SLJロッド

スーパーライトジギング【SLJ】ベイトロッドのメリットとおすすめのロッドを紹介!

SLJベイトロッド

小型の根魚から大型の青物まで、ターゲットが豊富なスーパーライトジギング。

しかしながら、使用するロッドは手軽なライトロッドとなります。

基本的に、スピニングロッドとベイトロッドの2種類が使用可能ですが、使い分けることをオススメします。

 

ひとり
ひとり
え、好みの問題じゃないの?

 

スーパーライトジギングでは、水深や船の流し方によって、ロッドを使い分けていくのがオススメ。

あなたの好みでロッドを使い分けるよりも、正しい知識を持って使い分けていく方が、釣果もグーンと伸びるでしょう。

このページでは、スーパーライトジギングでベイトロッドを使用する理由と、オススメのSLJベイトロッドを紹介しています。

スーパーライトジギングでベイトロッドを使用したことがない人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

▼釣り番組がスマホで見放題!▼

スーパーライトジギング【SLJ】ベイトロッドの使い方

スーパーライトジギングと言うと難しく聞こえてしまいますよね。

しかし、実際はライトジギングをさらに軽量化したもの。

基本的には、狙うターゲットに合わせて、しゃくり方を変えていくのがスーパーライトジギングのスタイルです。

イサキならフォールメイン

マダイならジグの動きを抑えたアクション

青物ならクイックジャーク

このように、ベイトロッドであれば様々なジグアクションが可能となります。

大切なことは、ボトムを取ることに執着しないこと。

使用するジグが軽いので、ボトムコンタクトを感じることが難しいんですね。

下手にボトムを意識しすぎると、根掛かり連発なんてことも。

ムリをして根魚を狙う釣りでもありませんので、中層付近から巻き上げるのもアリです。

スーパーライトジギング【SLJ】ベイトロッドがオススメな場面

  1. 水深が40mを超える場合
  2. 中層付近の青物を狙う場合
  3. ジグのアクションを抑えたいとき

1.水深が40mを超える場合

比較的深い水深では、正確なジグのフォールが必要になります。

スピニングリールのフリーフォールであると、ジグの着底がわかりづらくなるんですね。

ベイトリールを使用して、ある程度はラインにテンションを掛けて落とすのが有効。

フリーフォールでもアタリがキャッチできるので、魚の反応のあるレンジを正確に攻めることもできます。

2.中層付近の青物を狙う場合

ベイトリールを使用すると、中層付近のタナ取りも正確に行うことができます。

特に青物を狙う時に有効。

わざわざ、ジグをボトムまで落とす必要もなく、ダイレクトに中層レンジをアタックしましょう。

また、ベイトリールはスピニングリールよりも、パワーがあるのが特徴。

青物の強烈な引きに対しても、臆することなくリーリングの力のみで、巻き上げが可能です。

3.ジグのアクションを抑えたいとき

スーパーライトジギングでは、ジグアクションを抑えたい場面があります。

マダイがターゲットであるときです。

マダイは非常に繊細で、大きなジグアクションには反応しません。

ジグのただ巻きがメインになります。

ジグのただ巻きには、ベイトロッドのような安定感のあるロッドが有利。

また、ベイトロッドは、マダイのような繊細なアタリもフッキング持ち込むことができます。

できるだけ反発の少ないものを使用してみましょう。

スーパーライトジギング【SLJ】おすすめのベイトロッド5選

スーパーライトジギングで使用するベイトロッドは、SLJ専用のロッドライトジギング専用ロッドかオススメ。

水深が50mを超える深場では、ライトジギング専用タックルで攻めてみましょう!

オシアジガーLJB62-1(シマノ)

オーシャンセンサー LJB61ML(クレイジーオーシャン)

マスターストロークジギングMSJ65ULS(メロン屋公房)

ホライゾンLJ HLJ641B-FLL(テンリュウ)