タチウオジギングロッド

鏡牙X【インプレ】タチウオジギングロッドのエントリーモデルを紹介!

鏡牙X

典型的なフィッシュイーターで、甲殻類の幼生から小魚などを主食としているタチウオ。

ジグへの執着心が強く、一度狙いを定めると、何度も何度もアタックしてきます。

実は、タチウオジギングは難しいものではなく、誰でも釣れるのが特徴です。

 

ダイワの鏡牙Xは、1万円程度で買える、初心者にオススメのジギングロッド。

それでいて、ダイワの様々な技術が搭載されているので、コスパ抜群のタチウオジギングロッドです。

このページは、タチウオジギング入門者におすすめの『鏡牙X』のインプレ記事となっています。

  • これからタチウオジギングに挑戦したい!
  • とにかく安いタチウオジギングロッドご欲しい!

という方にピッタリのロッドですので、ぜひ参考にしてみてください。

鏡牙Xとは?

ダイワから販売されている、タチウオジギングロッドのエントリーモデル。

  • 携帯性に優れたセンターカット2ピース設計
  • 様々なリールとマッチするリールシート
  • ロッドのネジレを防止したブランク補強

などの技術を搭載しており、エントリーモデルとしては十分すぎるスペックを兼ね備えています。

鏡牙Xのスペック

アイテム継数仕舞寸法自重適合ルアー適合ラインカーボン含有率
63B-1.52本100cm102g60-160g0.6-1.0号68%
63B-22本100cm105g60-180g0.6-1.2号69%
63B-32本100cm105g80-200g0.6-1.5号73%

鏡牙Xのラインナップ

63B-1.5

ロッドのハリを抑えて、ジグが跳ねないようにする、タチウオジギングのスタンダードモデル。

浅場から水深100mまでが射程圏内で、ゆっくりジグを見せて食わせることが可能なパワー1.5。

東京湾・駿河湾・博多エリアに最適。

63B-2

仕様ジグの幅広い、場所を選ばずワンピッチでシャクるためのロッド。

浅場はもちろん、水深150m付近までをしっかり探索。

エリアを問わず、初めてのタチウオジギングならこのモデルがオススメ。

63B-3

少し固めのスローテーパーで、ジグをしっかりシャクるためのロッド。

深場でのタチウオジギングに優れ、大型タチウオを引き上げてくることが可能なパワー3。

ディープエリアに対応し、鹿児島・大分・富山湾・真冬の東京湾に最適です。

水深150m以上の深場や、大型タチウオに対応したミディアムモデルとなっています。

鏡牙Xに合わせたいリール

-タチウオジギングロッド

© 2021 ジギングマニア Powered by AFFINGER5