ショアジギングロッド

コルトスナイパーSS S100MH【インプレ】大型青物対応の本格派ショアジギングロッド

コルトスナイパーss s100mh

上から上位機種

2万円の価格帯で販売されている、ショアジギングロッドの中位機種モデル。

コルトスナイパーのシリーズ中、スペックと価格のバランスの取れたモデルとなります。

ショアジギングだけでなく、プラグを使ったゲームも楽しめる本格派キャスティングロッドです。

ジギングマニア運営者
この記事の著者運営者情報

続きを見る

スペックと搭載機能

  • 全長:10ft
  • 継数:2本
  • 仕舞:157cm
  • 自重:260g
  • ジグ:MAX80g
  • プラグ:65g
  • PEライン:MAX3.0号

主な搭載機能

  • スパイラルX
  • ハイパワーX
  • スクリューロックジョイント
  • Vホールドフロントグリップ

コルトスナイパーss

ブランクスには、カーボンテープで補強する「スパイラルX」と「ハイパワーX」の技術を搭載。

シャープな見た目からは想像できないハリを持っており、キャストブレが少なくいので、飛距離を伸ばしやすい構造になっています。

ジギマニくん
軽い力でも、驚くほどの飛距離が出るぞ!

コルトスナイパーss

振り出し竿以外は、「オールダブルフット」のガイドを搭載。

ショアジギングで大切な要素である、強引なファイトで魚をねじ伏せる釣りが可能です。

おすすめの使い方

ショアジギング実釣場面

80gまでのジグを使用した、ショアジギングに最適なロッドです。

PEライン3.0号まで使用できるので、大型の青物と対峙することができます。

「ハイパワーX」によりブランンクスは最大限に強化。

強引なやり取りが必須となる、地磯やテトラ帯からの釣りも無難にこなせるでしょう。

リールは5000~8000番の大型スピニングリールを組み合わせることで、バランスがよくなり軽快にキャストできます。

また、65gまでのプラグも使用できるので、ナブラ撃ちや誘い出しも楽しむのもよいでしょう。

口コミと評判

実際のインプレッション

ジギマニくん
沖堤防に青物が回遊していると聞いたので、ショアジギングを楽しんできたぞ!

最も投げやすかったジグの重量は40~60gで、躊躇なくフルキャストできました。

ペンデュラムキャストができる方なら、MAXウェイトである80gのジグも気持ちよくキャストできるでしょう。

操作性に関してはブレが少ないので、どんな入力にも素直に反応します。

メジロ

(メジロをゲット!)

魚を掛けた感触は、メジロクラスではパワー負けしている感じが全くありませんでした。

意図した方向にロッドを向けられるので安心してやり取りできます。

価格以上の実釣性能を有しているので、コスパ重視で末永く使えるロッドをお探しの方におすすめします。

  • 全長:10ft
  • 継数:2本
  • 仕舞:157cm
  • 自重:260g
  • ジグ:MAX80g
  • プラグ:65g
  • PEライン:MAX3.0号

MHパワーは近海のハイプレッシャーに求められる繊細さと力強いファイトの両立を実現しています。

合わせてみたいリール

23ストラディックC5000XG

シマノが販売している、青物ジギングに最適なエキストラハイギア搭載のスピニングリール。

2万円の価格帯で、実践型のミドルクラスのリールです。

巻き心地が軽くなるインフィニティドライブを搭載しているため、ハイエンドクラスに近い使用感を味わえます。

  • ギア比:6:2
  • 自重:290g
  • ドラグ力:MAX11kg
  • 巻き上げ量:101cm(ハンドル1回転)
  • PE糸巻き量:1.5号-400m, 2号-300m

Kuroshio33HGX

1万円台で購入できる製品でありながら、大型青物をターゲットにすることも可能。

オフショアからヒラマサやカンパチなどの青物ジギング、さらにシイラを狙うキャスティングまで幅広く使用されています。

実用性能が非常に高く、価格以上の剛性を感じられるリールです。

  • ギア比:5:8:1
  • 最大ドラグ:14kg
  • 巻き上げ量:100cm
  • PE糸巻き量:3.0号/300m

-ショアジギングロッド