スロージギングリール

【徹底比較】オシアジガー vs オシアコンクエスト買うならどっち?

オシアジガーとオシアコンクエスト

スロージギングにはオシアジガーとオシアコンクエストどちらがいいの?

ジギマニくん
結論を言うと、ジギングの種類で使い分けることが大切だぞ!

オシアジガーもオシアコンクエストも、値段の高いリールです。

単純比較で言えば、「オシアジガー1500HG」と「オシアコンクエスト300HG」が同等スペックと言ったところ。

オシアジガー2000番に匹敵するスペックは、オシアコンクエストは持ち合わせていません。

どちらを購入しようか悩んでいるのであれば、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

オシアジガーのスペック

品番ギア比最大ドラグ力巻き上げ量(1回転)PE糸巻き量(号/m)
1000HG(右)6:47.0kg97cm2/300, 2.5/230, 3/200
1500PG(右)5:17.5kg78cm2/500, 2.5/400, 3./320
1500HG(右)6:47.0kg97cm2/500, 2.5/400, 3/320
2000PG(右)5:110.0kg96cm3/400, 4/300, 5/230
2000HG(右)6:210.0kg117cm3/400, 4/300, 5/230

オシアジガーは、スロージギングのために製造されたベイトリールです。

ハンドル1回転あたりの巻き上げ量」「巻き上げトルク」「滑らかな巻き心地」どれをとっても天下一品。

スロージギングを本格的に取り組むなら、買って損のないリールに仕上がっています。

まさに、サ・スロージギングリールと言えるでしょう。

オシアジガーのインプレはこちら

オシアコンクエストのスペック

品番ギア比最大ドラグ力巻き上げ量(1回転)PE糸巻き量(号/m)
300PG(右)4:88.0kg65cm2/380, 3/240, 4/170
300HG(右)6:27.5kg84cm2/380, 3/240, 4/170
300XG(右)7:57.0kg101cm2/380, 3/240, 4/170

オシアコンクエストは、ライトジギングのスペシャルモデルとして製造されたベイトリールです。

ただ、そのスペックはかなり高く、スロージギングとしても使用できるというもの。

特に「ハンドル1回転あたりの糸巻き量」と「最大ドラグ力」は、ライトジギング専用リールとしては特筆しています。

オシアコンクエストのインプレはこちら

ライトジギングならオシアコンクエスト

オシアコンクエストは、ライトジギングの延長でスロージギングが楽しめるというものです。

水深が60m以内であれば、何の問題もなくしゃくり上げられます。

ただ、少し不安なのが、レベルワインドが付いている点です。

ある程度スロージギングに慣れてくると、レベルワインドは邪魔になってくるんですね。

特に「水深が100mを超えるエリア」や「7~8kg以上の大型魚」を視野に入れてくると、圧倒的にオシアコンクエストは不利になります。

ジギマニくん
「ライトジギングの延長でスロージギングをしたい!」という方であれば、オシアコンクエスト300HGがちょうど良いでしょう!

「オシアコンクエスト300PG」は、完全なライトジギングモデルです。オシアコンクエストでスロージギングをするのであれば、「オシアコンクエスト300HG」の1択となります。

スロージギングならオシアジガー

  • 水深80m以上でスロージギング
  • 5kg以上のヒラマサやカンパチを狙う
  • 150g以上のジグを使用する

これらの場面では、リールのギアや内部に相当な負荷がかかります。

もはや、ライトジギングの範囲を超えていますので、オシアコンクエストでは故障の原因にもなります。

オシアジガーであれば、こうした状況に対応できます。

本格的なスロージギングに挑戦するのであれば、オシアジガー1500番か2000番で試してみてください。

まずは、「どのような場面でスロージギングをするのか」を考えることが大切となります。

-スロージギングリール