スロー系ジグ

アビス(abyss)|クセのないスロー系ジグでスロージギングが上手くなる理由とは?

アビス

あなたは、スロー系ジグの扱い方は完璧ですか?

ただ、ワンピッチで誘っているだけではありませんか?

 

今、「ハッ」としたのであればチャンスです。

あなたは、まだまだスロージギングが上達する余地があります。

 

スロー系ジグは、

  • 平打ちフォール
  • スパイラルフォール
  • スライドフォール

など、ジグによって演出できるアクションは異なります。

 

その中で、もっともクセのないフォール演出をするものがあります。

シーフロアコントロールから販売されているスロージギング専用ジグ「アビスabyss)」です。

 

シーフロアコントロールは、スロージギングの老舗メーカーともいえる存在。

ディープライナーと同様、スロージギングに対する情熱は並々ならぬものを感じます。

スロージギング専用ジグとして、「アーク」「アロー」「シークレット・レクター」「アビス」の4種類が販売されています。

その中でもアビスは、最もアングラーの腕が試されるスロー系ジグです。

 

なぜ、アングラーの腕が試されるのか?

その理由をまとめましたので、ぜひ確認してみてください^^

▼釣り番組がスマホで見放題!▼

アビス(abyss)とは?

潮の流れやアイテムの動きに縛られず、テクニックを駆使してスロージギングを楽しみたい。そんなアングラーに向けて開発したジグです。使い手の思いのままフォールを操れるよう、凹凸のない流線型のシルエットに設計。一方ジャーク時にはジグの移動距離を容易に調整でき、ターゲットに合わせたアピールアクションが可能です。スローピッチジャークに慣れ親しんだ熟練者にこそ使っていただきたい、ジギングの奥深さを追求できる一本です。

Sea Floor Control公式HP

シーフロアコントロールから販売されているジグで、英語名でabyss(深海)を意味します。

とはいっても、近海でも使えるスロー系ジグです。

 

アビスは凹凸のない左右対称の形をしたジグで、特徴がないのが大きな特徴。(笑)

もう少し具体的に説明すると、ロッドの動きや潮の速さに左右されないジグなんです。

つまり、アングラーのテクニックを重視して遊べるジグなんですね。

アビスのメリットとは?

アビスは、アングラーのテクニックで様々な動きが出せるジグです。

 

ワンピッチジャークで大きくアクションを出してもいいし、1/2ピッチ1/3ピッチで狭いレンジでネチネチ根魚を狙うのもアリです。

スローピッチに慣れ親しんだアングラーであれば、ジャーク時のジグの移動距離をコントロールすることができます。

ロッドの硬さによって、ジグのわずかな動きまで調節することもできます。

タックルセッティングの時点から、アングラーの意志をジグに注ぐようなものです。

これほど万能で、スロージギングを楽しめるジグは他にありません。

アビスのデメリットとは?

アビスはあらゆるジャークに対応していますが、一つの動きに特化しているわけではありません。

例えば、潮が動いていないときは、潮抜けの良いジグよりも、フォールの動きで誘えるジグが有効です。

シマノでいうなら「スティンガーバタフライウイング」や、メジャークラフトの「ジグパラショート」など。

潮が動かないときでも、独特のフォールアクションで魚を魅了してくれます。

アビスもある程度は対応できるのですが、上記の2種に比べると劣ります。

アビスで特化ジグの使い方が上手くなる

クセのないジグですので、フォールで食わすこともできれば、少し早めのピッチで食わすことも可能です。

あなたの意図するすべてのアクションが、バイトチャンスになります。

つまりアビスを使用すると、ジグの演出が上手になるんですね。

 

アビスの扱いに慣れれば、スパイラルフォールやスライドフォールといった特化ジグを使用したときに

  • 潮の速さ
  • ジグのフォールアクション
  • ジグが潮に馴染んでるかどうか

など、様々な情報がキャッチしやすくなります。

ひとり
ひとり
アビスの使い方については、こちらの動画を参考にしてください。

アビスのラインナップ