ショアジギングロッド

コルトスナイパーSS LSJ【インプレ】軽くて強い!ライトジギングロッドの本格派モデル

コルトスナイパーss lsj

上から上位機種

シマノから販売されている、ミドルクラスに相当するショアジギングロッド。

2万円台で購入でき、ライトショアジギングに本格的に挑戦するために開発されてます。

コルトスナイパーのシリーズ中、スペックと価格のバランスの取れたモデルとなります。

ショアジギングだけでなく、プラグを使ったゲームも楽しめる本格派キャスティングロッドです。

コルトスナイパーSS LSJの特徴

20~50gの比較的軽量なジグをキャスト、操作しやすいように仕上げられた、ライトショアジギングロッドです。

ティップの繊細さ、自重の軽さを追求しており、ルアーのアクションを感じ取りながら操作できます。

そのため、メタルジグだけでなく、ブレード系ルアーやヘビーシンキングミノーを組み合わせたアプローチが楽しめるでしょう。

200g以下の軽さを実現していますが、「スパイラルX」と「ハイパワーX」によってパワーロスが軽減されているため、青物の引きもしっかりいなしてくれます。

オススメの使い方

どのロッドもライトショアジギング全てをカバーできます。

9.6ft、10ftの長さがラインナップされており、ロングロッドの扱いに慣れていない方は、9.6ftを選択してください。

わずか0.4ftの違いですが、シーバスロッドのような感覚で振り抜くことができます。

サーフや地磯などから遠投して魚を狙う方は、より遠投性に優れた10ftのロッドを選択するのがよいでしょう。

硬さはL、MLに分けられており、繊細なルアー操作を求める方はL、中型青物とパワーを生かしたファイトを楽しむ方はMLを選べばよいでしょう。

口コミと評判

実際の使用感

ジギマニくん
沖堤防に渡って、「S96ML」で青物を狙ってきたぞ!

20~30gのメタルジグが最もキャストしやすく、柔軟性が高いのでしっかりルアー重量を背負わせて遠投することができました。

激しいジャークを織り交ぜた速いテンポのアクションも、ティップのブレが少ないので、思い通りにこなせます。

ただし、ティップは絶妙な硬さに仕上げられているため、20gのジグを使用しても、必要以上に跳ね上げない繊細なアプローチもできました。

また、曲げ込むほどにパワーが生まれるので、60㎝クラスのメジロを掛けても余裕で寄せることができます。

基本性能が非常に高く、クセがないため、初心者のステップアップに最適なロッドといえます。

ラインナップ

品番全長継数仕舞自重ジグプラグPEライン
S96L9.6ft2本148.5cm177gMAX42gMAX36gMAX2号
S100L10.0ft2本156cm188gMAX42gMAX36gMAX2号
S96ML9.6ft2本148.5cm182gMAX50gMAX42gMAX2号
S100ML10.0ft2本156cm199gMAX50gMAX42gMAX2号

コルトスナイパーSS LSJ S96L

  • 全長:9.6ft
  • 継数:2本
  • 仕舞:148.5cm
  • 自重:177g
  • ジグ:42g
  • プラグ:36g
  • PEライン:2.0号

コルトスナイパーSS LSJ S100L

  • 全長:10.0ft
  • 継数:2本
  • 仕舞:156cm
  • 自重:188g
  • ジグ:42g
  • プラグ:36g
  • PEライン:2.0号

コルトスナイパーSS LSJ S96ML

  • 全長:9.6ft
  • 継数:2本
  • 仕舞:148.5cm
  • 自重:182g
  • ジグ:50g
  • プラグ:42g
  • PEライン:2.0号

コルトスナイパーSS LSJ S100ML

  • 全長:10.0ft
  • 継数:2本
  • 仕舞:156cm
  • 自重:199g
  • ジグ:50g
  • プラグ:42g
  • PEライン:2.0号

-ショアジギングロッド