ジギングロッド

ブラスト【インプレ】ジギングロッドのベーシックモデルの解説!

  • 本格的なジギングロッドご欲しい!
  • ダイワの製品を愛用している!
  • リーズナブルなジギングロッドは?

ダイワのブラストは、様々なジギングユーザーに対応したロッドです。

特に、「ソルティガやキャタリナには届かないけど、リーズナブルで本格的なオフショアロッドが欲しい!」というアングラーにオススメ!

ジギングロッドとしては、初心者〜中級者に向けた製品ですが、近海ジギングに焦点を絞れば十分すぎるアイテムです。

このページでは、オフショア専用のブラストジギングロッドのインプレとなっています。

ブラストの評判や口コミが気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

ブラストとは?

ダイワから販売されているジギング専用ロッド。

近海ジギングのスタンダードモデルで、スピニングロッドとベイトロッドがラインナップされています。

上位機種には、ソルティガやキャタリナが控えているが、ブラストはジギング初心者におすすめ。

価格は2万円前後が相場であり、決して高くはないが、安くもないのが印象です。

ダイワの下位機種となりますが、ジギング初心者でも本格的なジギングが楽しめるほどのスペックと使い心地です。

ブラストのスペック

ブラストのラインナップ

J63MLS|インプレ

近海ジギングのテクニカルモデル。

センターバランスの小型ジグからセミロングジグまで、MAX150gのジグに対応しています。

細いラインで勝負ができるので、スレた魚に口を使わせることが可能です。

ハマチ(イナダ)、メジロ(ワラサ)クラスを中心に、ジギングの楽しさを存分に楽しめる強度のロッドに仕上がっています。

J62MS|インプレ

近海ジギングのスタンダードモデル。

ファストテーパー寄りのティップは、ジグの跳ね上げを吸収することで、よりナチュラルなアクションを演出。

ジグアクションがティップを追従するため、あらゆるジャークに対応しています。

食いの渋い状況でも、違和感なく口を使わせることが可能。

180gまでのジグに対応し、水深100m前後まで狙うことができます。

J61MHS|インプレ

近海ジギングのパワーモデル。

キャスト後の横引きや、長いストロークのワンピッチジギングなど、あらゆるジャークに対応。

適度にベリーまで追従するしなやかなブランクは、無駄な力を使うことなくジグを横に飛ばすことができます。

大型青物がヒットしても、その強靭なバットパワーによって、オートマチックに魚を浮かせることが可能なパワフルモデルのジギングロッドです。

J60HS|インプレ

近海モンスター対応のスピニングロッド。

水深100m以深や、ドテラ流しでモンスターヒラマサや大型カンバチを確実に穫る近海パワーモデル。

ロッドのパワーを活かした、キレのあるジグアクションを得意とします。

J61MLB|インプレ

近海ジギングのテクニカルベイトロッド。

小型ジグからセミロングジグまで幅広く対応。

MAX150gまでのジグを背負うことができます。

軽めのジグを丁寧に扱えれば、スレた魚に口を使わせることが可能なテクニカルモデルです。

J60MB|インプレ

近海ジギングのスタンダードベイトモデル。

ジグウエイトが180gまで背負えるので、様々な水深と海域に対応。

ティップがファストテーパー寄りなので、ジグの跳ね上げを吸収し、滑らかなジグアクションを演出。

ティップがジグを追従するので、食いの渋い状況でも違和感なく魚の口を使わせることが可能です。

J511MHB|インプレ

近海パワージギングのベイトロッドモデル。

ワンピッチジャークはもちろん、ショートピッチやロングフォールのスロージャークまで、あらゆるジャークテクニックに対応したロッドです。

ジャーキング中は、しっかりとベリーまでしなり、必要に応じてジグを飛ばします。

ジグウエイトは、MAX200gまでの表記となっていますが、スティック型の抜けの良いジグであれば、250gくらいまで背負うことが可能です。

-ジギングロッド

© 2021 ジギングマニア Powered by AFFINGER5