アジングロッド

月下美人AJING【インプレ】コスパ抜群のアジングロッドをレビュー解説!

月下美人アジングロッド

ダイワの月下美人AJINGは、軽量で高感度なロッド素材「HVFカーボン」が使用されているアジングロッド。

小規模な釣り場を手早く探るのには、とても適した短めのロッドになっています。

月下美人アジングロッド

(高感度素材「HVFカーボン」を搭載)

軽いジグヘッドリグを使用して、しっかりと食わせる釣りに最適なソリッドティップにもなっているのも特徴です。

このページでは、『月下美人AJING』のインプレ記事を紹介しています。

「本格的なアジングに挑戦してみたい!」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

月下美人AJINGの特徴

月下美人アジングロッド

ダイワから販売されている、コストパフォーマンスに優れた軽量のショートロッド。

わずかなバイトも拾える感度の良さや、ロッド全体の軽さが大きな特徴です。

月下美人アジングロッド

月下美人アジングロッド

また、ジグヘッド向けのショートロッドですが、1万円台の価格で購入できるコスパの良さも魅力。

アジング初心者の方でも扱いやすいロッドなので、値段に臆することなく購入してもらいたい製品です。

ナイトゲームのライトに映る、赤いグリップカラーも特別な雰囲気を出してくれます。

月下美人アジングロッド

オススメの使い方

ショートロッド特有の、取り回しの良さを活かすのがおすすめ。

ジグヘッドはもちろん、スプリットリグや軽めのキャロライナーをテンポよくキャストできます。

また、アジングロッドにしては、ややパラボリックアクションなのも大きな特徴。

バッドからきれいに曲がってくれるため、尺アジや不意の大物にも安心して対応できます。

実際のインプレッション

\ 今回はこちらを使用!/

ファーストテーパーのソリッドモデルなので、フォール中の繊細なアタリも取りやすいです。

この価格帯では圧倒的な軽さで、1000番くらいの軽量なリールと組み合わせがおすすめ。

リールの重心が丁度良い位置に来て、キャスティング精度も上がります。

月下美人アジングロッド

短めのグリップも手によく馴染んで、気持ちのいい仕上がりになっています。

他のメーカーであれば、ハイエンドクラスに匹敵する軽さと感度を実感できるロッドです。

月下美人AJINGのラインナップ

初心者の方には『55UL-S』か『510UL-S』のショートロッドを選んでみましょう。

どちらも6ft(約180cm)を切るレングスになっており、片手でのワンハンドキャストが可能です。

堤防周りに居ついたアジを、手返し良く狙っていきましょう。

アイテム全長継数仕舞自重ルアーナイロンPEライン
55UL-S1.65m2本86cm55g0.3-5g1-3lb0.1-0.3号
510UL-S1.78m2本93cm57g0.3-5g1-3lb0.1-0.3号
68L-S2.03m2本105cm63g0.5-8g1.5-4lb0.1-0.4号
78ML-S2.34m2本121cm81g2-15g2-6lb0.15-0.6号
80ML-T2.44m2本126cm85g2-15g2-6lb0.15-0.6号

AJING 55UL-S

\ 1g以下のジグを操作するなら!/

1g以下のジグヘッドを軽快にアクション。ティップが柔らかいので、最軽量ジグヘッドでも飛距離が出ます。漁港などの小規模な釣り場にはおすすめです。

AJING 510UL-S

\1~2g程度の軽量ジグヘッドに最適!/

操作感がとても良く、豆アジでも手元までアタリが伝わる感度。ロッド自体がすごく軽量で、長時間のキャスティングにも向いています。漁港や堤防、テトラ帯で釣るのにおすすめです。

AJING 68L-S

\ 迷ったらこのモデル!/

漁港でのアジングにおいて、最もスタンダードなモデル。ジグヘッドリグを中心に、様々なルアーに対応する汎用性抜群のタイプです。

AJING 78ML-S

\ 少し離れたポイントを狙うなら!/

食い込みの良いしなやかさを持ちながら、遠方へのキャスティングに優れたモデル。キャロリグやフロートリグを手軽に操作することができます。

AJING 80ML-T

\ ゴロタ浜や磯などで活躍!/

レスポンスに優れたチューブラーモデル。ワイルドな自然を相手にするモデルで、重めのキャロリグやメタルジグの操作に優れたいます。

-アジングロッド