ジギングロッド

ジギングに代用ロッドが使用できない理由とは?

ジギング代用ロッド

ジギングを始めたい!今、手元にあるロッドで代用できないかな?

そう考えてるひとって、実は多いのではないでしょうか?

結論から言うと、ジギングロッドに代用品はありません。

  • 200gを超えるジグを扱う
  • メインターゲットが大型青物

というように、釣りジャンルの中でも、ジギングはかなり特殊な釣りと言えます。

つまり、ロッドにも様々な制約がでてくるんです。

このページでは、ジギングに代用ロッドが使用できない理由を詳しく解説しています。

ジギングの代用ロッドでお悩みであれば、この記事が参考になると思います。

ジギング代用ロッドにはハリが必要

ジギングでは80〜200gくらいのジグを海底まで落とし、それをしゃくりながら一気に巻き上げてきます。

その際に大事なのが、ロッドのハリです。

ロッドのハリとは「ロッドが曲がってから元に戻ろうとする力」のこと。

基本的には、ロッドが硬いほど、ハリが強いものと言えます。

【ロッドのハリが弱い場合】

ロッドがジグの重さに負けて、ジグが水中で動かきません。

動かないジグに対して、魚は反応しません。

ロッドの中央から先端部分にかけて、シャキッとしたハリの強いものが必要となります。

ジギング代用ロッドには頑丈なバッドが不可欠

ジギングのターゲットは「ブリ」「ヒラマサ」「カンパチ」いった大型青物がメインとなります。

これらの引きは非常に強烈で、ジギング専用のロッドでないと上げられません。

特に「ヒラマサ」「カンパチ」は根に潜る習性があるので、頑丈なバッドで耐える必要があります。

根元から曲がってしまうロッドでは、一瞬で根に潜られてラインブレイクの原因となるからです。

青物をメインターゲットとするジギングでは、強靭なバッドを持ったロッドが必要となります。

代用ロッドではなく安めのジギングロッドを探そう

以上の理由から、ジギングに代用ロッドは使用できません。

ジギングに興味があるけど「値段の高いジギングロッドを買うのはちょっと」なんて方は、安めのジギングロッドから始めてはいかがでしょうか?

ジギング歴10年オーバーの私が、自信をもっておすすめするのがこちら。参考にしてみてください。