スロージギングリール

中深海スロージギングリールの正しい選び方とは?

中深海スロージギングリール

中深海では、すべてが異次元の世界となります。

例えば「圧倒的な水圧」「光の届かない水深」「複雑な潮の流れ」といったところ。

通常のオフショアフィッシング では、このような過酷な環境での釣りはありませんよね。

中深海スロージギングで攻めるポイントは、その過酷に対応できるタックルでなければなりません。

リールの選び方のポイントは

  1. 最大ドラグ力
  2. ラインの糸巻き量
  3. ギアの種類

の3点から考えていきましょう!

この記事を読めば、中深海スロージギングで使えるリールも理解できると思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

最大ドラグ力からリールを選ぶ

リールの最大ドラグ力は、最低8kgを超えるものを使用してください。

というのも、中深海では圧倒的な水圧がジグに掛かります。

中深海スロージギングで使用するジグは、300gを超えますので、そこに水圧が掛かるととてつもなく重いんですね。

最大ドラグの弱いものだと、ジグをジャークするだけで、ドラグが逆回転してしまうなんてことも。

また、釣れる魚のサイズも3〜5kgなんてのは当たり前です。

ときには、20kgを超えるイシナギなども釣れますので、最大ドラグ力は強ければ強いほど有利になります。

ラインの糸巻き量からリールを選ぶ

中深海では、莫大なラインキャパが必要です。

水深200mの底取りをするのに、潮の速い日であれば300m出されることもあります。

目安は以下の通り。

水深(m) ラインキャパ(m)
200 300以上
300 450以上
400 600以上

 

それでも根掛かりなどてタカ切れしてしまえば、続行不可能となってしまいます。

予備のスプールを準備するのがオススメです。

[box04 title="中深海用スプールはこちら"]

[/box04]

[box06 title="スプール交換機能の付いているリールはこちら"]

[/box06]

PGとHGはどちらがおすすめ?

リールのギアについても考えていきましょう。

スロージギング専用リールには、HG(ハイギア)PG(パワーギア)が存在します。

 

[chat face="ひとり.jpg" name="ひとり" align="left" border="gray" bg="none" style="maru"]ハンドル1回転の巻き取り量が多いからHGが有利![/chat]

 

と考えてしまうかもしれませんが、実際にはPGがおすすめです。

巻き取り量こそHGに劣るかもしれませんが、PGの巻き取りの軽さを優先しましょう。

ジグの重さだけでも300g以上を使うことはザラです。

さらに中深海では、ジグに圧倒的な水圧がかかり、ジグを動かすだけでも大変です。

特にジグの回収が一番辛く、HGでハンドルの回転数を減らしたとしても、かなりの体力を消耗します。

5段階ギアの自転車で坂道を登る場合。

ペダルをこぐ回数を減らすためにギア5にするよりも、ギア1にして登る方が楽ですよね?

同じように、中深海でスロージギングをするのであれば、PGでハンドルを回すパワーを抑えた方が気持ちよく釣りができます。

[box06 title="あわせて読みたい"]

[/box06]

中深海におすすめのスロージギングリール3選

中深海で使用できるリールはかなり限定的です。

実際の使用感からおすすめの3選を紹介します。

オシアジガー2000HG

HGモデルなので、ハンドル1回転当たり117cmと驚異的な巻き上げ量が魅力的。

ラインの伸びてしまう中深海でも、しっかりとワンピッチで攻めることが可能です。

力強い男性におすすめ。

オシアジガー2000PG

PGモデルなので、ハンドル1回転当たりの巻き上げ力の軽さが魅力的。

300g以上のジグを使う場面が多い中深海でも、疲れを感じず、1日を通して集中力を保ちながらスロージギングが楽しめます。

女性の方細身の男性におすすめ。

ソルティガ35N/SJ

スペックはオシアジガー2000PGを少し上回る程度ですが、実際の使用感はそれ以上を感じます。

特にギアの回転のスムーズさでは、ソルティガを上回るリールはありませんので、ぜひお試しください。

-スロージギングリール

© 2020 ジギングマニア Powered by AFFINGER5