ショアジギングロッド

クロスライド5G 1002M【インプレ】メジャークラフトの超本格派のショアジギングロッドを徹底レビュー

クロスライド5g1002m

上から上位機種

メジャークラフトから販売されている、最上位機種のに相当するショアジギングロッド

同メーカーのハイエンドモデルでありながら、2万円の価格帯で購入できる、コストパフォーマンスに恵まれた製品です。

ライトショアジギングと、ショアジギング用に分けることで、ジグ重量に合った使い分けが可能に。

パワーと遠投性、操作性を兼ね備えており、初心者にもオススメの汎用性抜群のモデルです。

ジギングマニア運営者
この記事の著者運営者情報

続きを見る

スペックと搭載機能

  • 全長:10.0ft
  • 継数:2本
  • ルアー:20-60g
  • PEライン:1-2.5号

主な搭載スペック

  • R360構造
  • 東レ㈱T1100Gカーボン

クロスライド5g

ブランクには、軽量カーボンの「東レ㈱T1100Gカーボン」を採用することで、全体的に軽く仕上げられています。

まら、カーボン素材を多軸方向に巻き付ける「R360構造」を搭載し、細身のブランクでありながら、ねじれを最小限に。

5kgを超える大型青物とのファイトでも、パワーとトルクで勝負できる仕上がりになっています。

キャストとジャークを、1日中繰り返しても疲れることはないでしょう。

おすすめの使い方

パワーとトルクを重視したブランクスを使用しており、40g程度のジグを使ったショアジギングにベストマッチするロッドです。

Mパワーのロッドですが、パワフルなバットを搭載しているので、ブリとも対峙できる仕様になっています。

ブレが少ないロッドなので、王道のワンピッチジャークからコンビネーションジャークまで、様々なテクニックを駆使してアプローチできます。

軽さも追求しているので、1日中キャストを繰り返す回遊待ちの釣りでも体力の消耗を抑えられるでしょう。

口コミと評判

実際のインプレッション

ジギマニくん
40gのジグを使用して、地磯から青物を狙ってきたぞ!

ショアジギングロッドにしては柔軟性が残されているので、思い切り振り切ってもリリースポイントを掴みやすく、ミスキャストが軽減されます。

バットにルアーの重みを乗せやすく、飛距離は平均90mほどでした。

操作性も抜群で、引き抵抗の強いジグもキレのあるアクションを加えることができました。

ショゴ

40cmほどのショゴを掛けたのですが、このサイズですとゴリ巻きでも寄せることができます。

ワンサイズ大きいガイドを搭載しているので、太いラインを使ってガチンコ勝負したい方におすすめのロッドといえるでしょう。

\ 今回はこちらを使用!/

クロスライド5Gにおすすめのリール

23ストラディック4000MHG

シマノが販売している、中位機種に相当するスピニングリール。

2万円台の価格帯で、ハイギアを搭載し、キャスティングやライトジギングに最適です。

巻き心地が軽くなるインフィニティドライブを搭載しているため、ハイエンドクラスに近い使用感を味わえます。

  • ギア比:5:7
  • 自重:275g
  • ドラグ力:MAX11kg
  • 巻き上げ量:93cm(ハンドル1回転)
  • PE糸巻き量:1.2号-250m, 1.5号-200m

Mスプール搭載で1号から1.5号のPEラインを使用する釣りに最適。XGでの巻き重りが気になるアングラーにおすすめです。

22カルディアSW5000D-CXH

「カルディアSW5000CXH」は巻き上げパワーを生かし、青物狙いにおすすめの大型スピニングリール。

水の抵抗が大きいジグや、100gを超えるヘビージグの操作にも対応。

ドラグ性能も非常に高く、5㎏を超える大型の青物に対しても、ドラグを滑らせながら強引なファイトで寄せる事が可能です。

  • ギア比:6:2
  • 自重:295g
  • ドラグ力:MAX12kg
  • 巻き上げ量:105cm(ハンドル1回転)
  • PE糸巻き量:2.0号-350m, 2.5号-300m

キャスティングでの磯ヒラや青物狙いに最適です。

-ショアジギングロッド