スロー系ジグ

ソルティガSLジグ|中深海スロージギングにおすすめのコスパ最強のジグはこれだ!

ソルティガSL

水深200Mを超える中深海スロージギングは、底どりをするのもひと苦労。

水深200〜400Mにジグが到達するまでに、様々な障害があるんですね。

  • 潮が飛んでる
  • 2枚潮…3枚潮など

など。

中深海スロージギングのポイントは、正確な底どりをすることです。

 

木の葉型のジグだと、底へ到達するまでに潮の影響を受けまくってしまいます。

そこで必要になるのが、スティック型のロングジグです。

スティック型であると、潮の影響を最小限に抑えて、沈下してくれます。

中深海専用のスロー系ジグはたくさんありますが、どれも高いのがネック。

その中でもコスパ最強なのが、ソルティガのSLジグです。

▼釣り番組がスマホで見放題!▼

ソルティガSLジグとは?

ダイワから販売されている、スロージギング専用ジグです。

スティック型で、330gくらいの比較的重いジグも準備されています。

投入からのフォールスピードも申し分なく、中深海スロージギングに最適ですね。

ワンピッチジャークで魚を魅了してくれるので、スロージギング初心者の方でも十分に扱えますよ。

魚の食ってくるタイミングは、完全なフォールタイミング。

ロングフォールでも良く反応してくれるので、ワンピッチとロングフォールの組み合わせが最適です。

ソルティガSLジグのメリットは?

スティック型で投入からのフォールスピードが速いことです。

特に水深が深いところでは、底どりがキモになるのでソルティガSLジグが仕事をしてくれます。

さらに、ディープライナーやシーフロアコントロールといった中深海専用メーカーに比べて、比較的安い値段で入手できます。

海底の形状を把握するパイロットジグとしても、ためらわず使用できるジグです。

まさに、コスパ最強のスロー系ジグですよ。

ソルティガSLジグのデメリットは?

水深50m以内のような近海スロージギングだと、フォールスピードが少し速いんですね。

ソルティガSLジグはスティック型なので、水の抵抗が受けづらく設計されているためです。

それでも、少しハイピッチ気味にアクションを出してあげれば、活性の良い魚は飛びつきます。

ソルティガSLは中深海で効果を発揮するジグです。

圧倒的な水圧のかかる場面で、ジグがアクションします。

イメージ的には、海中でフワフワ漂っている感じです。

ソルティガSLジグの使い方

スローテンポのワンピッチジャークで十分な釣果が得られます。

時には大きくロッドを煽って、ロングフォールを加えてください。

基本的に中深海での使用をおすすめしているので、潮の流れに合わせて重さを設定しましょう。

大切なのは、正確に底どりができることです。