ライトルアー

19ストラディックC2000S【インプレ】価格を超えたコスパ抜群のハイスペックリールを徹底解説!

このページではシマノから販売されている『19ストラディックC2000S』をインプレッション!

性能のバランスがとても高く、オールマイティーに使えるリールです。

ドラグも、引っ掛かりが少ない安定した動きをするので、大物の引きにも十分対応できる性能を持っています。

最上位機種のステラやヴァンキッシュ並の機能を持ちながら、気兼ねなく使うことができる画期的なリールです。

19ストラディックC2000Sの特徴

シマノを代表するミドルクラスのスピニングリールで、価格を超えたコストパフォーマンスに優れた製品です。

スペック

品番C2000S
ギア比5:1
最大ドラグ力3kg
自重185g
最大巻糸量69cm
ナイロン(lb)3-125m, 4-100m
PEライン(号)0.6-150m, 0.8-110m

搭載システム

ハイエンド機にも採用されている、ロングストロークスプールや、なめらかな巻き心地を生むマイクロモジュールギア2、サイレントドライブなどが搭載。

さらに、低摩擦ローラークラッチが採用され、軽やかな巻き心地に貢献しています。

エリアトラウト、バス、ライトソルトと、幅広く使える万能性が魅力のリールです。

ストラディック機構まとめ

  • ロングストロークスプール
  • マイクロモジュールギア
  • サイレントドライブ
  • 低摩擦ローラークラッチ

19ストラディックC2000Sの使い心地

ロングストロークスプールが採用されているため、2000番クラスのリールとは思えないほどの飛距離が出ます。

特にエリアトラウトなどで使われる、軽量なスプーンや極小のプラグなどをキャストするときに、その違いが顕著にわかります。

食い渋ったセレクティブなトラウトなどに特に有効な、繊細な釣りが出来るリールです。

また、引っかかり感がない、なめらかな巻き心地も魅力です。

様々なリールと比較

シマノのスピニングリールの中には、ストラディックとスペックは似ているのに、値段がガラッと変わる製品があります。

搭載システムに差を出すことで、ストラディックを起点に上位機種下位機種に分類しているためです。

それぞれの比較表を作りましたので、参考にしてみてください。

上位機種と比較

スペックストラディックヴァンフォード
値段
マイクロモジュールギアⅡ
サイレントドライブ
HAGANEギア
Xシップ
マグナムライトローター×
Xプロテクト
ロングストロークスプール
CI4+×

上位機種『ヴァンフォード』との大きな違いは、マグナムローターとCI4+が搭載されていないこと。

ヴァンフォードになるとボディがさらに軽量化され、異次元のハンドルの巻きの軽さを体感することになります。

下位機種と比較

スペックストラディックアルテグラ
値段
マイクロモジュールギアⅡ
サイレントドライブ
HAGANEギア
Xシップ
マグナムライトローター××
Xプロテクト
ロングストロークスプール
CI4+×

下位機種に分類されているアルテグラは、2021年のモデルチェンジにより、実は19ストラディックとほぼ同等のスペックを搭載しています。

というよりも、「CI4+」によってボディの軽量化が進んだ分、ストラディックより上位機種と呼べるかもしれません。

値段も同じくらいに設定されているので、特別なこだわりがなければ『21アルテグラC2000S』をオススメします。

19ストラディックC2000Sの口コミ

アジングやメバリングなど、ソルトのライトルアー用で使用する人が多め。

管理釣場なら、50cmを超える大型トラウトにも対応できます。

-ライトルアー

© 2022 ジギングマニア Powered by AFFINGER5