ショアジギングロッド

コルトスナイパーBB S96M【インプレ】中型青物におすすめのショアジギングロッド

上から上位機種

1万円の価格帯で販売されている、ショアジギングロッドの初心者モデル。

前モデルの「16コルトスナイパー」に比べて、ベリーからバットに掛けてのパワーが強化されています。

ブランクス全体も軽く作られているので、振り抜き速度が上がり、飛距離UPも期待できるロッドです。

エントリーモデルではありますが、パワーと振り抜く軽さを求めた、ショアジギング初心者にも扱いやすい製品です。

ジギングマニア運営者
この記事の著者運営者情報

続きを見る

スペックと搭載機能

  • 全長:9.6ft
  • 継数:2本
  • 仕舞:149.3cm
  • 自重:253g
  • ジグ:60g
  • プラグ:45g
  • PEライン:2.5号

主な搭載機能

  • ハイパワーX
  • Kガイド

コルトスナイパーbb

大型青物とのファイトに備え、オフショアでも使用されている「ハイパワーX」により、ブランクスの強度を補強。

上位機種にも搭載されている技術で、キャスト時のねじれや、操作時のブレによるストレスも軽減されています。

コルトスナイパーbb

ガイド周りは、ステンレスフレームで作られており、錆に強く耐久性も抜群。

また、「大口径ガイド」なので、キャスト時の不要なライントラブルも少なく、ショアジギング初心者でも扱いやすいロッドです。

おすすめの使い方

6kgまでの青物を狙うショアジギングに最適なロッドです。

プラグの操作性も高いので、ショアからの青物釣りを幅広くカバーできるでしょう。

ほどよく曲がる柔軟性をもっているので、キャスト時は反発力を生かして、軽い力で振り抜くことが遠投するポイントです。

アクションを加えるときには、ティップの反発する動きを見ながらリールを巻くと、初心者でも簡単にワンピッチジャークでアプローチできます。

ロッドのブレが少ないので、ジャーク幅を意識すれば、様々なアクションを加えることができるでしょう。

口コミと評判

実際のインプレッション

ジギマニくん
堤防からサワラを狙うショアジギングを楽しんできたぞ!

30~50gのジグがキャストしやすく、軽い力でキャストしても90m近く飛ばすことができました。

操作性に関してはクセがないので、どんなジャークにも素直に反応します。

また、ティップがアタリを弾かないので、アワセを入れるタイミングも判りやすかったです。

取り込みの際も、ロッドのクッション性を生かせるため、簡単に魚をネットに誘導できました。

Mパワーらしい使いやすさと、程よい長さが釣りをアシストしてくれるロッドです。

キャストから取り込みまで、初心者に必要な要素が満たされているので、初めての1本に最適なロッドといえるでしょう。

-ショアジギングロッド