スロージギングロッド

ディープライナー ロジカル|スロージギング最先端のロッドはコレだ!

ロジカル

あなたはディープライナーというメーカーをご存知でしょうか?

スロージギングに精通している人であれば、一度は聞いたことがあるかもしれませんね。

ディープライナーとは、高知県の遊漁船「DEEP LINER」の船長”東村真義”さんが立ち上げたジギングメーカー。

東村さんはスゴ腕の船長でありながら、自身もスロージギングで数々の大物を仕留めている”熱血アングラー”なんですよ。

スロージギング界の重鎮のひとりでもあります。

実践で培ったノウハウをもとに、最新の技術を搭載したロッドがロジカルなんです。

スロージギング最先端ロッドとは、どういうコンセプトで作られているのか、このページで確認してみてくださいね。

▼釣り番組がスマホで見放題!▼

ロジカルとは?

ディープライナーから販売されているスロージギング専用ロッドです。

ジギングロッドに本来最も求められるべきジグを「操る」、そして海の中の情報を「感じる」ことを重視し、Fuji TORZITEガイドを密に配置。カーボンブランクスのコーティングは可能な限り排除し、アーバーには硬質シングルアーバー、バットエンドには様々なメソッドを考慮し100mmのEVAリアグリップを採用。3種類のレングスをシチュエーションいより使い分けることにより、たとえ同じポイント・同じジグであってもアプローチの幅は大きく広がります。

(出典:DEEP LINER公式HP)

ロジカルは様々なシチュエーションに対応

ロジカルが、他のメーカーと差別化を図っているのがロッドの細分化です。

ロジカルは、まずレングスによって3種類に分けられます。

ロジカル55(約170cm)」「ロジカル60(約180cm)」「ロジカル70(約210cm)」です。

さらに各モデルに0~8番まで振り分けられていて、3×9の計27種類のラインナップが準備されています。

つまり、あなたが釣りをするシチュエーションに最適なロッドが必ず見つかるんです。

参考までに下記にスペック表を載せておきます。

ロジカルはスロースキップとの相性が抜群!

DEEP LINERは、ロッドの他にジグの開発にも力を入れています。

それが、スロースキップというシリーズです。

スロースキップには「スロースキップFB」「スロースキップVB」「スロースキップCX」「スロースキップFreq」「スロースキップVib」「スロースキップOvo」の6種類が準備されています。

これらのジグを開発するにあたってのテストは、ロジカルとの組み合わせで行われているんですね。

つまり、ロッドの性能に合わせてジグも開発されているので、ジグの最適な動きを出すためには、ロジカルを使うのがおすすめです。

ロジカルの正しい使い方

ロジカルには55・60・70の3種類のレングスがあり、状況によってそれぞれの長さを使い分けていく必要があります。

ダイナミックなジグのアクションを出したいのであれば、ロジカル55(170cm)を使用します。

ロジカル55

ロッドは短ければ短いほど、パワーの入力がしやすくなります。

大型青物や大型根魚を相手にするのであれば、ロジカル55が扱いやすいロッドです。

中深海エリアであれば、ロングフォールジャークも多用していきますので、ロジカル70(210cm)が扱いやすいでしょう。

ロジカル70

70ftのレングスであれば、ジグのフォールアクションをメインとしたロッド操作も可能になります。

ロジカル60(180cm)は、55と70の中間モデルになりますので、オールマイティに使用することができます。

ロジカル60

水深150mくらいまでは、このレングスの汎用性が一番高いです。

55・60・70のレングスで迷ったら、ロジカル60から番手を選んでいきましょう。

ロジカルのラインナップ

ロジカルのレングスを決めたら、いよいよ番手を選んでいきます。

ロジカルの番手は「#0~7」で表記されていて、それぞれ「0~7番手」という呼び方になっています。

 

ひとり
ひとり
え?それじゃ全部必要なの?

 

もちろんその必要はなく、使用したいジグの重さによって、大まかに決めていけばOKです。