スロージギングロッド

ポセイドン ロングフォールジャーカー|中深海最強のスロージギングロッドはコレだ!

ロングフォールジャーカー

中深海スロージギングって、下記のような制約がありますよね。

  • ジグの重さが超絶ヘビー
  • ピッチのテンポが超絶スロー

中深海の環境は魚にとっても過酷ですが、ロッドにも圧倒的な負荷が掛かります。

つまり、中深海スロージギングで使用できるスロージギングロッドも限られてきるわけです。

中深海スロージギングに必要なロッドのスペックは

  • 400gを超えるジグを背負えること
  • 長さが240cm前後であること

を奨励しています。

 

その中でも、エバーグリーンから発売されている「ポセイドン・ロングフォールジャーカー」が中深海スロージギングのスペシャルモデルと呼べるでしょう。

このページでは、ポセイドン・ロングフォールジャーカーが、中深海スロージギングの最先端ロッドと呼べる理由を解説しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

▼釣り番組がスマホで見放題!▼

ポセイドン ロングフォールジャーカーとは?

エバーグリーンから販売されている、中深海に特化したスロージギングロッドです。

ジギングにおいて誰しも経験することではあるが、ジグを落とし込んでいる最中のバイト。単なる偶然か、果たして・・・。しゃくり上げるよりもフォールの方が魚の反応が良いことがある。ベイトが遊泳力を失って漂い、弱々しく落ちていく様。そう、自然界でフォールという無防備な状況こそが、もっともエサと認識されやすいのではないかと。しゃくり上げるというジャーク方向ではなく、落とし込むというフォール方向で釣る。このジギングの概念を覆す新たなメソッドを生み出したロッドが、ポセイドン・ロングフォールジャーカーシリーズだ。フォールの高低差を最大限に引き出すロッドの全長。ジグを高い位置まで持ち上げる反発力。フリーフォール中の糸がらみを極力抑えるガイドセッティング。フォールでのアタリを確実に捉えるブランクスをリールシートの感度の良さ。全てがフォーリングのために。落として喰わす。それがロングフォールジャーク。ジギング新境地へ。

(参照:エバーグリーンHP)

ロングフォールジャーカーは、スロージギングロッドの中でもかなり異質です。

通常のスロージギングロッドの長さよりも、15~20cmほど長めに設計されており、フォールの幅を最大限発揮できるように工夫されています。

まさに、玄人好みのスロージギングロッドと言えるでしょう。

ポセイドン ロングフォールジャーカーは中深海スペシャルモデル

ポセイドンのシリーズには、スロージャーカーが存在します。

スロージャーカーは、スロージギング界で最高峰と言われるロッドですね。

その操作性や汎用性は、他のスロージギングロッドに比べて群を抜いています。

 

ロングフォールジャーカーは、スロージャーカーのロングバージョン。

スロージャーカーに比べて長いのが特徴です。

ロッドを長くすることによって、ジグを持ち上げる幅を広くとれるんですね。

そしてラインのテンションを抜くことによって、ジグのフォール幅を通常よりも長くとれます。

 

中深海ではラインが伸びてしまうため、ジグを動かすのも一苦労。

水深が250mを超えるようなポイントでは、ロングフォールを多用していくのが基本スタイルとなります。

できるだけ、フォールの時間を長くとれるロッドが有利なんです。

つまり、ロングフォールジャーカーは、中深海スロージギングにこそ真価を発揮するロッドなんですよ。

ポセイドン ロングフォールジャーカーはここに気を付けよう

ロングフォールジャーカーの扱いには注意してくださいね。

ファイトの際に、ロッドをムリに立ててはいけません。

 

ロングフォールジャーカーは、スロージギング専用ロッドです。

ロッドの反発力が非常に高く、硬いんですね。

ムリな負荷はロッドの破損につながります。

 

特に深海では、掛けた魚にかかる水圧も加わります。

ファイト中はロッドとラインを真っ直ぐにして、リールの力で魚を巻き上げましょう。

ポセイドン ロングフォールジャーカーのラインナップ

ロングフォールジャーカーは、基本的に中深海に特化したロッドです。

どれも600gのジグが、軽く背負えるモデルとなっています。

各番手によってロッドの硬さが多少異なるだけですので、最終的には本人の好みの問題となります。

スタンダートモデル|PLFJ710-3

よりヘビーな状況に対応するなら|PLFJ710MH-4

固めのモデルが好きなら|PLFJ710H-5

水深400m超えを目指すなら|PLFJ710H-6

水深600m対応の超深海モデル|PLFJ77XH