スロー系ジグ

初心者でもわかる!スロー系ジグの使い分け方

スロー系ジグ

あなたは、スロー系ジグの使い分け方について考えたことがありますか?

 

ネットでおすすめされてたから!
過去に実績があるから!

 

このような理由で、いろいろなジグに手を出していませんか?

もちろんネットでの評判は大事です。

しかし、あなたのタックルボックスには、必要のないジグが入っているかもしれませんよ?

違うメーカーのジグでも、全く同じ動きをするジグが存在するからです。

 

これらは同じジグになります。

例えば、”A社のジグS””B社のジグR”が同じタイプのジグの場合。

船上で「今日はジグSは反応悪いな~。よし、ジグRを使おう!」

「アレ?両方釣れねーじゃん!なんだよ、ネットの評判ウソじゃん!」

こんなことになります。

 

ジグの使い分けで大事なのは、ネットの口コミや評判ではありません。

ジグのアクションで使い分けることが大事なのです。

もっと細かく言うと、ジグのフォールパターンで区別するのがおすすめ。

このページでは、スロー系ジグのフォールパターンの特徴をまとめましたので、参考にしてみてくださいね。

▼釣り番組がスマホで見放題!▼

水平フォール

スロー系ジグの中で、もっともポピュラーなタイプ。

ジャーク後のステイで水平姿勢をとり、その姿勢のまま木の葉のようにヒラヒラとフォールします。

アピール力は強くも弱くもなく、その日の魚の活性を見極めるには最適。

パイロットジグとして、その日の1投目に投入するのがおススメです。

バイブレーションフォール

フォール中の振動でアピールするタイプ。

フォール中のアピール力は絶大で、魚の活性の高い日には積極的に使用していきたいタイプです。

アピール力が強い分、スレるのが早いのがデメリット。

バックスライドフォール

単にフォールするのではなく、テール方向からバックスライドするタイプ。

狭いヒットゾーンを、横方向で誘ううことが可能です。

ジャークで寄せた魚を、一瞬のスライドでリアクションバイトを誘発するイメージで使用するとしっくりきます。

スラロームフォール

リアとテール方向に、大きくスラロームしながらフォールするタイプ。

スラロームとは、オートバイにおける、コース上に設置されたコーンをジグザグに避けながら蛇行運転を繰り返すアレです。

フォールの動きが大きいので、活性の低い魚でもリアクションバイトに近い形で、強烈な刺激を与えてくれます。

スピードフォール

沈下速度に特化したタイプ。

潮流の速いポイントや中深海などで、ボトムを正確に取る時に非常に有効になります。

そういったポイントは、ジグのアクションも大きくなりがちです。

ジグの動きは、派手すぎても魚って警戒してしまうんですよね。

このタイプのジグは、フォールの動きを極力抑えることにより、違和感なく魚にアピールしてくれるんです。

ジグの特徴を最大限に引き出してあげよう

スロー系ジグはカラーのローテーションと同様に、アクションのローテーションも行うことが大事。

「魚の活性」「潮の流れ」「水深」などの状況を考慮し、その場で最適なアクションのジグを選んでいくのです。

同じジグでも、ロッドの特徴を利用したり、リーリングの巻き方を工夫すればジグの動きは千差万別。

 

正直、「ここまでする必要あるの?」って思われるかもしれません。

しかし、魚の大きさを問わず

わずかな活性でも魚を掛けるテクニックを極めるのが、スロージギングの面白さでもあります。

ジグのアクションの特徴を理解して、必要最低限の買い物でスロージギングを楽しんでくださいね。