スロー系ジグ

【2020年最新】スロージギングにおすすめの鉄板ジグ5選|どこよりも正しい選び方を紹介!

ひとり
ひとり
ハイピッチとスローピッチは、同じジグだとダメなの?

一見すると、ハイピッチで使うジグも、スロージギングで使うジグも似ていますよね?

しかしながら、両者のジグは根本的に異なります。

ハイピッチで使用するものは、ジャークした時に大きく飛ばせる構造になっています。

ハイピッチで狙える魚は、ブリやヒラマサといった青物がメインだからです。

これらは、大きく動くベイトが大好きなんですね。

一方、スロージギングでは、フォールの間を長く稼ぐための設計になっているんです。

基本的には弱ったベイトを意識していて、それを拾い食いするような根魚などをターゲットとしているためです。

つまり、スロージギングにはフォールアクションに特化した、専用のジグが必要となるのです。

スロー系ジグの予備知識

  • スロージギングの挑戦を考えている
  • スロー系ジグの特徴がわからない

といった方は、下記の記事を順番に読み進めてみてください。

スロー系ジグの選び方をたったの5記事にまとめました。

徹底比較|スロージギングにおすすめのジグ5選

スロースキップ(freq)

スロースキップ(VB)

オシア スティンガーバタフライ ウイング

オシアスティンガーバタフライウイングのインプレを見る

ソルティガXD

ソルティガXDのインプレを見る

アビス

アビスのインプレを見る

スロージギング専用ジグをカテゴリー別に探す

目的別にカテゴリーを設置してありますので、用途に合わせてお入りください。

シマノから探す

ダイワから探す

Sea Floor Controlから探す

DEEP LINERから探す

スロー系ジグの選び方

スロー系ジグについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご参照ください。

  1. 形状からジグを選ぶ
  2. 重さからジグを選ぶ
  3. カラーからジグを選ぶ

形状からジグを選ぶ

スロージギングのジグには、次の3つの形状があります。

  • フラットタイプ
  • 左右非対称タイプ
  • ロングタイプ

フラットタイプ

もっともオーソドックスなジグで、左右対象の形をしています。

フォールアクションは木の葉がひらひらと落ちるようなアクションになります。

ワンピッチ&ワンジャークできれいなアクションが取れるので、初心者でも簡単に結果の出せるジグです。

左右非対称タイプ

左右の側面の形が違うため、すぐにわかると思います。

特徴はフォールスピードが極端に遅く、水平にスライドしながら落ちていきます。

時間にするとコンマ何秒の世界ですが、魚にとってはとても長いフォールの間となります。

魚へのアピールも強くなりますが、スレるのが早いのも特徴です。

代表的なのは、オシアスティンガーバタフライのウイング。

フォールスピードが強烈にスローです。

使用してみると、他のジグとの違いをはっきりと感じることができるでしょう。

ロングタイプ

スティック型のロングジグです。

ロングタイプはシャクったときの、大きなスライドが特徴です。

非常に水抜けが良く、潮の速いときや水深が深いポイントに重宝されます。

フォールのアピールだけでなく、ハイピッチでも誘えますので「ハマチ、ヒラマサ、カンパチ、キハダマグロ」に効いたりします。

フォールアクションに力を入れたジグであれば「アカムツ、キンメダイ、アブラボウズ」に有効です。

重さからジグを選ぶ

スロージギングで扱うジグの重さって悩みますよね。

基本的には「水深+100g」なんて言われてたりしますけど。

例えば、水深60Mのポイントを狙うのであれば、「60+100g」で160gのジグをセットするということ。

決して間違いではないですね。

ただ、自然が相手なので”潮の流れや速さ”も考慮しなければなりません。

つまり、2枚潮であったり、2ノットを超えるような激流の中ではその法則が当てはまらないんですよね。

これは経験則でしか判断できないんですけどね。^^;

「じゃあ、何gのジグを選べばいいんだよ?」って話なんですが...。

極論を言うと、ジグの重さは重い分には問題ありません。

要は、快適に底どりができればいいんですよ。

スロージギングで最悪なのが底どりができないこと。

根掛かりの原因にもなりますし、周りとライントラブルの原因にもなります。

なので、私は水深60Mぐらいなら200gからスタートします。

周りよりも素早く底どりができる分、魚のバイトチャンスは広がるわけです。

軽いジグだと、ある程度シャクって落としなおすと、ジグが流されて回収する必要があります。

重いジグだと、その時間ロスも失くすことができます。

船長の回収の合図が出るぎりぎりまでジグを投入できるのは、大きなアドバンテージですよね。^^

カラーからジグを選ぶ

ジグカラーもアングラーの頭を悩ませます。

「澄み潮にはシルバーだ」とか「濁りのキツい日には赤金だ」とか、様々な情報が垂れ流しですよね。

でもね、初心者はそんなこと気にしなくていいんです。

魚にアンケートをとったわけでもないし、ジグカラーの結論なんて科学的根拠は出ていないんですから。

魚の目から認識できるるジグの色と、私たちの目から認識できる色が同じなわけないですしね。

というわけで、基本的にはフルシルバー系とブラックのジグがあれば十分!

フルシルバーはナチュラルカラーの王道で、この色ひとつで1日通せます。

濁りのキツい日や、シルバーに反応が悪い日はブラックがおすすめ。

ブラックは水中でシルエットがはっきり出るので、アピール力は強烈です。

あとは、自分の好きな色のジグをそろえるといいでしょう。

ただし、水深が100Mを超える中深海のエリアに入ると、グロー系のカラーも有効になってきます。

グロー系のカラーは、日の当たらない水深で、自ら発光するタイプのジグです。