スロー系ジグ

初心者でもわかる!スロー系ジグのカラーの選び方とは?

ジグカラー

現在、様々なメーカーからジグが販売されていますね。

同じ種類のジグでも、

  • フルシルバー
  • ブルーピンク
  • 赤金
  • グリーンゴールド
  • ゼブラカラー

など、数えきれないほどのカラーが存在します。

 

あなたのカラー選択は、どのようにしていますか?

正直、種類が多すぎて混乱しませんか?

船上での釣りを想像してしまうと、心配になってアレもコレもって買ってしまうんですよね。

で、使わないジグが出てきたりして、結局お金のムダになったり...

 

でもね、スロージギングに必要なジグのカラーって、実は数種類あれば成立するんですよ。

ジグのカラーのメリットデメリットを把握すれば、そろえるべきジグのカラーが決まってくるんです。

このページでは、ジグのカラーの”メリット&デメリット”と”選び方”をまとめています。

3分でサクサク読める記事となっています^^

▼釣り番組がスマホで見放題!▼

ナチュラル系のクリアカラー

スロー系ジグの中で、もっとも王道なナチュラル系のクリアカラー。

例えば、

  • フルシルバー
  • ブルーピンク
  • イワシカラー

など。

クリアカラーというより”ベイトにマッチしたカラー”というイメージの方が合うかもしれません。

クリアカラーのメリット

  • パイロットジグに最適
  • 自然に近いベイトカラーなので、魚が警戒心を抱きにくい
  • アピール力は弱いのでスレにくい

クリアカラーのデメリット

  • 魚の反応が得られなかったときに対処しにくい
  • どれも似たような色なので、応用の効かないカラー
  • 無難な色なので、ヒットカラーなのかは判断しにくい

アピール系のパールカラー

スロー系ジグの中で、アピール力に優れたパールカラー。

例えば、

  • 赤金
  • グリーンゴールド
  • チャートキャンディ

など。

パールカラーのメリット

  • 濁りのキツい日に、色でアピールできる
  • 様々なカラーがあるので、カラーローテーションを組みやすい
  • 魚の好き嫌いがはっきり出る
  • その日のヒットカラーが見つけられれば連発も可能

パールカラーのデメリット

  • パイロットジグにしにくい
  • 視覚で訴えるので、潮の澄んだ日には魚が警戒心を抱きやすい
  • アピール力が強いのでスレやすい

シルエット系のダークカラー

スロー系ジグの中で、フラッシングを抑えたジグ。

シルエットの形で魚にアピールするタイプです。

例えば、

  • ブラック
  • ダークレッド
  • ダークピンク

など。

ダークカラーのメリット

  • シルエット勝負なので、カラーローテーションの必要がない
  • シルエット勝負なので、潮の濁り具合で釣果が左右されずらい
  • フラッシング効果がないので、スレずらい

ダークカラーのデメリット

  • 魚の活性がわかりずらいので、ジグ交換のタイミングが難しい
  • カラーでハメるタイプではないので、連発とかは少ない

ジグのカラーローテーションで大事なこと

ジグのカラーには、それぞれ一長一短があります。

タチウオジギングではよくあるのですが、ヒットカラーを見つけると1投1匹で釣れる場合があるんですね。

でも、これって初心者にはあまりよくないんです。

 

カラーで反応してヒットするときって、スレるのもバカみたいに早いんですよね。

でも、また釣れるタイミングが来ると信じて粘ってしまうんです。

気持ちはすごくわかるんですけど、それでは1日のトータルでは数が伸びません。

 

釣れるカラーを探すことよりも、魚に飽きさせないようにジグのカラーローテーションをしていくことが大事。

カラーローテーションのタイミングは、アングラーの経験値によるところが大きいんですけどね。

爆発的に釣れるカラーを見つけ出すのではなく、魚を飽きさせないことがアングラーの腕の見せ所ですよ!