SLJリール

スーパーライトジギング【SLJ】におすすめ!コンパクトで強力なベイトリール5選

sljベイトリール

スーパーライトジギング(SLJ)は、なんだか敷居の高い釣りに感じてしまいますよね。

実際は、ライトジギングをさらに軽量化したジギング釣法で、誰もがチャレンジできるオフショアフィッシングです。

 

スーパーライトジギングは、スピニングタックルでもベイトタックルでも可能。

正直、好みの問題でもありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

特に、ベイトリールを利用したベSLJは玄人好みの釣法です。

 

スピニングリールのSLJに飽きたら、ベイトリールを使用してみてはいかがでしょうか。

ベイトリールでのスーパーライトジギングは、スピニングリールでは補えない利点もあります。

 

このページでは、オフショアフィッシングの過酷さに耐えられる「SLJのベイトリールの選び方」と「おすすめのSLJベイトリール」を紹介しています。

ベイトリールのスーパーライトジギングを考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スーパーライトジギング【SLJ】ベイトリールのメリット

スピニングリールに比べて、ベイトリールは巻き上げ力(トルク)があるのがメリット。

リールの構造上、ハンドルを回す力が加わりやすいんですね。

また、ベイトリールではフォールでのアタリも取ることができます。

スーパーライトジギングでは、イサキや根魚も対象魚。

これらの魚は、圧倒的にフォールでのバイトが多数です。

どんな小さな魚も逃さない!

それがスーパーライトジギングの魅力でもありますので、ぜひベイトリールでSLJを楽しんではいかがでしょうか。

[box02 title="SLJでベイトリールをオススメする場面"]

  • 少し重めのジグ(60g以上)を扱う
  • 2kgを超える青物がターゲット
  • フォールでのヒットを狙う

[/box02]

スーパーライトジギング【SLJ】ベイトリールのデメリット

[chat face="ひとり.jpg" name="ひとり" align="left" border="blue" bg="none" style="maru"]メリットがあればデメリットもある![/chat]

それが世の心理ですよね。

スーパーライトジギングにおいて、ベイトリールが向かないときもあります。

 

それは、ドテラ流しでのスーパーライトジギング。

ドテラ流しとは、エンジンを切り、スパンカーを張らないで、風・潮に船体を垂直に立てて、船を流しながら広範囲に探る釣りのこと。

通称「横流し」とも呼ばれ、落としたジグの位置と船がドンドン離れていきます。

ジグの動きはスイミング系になり、バーチカルジギングが得意なベイトリールでは、不利な釣りとなるんですね。

 

また、ベイトリールはキャスティングに不向きなリールです。

スーパーライトジギングでは、40mを切るような浅場での釣りもあります。

そのようなシャローエリアでは、キャスティングがメイン。

テンポ良くボトムを叩いていくのが、釣果を上げていく秘訣となります。

[box01 title="SLJでベイトリールがオススメできない場面"]

  • ドテラ流し(横流し)でのスーパーライチジギング
  • 40mを切るような浅場でのスーパーライトジギング

[/box01]

SLJ専用ベイトリールを選ぶ際のポイント

[chat face="ひとり.jpg" name="ひとり" align="left" border="blue" bg="none" style="maru"]スーパーライトジギングで使用するベイトリールは、どんなモノがいいの?[/chat]

スーパーライトジギングは、大変ハードな釣りです。

ハードというは、アングラーに対してではなく、ベイトリールに対しての言葉。

SLJはオフショアフィッシングなので、ヒットする魚は大型の物ばかり。

ブラックバスで使用するようなベイトリールでは、即故障の原因ともなります。

 

しかし、選ぶ際のポイントは簡単。

以下の見出しを参考にしてみてください。

[jin_icon_check_circle color="#e9546b" size="18px"]オフショア専用モデルであるか

[jin_icon_check_circle color="#e9546b" size="18px"]スペックの確認をしよう

[jin_icon_check_circle color="#e9546b" size="18px"]HG?それともPG?

オフショア専用モデルであるか

SLJで使うジグは20~60g程度でも、ベイトリールへの負荷は相当なもの。

使用するベイトリールは、オフショア専用モデルであることを確認しましょう。

バス釣りで使うようなリールだと、ギアやボディの剛性不足で痛んでしまします。

スペックの確認をしよう

SLJで使用するリールは、「最大トルク」「最大巻き上げ量」「PE糸巻量」のスペックに注目することが大切。

以下にまとめてみました。

HG?それともPG?

SLJリールは、HG(ハイギア)PG(パワーギア)の2種類があります。

  • HGは、ハンドル1回転当たりのラインの巻き上げ量が多いリール。
  • PGは、ハンドル1回転当たりの巻き上げパワーに特化したリール。

どちらが優れているというわけではなく、その場の状況や狙うターゲットによって変えていきましょう。

HGリールであれば青物狙いで、ジグを大きく飛ばしたいときに有効。PGであれば食いの渋いときに、フォールメインで根魚を狙う時にオススメとなります。

おすすめのスーパーライトジギング【SLJ】ベイトリール

SLJでは、軽いジグを扱え、大型魚のファイトにも耐えられるベイトリールが必要です。

下記のベイトリールに優劣はありませんので、あなたの目的に合わせて選んでみてくださいね。

グラップラーCT150XG(シマノ)

オシアコンクエストCT200PG(シマノ)

オシアコンクエスト300HG(シマノ)

ソルティガBJ200SH(ダイワ)

ソルティステージ コンセプト フリー(アブガルシア)

-SLJリール

© 2020 ジギングマニア Powered by AFFINGER5