ジギングロッド

オシアジガーコンセプトS【インプレ】圧倒的な軽さと強さを持ったジギング最強ロッド!

オシアジガーコンセプトs

スピニングタックルのメリットは、ジグにスピード感を付けて大きく飛ばせること。

PGのスピニングリールを使用することによって「ジグの飛ばす幅を小さくしたり」と、小技も使えて様々な利点があります。

しかし、デメリットとして、ベイトタックルに比べて巻き上げパワーが不足していること。

スピニングタックルでは、ロッドのパワーで魚を浮かせる必要があります。

 

オシアジガーコンセプトSは「SLIM(細い)」「SMOOTH(スムーズ)」「STRONG(強い)」という3つのSを柱にしているスピニングロッドです。

アングラーのパワーを、そのままロッドに伝えてくれるので、ドテラ流しでもバーチカルジギングでもシャクりやすいのが特徴。

体の小さなアングラーでも、200gを超えるジグを軽快にコントロールすることが可能です。

 

このページでは、『オシアジカーコンセプトS』のインプレ記事となっています。

シマノのジギングロッドの中でも、上位機種のロッドに分類されます。

決して安い製品ではないので、購入を考えている方はぜひチェックしてみてください。

オシアジカーコンセプトSの特徴

シマノから発売されているジギング専用のスピニングロッド。

外房での横流しでも、ディープエリアを攻略するバーチカルジギングにも対応した、エキスパート向けのジギングロッドです。

ロッドのコンセプトとして、「細い」「軽い」「強い」をベースに製作されています。

大型青物を中心に、オフショアジギングをより軽快に楽しめるジギングロッドです。

細くて軽量なジギングロッド

見た目は細く軽いのですが、ロッド自体はブレずにシャキッとしているのが特徴。

ジグをオートマチックに飛ばすことができ、アングラーの疲労を最小限に抑えることができます。

力に自信のないアングラーでも、集中力を切らさずに、長時間ジャークが続けられるのがオシアジガーコンセプトSの魅力です。

特に真夏の暑い季節や、ドテラ流しのような体力を削られるジギングに、ぜひ使用してもらいたい1本となっています。

胴の間のキャスティングにも対応

混雑したジギング船では、隣とのライントラブルを回避するため、アンダーキャストをしてジグの投入する位置をコントロールする必要があります。

オシアジガーコンセプトSは細身でありながら、バッドの強さにもこだわった1本。

ロッド自体は細く軽いのに、ブランクスの強さはゴリマッチョなタイプです。

軽い力でのアンダーキャストでも、20~30mの飛距離は軽く出すことができます。

ストレスなくジギングを楽しむために

100gを超えるジグをしゃくるには、時にはアングラーにとてつもない負荷がかかります。

オシアジカーコンセプトSは、それらのストレスを軽減するために、3つのSを搭載することでアングラーへの負荷を激減。

ロッドの耐久性と強度を保ちながら、より軽快にヘビーなジグを操作することができます。

slim(軽い)

ロッドの余分な部分を限界までそぎ落とし、細身軽量&高反発ブランクスを採用。

持ち重りの軽さを落とすことで、他のロッドにはない、振りの軽さを体感することができます。

また、ロッドに高弾性カーボンを搭載することにより、ロッドワークに自動で追従するようなジグアクションを実現しています。

smooth(スムーズ)

ディープエリアでもヘビージグを軽快に飛ばすため、ロッドの曲がりの支点が手元に寄るように設計。

水深やジグの重さに負けない、シャープでキレのあるロッドワークが可能となっています。

アングラーの感じる負荷と疲労が、従来のオシアモデルのジギングロッドと比べても激減しています。

strong(強い)

体幹となるバットパワーは強靭に設定。

大型のカンパチやヒラマサを掛けても、ロッド全身を曲げることにより主導権をあたえません。

また、ミドルスピードのワンピッチジャークを基軸に、スローピッチからハイピッチまでのコンビネーションジャークを得意とします。

オシアジガーコンセプトSの評価

SNSやネット上のアンケートで、オシアジガーコンセプトSの評判と口コミをまとめました。

ドテラ流しやキャストによる横方向にも最適。スリムでありながらも、安定感があって、スムーズな使い心地。大物が来た時にもブレずに耐えてくれるので、耐久性にも優れていると言えます。
従来のジギングロッドに比べて軽量。軽い力でもジャークに加速力が生まれます。また、全体を曲げたパワーファイトにもしっかり耐えてくれ、長時間しゃくっていてもストレスフリーに釣りが楽しめます。

オシアジカーコンセプトSのラインナップ

オシアジガーコンセプトSは、6.1~6.8ft(1.83~2.01m)の幅広いレングスが用意されているので、アングラーの体格やジグの重さに合わせて選ぶことができます。

S64-1

水深60mまでを射程圏に開発されたモデル。

PE2号前後のライトラインで、キレのあるジグの動きを演出します。

掛けてからは、ロッドの粘りで魚を浮かせてきます。

アイテムジグウエイト適合ライン水深リールサイズ
S64-160-150gMAX2.5号60m5000-8000

S64-2

水深20~80mを得意レンジとします。

ライトラインを使用することで、魚へのプレッシャーを軽減。

ファイト時には、粘り強いバットで、大型青物の突っ込みを受け止めます。

アイテムジグウエイト適合ライン水深リールサイズ
S64-280-160gMAX2.5号70m5000-8000

S62-3

水深30~90mまでのレンジを攻略。

青物をターゲットにするなら、最も使用機会の多い水深に対応しています。

ジグの負荷に対して、ロッドのティップが自動で追従。

誰でも簡単に、ワンピッチジャークを再現できるロッドです。

アイテムジグウエイト適合ライン水深リールサイズ
S62-390-180gMAX3.0号80m5000-8000

S62-4

水深40~100mが得意レンジ。

深場のジギングに対応した、パワー重視のモデルです。

ジグの負荷に対して、ロッドティップが自動で追従するので、深い水深でもきれいなワンピッチジャークを演出できます。

アイテムジグウエイト適合ライン水深リールサイズ
S62-4100-210gMAX4.0号100m8000-10000

S60-5

水深50~120mに対応したモデル。

深場の攻略や、潮流の速いエリアで活躍します。

6.0ftに設定したショートレングスは、曲がれば曲がるほど反発力を活かして魚を浮かせてきます。

深場のブリジギングやディープカンパチに、ぜひ使用してもらいたいモデルです。

アイテムジグウエイト適合ライン水深リールサイズ
S60-5120-250gMAX5.0号100m8000-10000

S67-2

水深10~70mのレンジを攻略。

ドテラ流しや、キャストによる横方向の引きに対応しています。

春のヒラマサ攻略にも有効です。

アイテムジグウエイト適合ライン水深リールサイズ
S67-280-160gMAX2.5号70m5000-8000

S66-3

水深15~90mに対応。

ドテラ流しや、ジグの横引きを得意とするモデルです。

『S67-2』よりも、ワンランク強いモデルです。

アイテムジグウエイト適合ライン水深リールサイズ
S66-390-180gMAX3.0号80m5000-8000

S66-4

水深30~100mに対応したモデル。

ドテラ流しや、キャスト後の横引きジャークに対応しています。

『S66-3』よりも強いモデルとなっています。

アイテムジグウエイト適合ライン水深リールサイズ
S66-4100-210gMAX4.0号100m8000-10000

-ジギングロッド

© 2021 ジギングマニア Powered by AFFINGER5