベイトモデルの2種がラインナップされています。

ジグウェイトによって3種に別けられるので、自分の釣りに合ったロッドが選択可能。

最も汎用性が高いのは「ML」で、初心者の方はこの1本でシーンを選ばず釣りが楽しめます。

ヴァデルSLJ APの特徴

携帯性に優れたセンターカットの2ピース仕様になっており、電車での持ち運びでも邪魔になりません。

ヴァデルKガイド

エントリーモデルのロッドですが、糸絡みの少ない「Kガイド」を搭載。

ヴァデルsljグリップ

ヴァデルsljグリップ

グリップは、握りやすく操作性の高い「オーバルグリップ」構造になっています。

ヴァデルsljブランクス

ブランクスには粘りを持たせてあるので、大物を掛けても安心です。

ジギマニくん
SLJにとって最低限必要な機能はこの1本にすべて搭載されているぞ!

オススメの使用場面

水深20m~80mの場所で軽いジグを使用したスーパーライトジギングに最適なロッドです。

粘りとタメを聞 効かせたファイトができるので、アジやイサキをメインに青物やタチウオ釣りまでこなす事が可能。

活性が低くアタリが取りにくい状況では、ティップの柔軟性を生かして向こう合わせで掛けに行く釣りを意識して下さい。

バイトを弾かずしっかり食い込ませる事ができるので、バラシが軽減できます。

口コミと評判

実際のインプレッション

63MLB-Sを使用してイサキ釣りを楽しんできました。

自重が100gを切っているので、エントリーモデルとは思えない軽さを感じます。

感度も高いので着底の感触が掴みやすく、潮の流れが速い場所でも無駄にジグ重量を上げる必要がありませんでした。

魚を掛けるとロッドが素直に曲がるので、口切れによるバラシも軽減。

パワーよりも操作性を重視した作りになっており、リズム良くワンピッチジャークを繰り返す事ができました。

ラインナップ

 

まとめ

エントリーモデルとは思えない性能を持っており、汎用性が高く船からのルアー釣り入門ロッドとしてもおすすめです。

-SLJロッド