SLJリール

【SLJ限定】ベイトリールの選び方とオススメの本格派リール5選

オフショアスティックhsj-cs

スーパーライトジギングは、もちろんベイトタックルでも可能。

正直、好みの問題でもありますが、メリットとデメリットがあります。

ジギマニくん
特に、ベイトリールを利用したSLJは玄人好みの釣法です。

スピニングでのSLJに慣れてきたら、ベイトタックルにも挑戦してみて下さい。

ベイトリールでのSLJは、縦の釣りに特化しており、今まで横で探っていたスピニングリールでは補えない利点もあります。

シマノの本格派モデル

ジギングマニア運営者
この記事の著者運営者情報

続きを見る

【ベイト】SLJリールの選び方

SLJで使用するベイトリールは、どんな物が良いの

スーパーライトジギングでは、ヒットする魚は大型魚ばかり。

ブラックバスで使用するようなベイトリールでは、即故障の原因ともなります。

しかし、選ぶ際のポイントは簡単です。

ジギマニくん
以下の見出しを参考にしてみてくれ!
  • オフショア専用であるか?
  • HG?それともPG?

オフショア専用モデルであるか

SLJで使うジグは20~60g程度でも、ベイトリールへの負荷は相当なもの。

使用するベイトリールは、オフショア専用モデルであることを確認しましょう。

バス釣りで使うようなリールだと、ギアやボディの剛性不足で痛んでしまします。

HG?それともPG?

SLJリールは、HG(ハイギア)とPG(パワーギア)の2種類があります。

どちらが優れているというわけではなく、その場の状況や狙うターゲットによって変えていきましょう。

HGであれば、青物狙いで、ジグを大きく飛ばしたいときに有効。

PGであれば、食いの渋い時に、フォールメインで根魚を狙う時にオススメとなります。

【SLJ】ベイトリールのメリット

ココがポイント

  • 60g以上のジグを扱う
  • 中型青物がターゲット
  • フォールでのヒットを狙う

スピニングリールに比べて、ベイトリールは巻き上げ力(トルク)があります。

リールの構造上、ハンドルを回す力が加わりやすいからです。

また、ベイトリールではフォールでのアタリも敏感に感知します。

スーパーライトジギングでは、イサキや根魚も対象魚で、圧倒的にフォールでのバイトが多数です。

今まで拾いきれなかったバイトを、合わせることも可能になります。

ジギマニくん
どんな小さな魚も逃さないぞ!

【SLJ】ベイトリールのデメリット

ココが苦手

  • ドテラ流し(横流し)
  • 10mを切るような浅場

スーパーライトジギングにおいて、ベイトリールが向かないときもあります。

それは、ドテラ流しでのスーパーライトジギング。

ドテラ流しとは、エンジンを切り、スパンカーを張らないで、風・潮に船体を垂直に立てて、船を流しながら広範囲に探る釣りのこと。

通称「横流し」とも呼ばれ、落としたジグの位置と船がドンドン離れていきます。

ジグの動きはスイミング系になり、バーチカルジギングが得意なベイトリールでは、不利な釣りとなります。

ジギマニくん
また、ベイトリールは浅場も苦手!

スーパーライトジギングでは、10mを切るような浅場での釣りもあります。

そのようなシャローエリアでは、キャスティングがメイン。

スピニングタックルで、テンポ良くボトムを叩いていくのが、釣果を上げていく秘訣となります。

【2023年】おすすめのSLJベイトリール

グラップラーCT150XG

シマノから販売されているフォールレバーを搭載した小型ベイトリール。

非常にコンパクトでありながら、ギア比「7:8」のハイギア仕様です。

ラインスラックを素早く巻き取る釣りを得意としています。

  • ギア比:7:8
  • 自重:205g
  • 最大ドラグ力:4kg
  • 最大巻き取り量:78cm
  • PE糸巻き量(号):0.8-400m, 1-330m

22グラップラーBB150HG

グラップラーシリーズの入門者モデル。

1万円台の価格帯ながら、SLJに必用最低限のスペックを搭載。

イサキやアジなどがターゲットなら、この1台で十分に楽しめます。

\ イチオシ!/

  • ギア比:7:2
  • 自重:210g
  • 最大ドラグ力:5kg
  • 最大巻き取り量:72cm
  • PE糸巻き量(号):0.8-400m, 1-330m

22グラップラーBB150HGのインプレ

ティエラA IC150H-DH

滑らかな巻き上げと、剛性を兼ね備えたICカウンター付きのベイトリール。

非常にコンパクトでありながら、ソルティガに迫るほどのスペックを誇ります。

ソルティガ程のクオリティは必要ないけど、超実践的なリールが欲しい人にオススメです。

  • ギア比:7:1
  • 自重:230g
  • 最大ドラグ力:5kg
  • 最大巻き取り量:80cm
  • PE糸巻き量(号):1-400m, 2-200m

ティエラ150h-DHのインプレ

オシアコンクエストCT200PG

タイラバで使用されることの多いベイトリール。

フォールレバーも搭載されているので、フォールスピードを細かく調節することも可能です。

極限までゆっくりと見せてから巻き上げるといった、テクニカルなSLJを楽しむこともできます。

  • ギア比:4:8
  • 自重:330g
  • 最大ドラグ力:6kg
  • 最大巻き上げ量:60cm
  • 糸巻き量(号-m):1-440, 2-200

21ソルティガIC100

防水性が高く釣行後は流水で水洗いする事が可能な、ジギングに最適なベイトリール。

「ギア比7:3」のハイギアを搭載しているので、速いテンポでアグレッシブな攻めの釣りが展開できます。

ボディは高強度アルミを使用しており、剛性が高く力強い巻き上げが可能です。

21ソルティガIC100のインプレ

-SLJリール