ジギングリール

クロシオHGX【インプレ】テイルウォークのコスパ最強ジギングリールは入門者にもおすすめ!

クロシオ
ひとり
ひとり
ジギングを始めたい!どのリールがおすすめ?

 

ジギングに興味はあっても、道具の選定って難しいですよね。

ジギングは、オフショアフィッシングで最もタフな釣りです。

150~200gくらいのジグを、半日以上もロッドとリールで振り続けることになります。

さらにヒットする魚は、ヒラマサ・カンパチ・ブリといった高速回遊魚。

安物のジギングリールでは、即故障の原因にもななるんですね。

 

ひとり
ひとり
でも、いきなり高価なジギングリールは抵抗がある

 

経験のないジャンルの釣りで、高価な道具の購入には不安がありますよね。

できれば、リールに2万円以上は使いたくないでしょう。

2万円以下のハイスペックジギングリールは、もちろん存在します。

それが、テイルウォークから販売されている「クロシオHGX」です。

クロシオHGXは、ジギング入門者にも最適の製品となっています。

ハイスペックで激安のジギングリールをお探しなら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

クロシオHGXとは?

テールウォーク(tailwalk)から発売されているオフショア専用リール。

ジギング&キャスティングに特化したスピニングリールで、格安のジギングリールとして有名です。

そのスペックや使い心地は、大手メーカーのジギングリールにも劣りません。

ひと言でいうと、コスパ最強のジギングリールです。

シイラ・カツオ。マグロまであらゆるオフショアゲームをフォローする。安心のドラグパワーと安定感。ボディ剛性・スプール&ハンドルデザインに至るまで、各パーツセクションをオフショアゲームのためのチョイス。オフショアを知る・・・テールウォークならではのエッセンスが詰まっている。

(tailwalk公式HP)

クロシオHGXのスペック

品番 ギア比 最大ドラグ力 巻き上げ量(ハンドル1回転) PE巻き糸量(号/m)
33HGX 5:8:1 14kg 100cm 3-300
43HGX 5:8:1 16kg 102cm 4-300
53HGX 5:4:1 18kg 116cm 5-350
63HGX 5:4:1 20kg 116cm 5-350

クロシオHGXはこんな人にオススメ

コスパ最強のジギングリールが欲しい

サブタックル専用のジギングリールが欲しい

キャスティング&ジギングで使えるリールが欲しい

クロシオHGXは、そのスペックや使い心地に似合わず安いのが特徴。

コスパ最強のジギングリールなのです。

上記の希望を持ったアングラーはもちろん、ジギング入門者にもおすすめのリールです。

初めて購入するジギングリールなら、クロシオHGXで十分な成果を得られますよ。

ジギングに慣れてきて、本格的なリールを買う時に、クロシオHGXであればサブタックルに回すこともできます。

クロシオHGXのラインナップと使い分け方

KUROSHIO33HGX

シイラ・カツオ・ワラサといった、真夏の中型青物に最適なスペック。

少し軽めのオフショアキャスティングゲーム対応のHGモデル。

KUROSHIO43HGX

シイラ・カツオはもちろん、カンパチやヒラマサの大型青物にも対応したスペック。

キャスティングやジギングに対応のパワフルなHGモデル。

KUROSHIO53HGX

10kgを超える「大型カンパチ・ヒラマサ」がターゲットならこのモデル。

圧倒的なトルクで、オフショアのキャスティングとジギングを制圧する。

KUROSHIO63HGX

オフショアのビッグゲームに対応したエキスパートモデル。

ターゲットは、もちろん大型のキハダマグロだ。

本当は教えたくない|その他の激安ジギングリール

なぜ教えたくないかというと、激安ジギングリールは故障の原因になるからです。

 

ひとり
ひとり
えーそんなの使いたくないよ~

 

という方はご遠慮ください。

ジギングリールで最も大事なパーツは、ギアになります。

大型で剛性に優れたギアであれば、耐久力と巻き上げトルクがアップします。

つまり、より優れたギアは値段に比例するんです。

しかし、120gまでのジグを使用するのであれば、格安のジギングリールでも使用できます。

2万円を切るジギングリールは、ライトジギングで使用するのであれば問題ありません。

つまり、1万円台のリールを使用するのであれば、ジグの重さに注意することです。

以下のジギングリールであれば、ライトジギングをお楽しみいただけます。