SLJロッド

スーパーライトジギング【SLJ】に代用できるロッド一覧を公開!

全国で同時多発的に発生し、人気拡大中のスーパーライトジギング(SLJ)。

40~60gくらいのジグをメインに扱うのは、今までのジギングとは明らかに違う釣法です。

 

現在のジギングやスロージギングでは、200g以上のジグを使用するのもザラです。

2~3時間ロッドを振り続けていると、体中あちらこちらがボロボロとなります。

 

ひとり
ひとり
スーパーライトジギングはとにかく手軽!

 

シュッとしたシャープなロッドに、小型のスピニングリールやベイトリールを使用します。

「タイラバ」や「ひとつテンヤ真鯛」の延長のようなタックルセッティングで、青物や根魚を狙っていきます。

もちろん、専用のスーパーライトジギングロッドがおすすめですが、この釣りでは代用ロッドでも楽しめるのがポイント。

まずは始める前に、手持ちのロッドでトライしてみてはいかがでしょうか?

スーパーライトジギング【SLJ】にタイラバロッドを代用

スーパーライトジギングでは、レンジが深くバーチカルな釣りの場合、ベイトリールを使用することがあります。

どちらか言うと、先端側から曲がるソリッドタイプが有効。

40~60gのジグを扱うことが多くなり、タイラバロッドが代用ロッドとなります。

 

タイラバロッドは、ただ巻きでも自動フッキングすることができるので、魚に違和感なく食い込ませることが可能。

柔らかいジグアクションで、フォールメインの釣りになります。

 

また、張りのあるチューブラータイプのロッドを使用することも可能。

キビキビとしたジグアクションで、自分からアワセて掛けていく攻めの釣りとなります。

スーパーライトジギング【SLJ】にテンヤロッドを代用

スーパーライトジギングでは、ただ巻きアクションで食わせることも可能です。

釣法としては、マダイ狙いのマイクロジギングを意識したアクションになります。

ただ巻きでのヒットでは、ロッドのしなやかさがカギとなるんですね。

できるだけ柔らかいロッドで、食い込ませることが重要。

 

テンヤロッドは、マダイの小さなアタリも拾えるほど繊細なロッドです。

ジグのただ巻きにも反応する「イサキ」や「マダイ」を狙るのであれば、ぜひタックルのローテーションに入れておきたいところですね。

スーパーライトジギング【SLJ】にボートシーバスロッドを代用

スーパーライトジギングでは、水深20m前後のシャローエリアを攻めることもあり、キャスティングで広範囲を探るパターンもあります。

もちろん、アンダーキャストがメインとなるので、短くて反発力を備えたロッドが主流です。

 

おすすめは、ボートシーバスロッドとなります。

ショートモデルでティップに張りがあり、「20~30g前後のジグ」を投げることができます。

また、ショートモデルが基本となっています。ッドですので、大型魚とファイトも安心できるスペックです。