MENU

19グラップラーCT150XG【インプレ】超コンパクトリールでハイピッチなジギングを楽しむ

19グラップラー

シマノから販売されているフォールレバーを搭載した小型ベイトリール。

非常にコンパクトでありながら、ギア比「7:8」のハイギア仕様でラインスラックを素早く巻き取る釣りを得意としています。

2万円の価格帯でありながら、一目で水深のわかるカウンター付きであるのもポイント。

刻々とレンジを追っていくタチウオジギングはもちろん、相模湾や駿河湾で人気のイカメタルゲームでも多くの人に使用されています。

[st-card myclass=”st-no-shadow” id=”1804″ label=”この記事の著者” pc_height=”” name=”” bgcolor=”#66cdaa” color=”#ffffff” fontawesome=”fa-file-text-o” readmore=”on” thumbnail=”on” type=”text”]

目次

スペックと搭載機能

\ 小型でもトルクフル!/

  • ギア比:7:8
  • 自重:205g
  • 最大ドラグ力:4kg
  • 最大巻き取り量:78cm
  • PE糸巻き量(号):0.8-400m, 1-330m

[st-cmemo webicon=”st-svg-comments” iconcolor=”#F48FB1″ bgcolor=”#FCE4EC” color=”#000000″ bordercolor=”” borderwidth=”” iconsize=””]イサキ、根魚から青物まで近海のターゲットに幅広く対応します。[/st-cmemo]

[st-minihukidashi webicon=”” fontsize=”” fontweight=”” bgcolor=”#FFB74D” color=”#fff” margin=”0 0 20px 0″ radius=”” position=”” myclass=”” add_boxstyle=””]主な搭載機能[/st-minihukidashi]

[st-square-checkbox bgcolor=”” bordercolor=”” fontweight=”” borderwidth=”3″]

  • HAGANE
  • Xシップ
  • Xプロテクト
  • フォールレバー
  • 連動式レベルワインド
  • フォールスピード表示

[/st-square-checkbox]

クラッチを切ると、スプールの回転とレベルワインドが連動。

ラインに傷が付きにくく、細いPEラインの使用にも最適です。

超小型で精密に作り出されたギアは、細かいワンピッチジャークをストレスなくこなします。

歯数を増やす事で、滑らかなギアフィーリングを生み出します。

[st-kaiwa1]ラインキャパも豊富だぞ![/st-kaiwa1]

PE0.8号を400m巻くことが可能です。

タチウオジギングや冬場のディープエリアの攻略にも向いています。

オススメの使い方

コンパクトサイズで細いラインの使用に適しているので、ライトジギングを楽しむ方におすすめです。

エキストラハイギアを搭載しているので、ハイピッチなジャークの上げでアプローチを掛ける青物狙いに最適です。

フォールレバーを搭載しており、上手く活用すればイメージ通り、中層に浮いた魚へフォールアクションで食わせることもできます。

また、根が荒い場所で根魚を狙う場合は着底の寸前に、フォールレバーでブレーキを掛けることが可能。

ナチュラルにフォールさせながら、着底時の衝撃を抑えて根掛かりを防げます。

口コミと評判

実際のインプレッション

レベルワインドがスプールの回転とシンクロしているので、細いラインを使っても安心してフォールさせることができました。

ハイギアを搭載しており、巻き取り速度が速くロングジグも思い通りに操作できます。

ボディの重心が低くコンパクトなので使い心地も抜群でした。

ハイギアを搭載していますが巻き心地が滑らかで、ノイズも少ないので、巻き重りを気にせず巻き上げることができます。

巻き感度にも優れているので、軽いジグを使用してもダイレクトな操作感が得られました。

運良く大型のサワラを掛けることができたのですが、ボディの歪みもないので、ゴリ巻きファイトで寄せられました。

ライトジグングで使うリールとしては、十分過ぎる性能を持っています。

ハンドルカスタマイズも◎

ゴメクサスハンドル

[st-kaiwa1]「21グラップラーCT150HG」は、ゴメクサス製のハンドルとの相性が抜群![/st-kaiwa1]

太刀魚や青物に特化させるなら、3000円程度のカーボンパワーハンドルが最適です。

巻取りのトルクが上がるだけでなく、見た目も一気に高級感が漂います。

巻き上げ力を上げるならHGモデル

XGだと巻き重りが気になる」という方は21グラップラー150HGにしましょう。

多少、ハンドル1回転当たりの巻き上げ量は減るものの、巻き上げのトルクはHGの方が上。

太刀魚や中型青物がメインターゲットになります。

\ 小型でもトルクフル!/

  • ギア比:7:8
  • 自重:205g
  • 最大ドラグ力:4kg
  • 最大巻き取り量:78cm
  • PE糸巻き量(号):0.8-400m, 1-330m

[st-cmemo webicon=”st-svg-comments” iconcolor=”#F48FB1″ bgcolor=”#FCE4EC” color=”#000000″ bordercolor=”” borderwidth=”” iconsize=””]イサキ、根魚から青物まで近海のターゲットに幅広く対応します。[/st-cmemo]

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次