ジギングライン

バリバス VEP【インプレ】初心者でも扱えるジギング最強のショックリーダーを紹介!

バリバスVEP

最強のショックリーダーを教えて

コスパ最強のショックリーダが知りたい

細くても強度の強いショックリーダーってあるの?

ショックリーダーは、PEラインとジグを繋いでいるクッションみたいなもの。

ジギングでヒットした際に、ロッドやPEラインへの衝撃を和らげてくれます。

船上でのライントラブルを避けるためにも、必要不可欠なものです。

だけど、様々なメーカーからショックリーダーが発売されていて、本当に良いショックリーダがわからない・・・

ショックリーダーについて、ネットや本を参考にしても、イマイチわからないことって多いですよね。

もし、良質のショックリーダを探しているのであれば、モーリスから発売されている「バリバスVEP」が圧倒的におすすめ。

値段も高くはないので、まさにコスパ最強のショックリーダーです。

このページは、バリバスVEPのインプレ記事となっています。

初心者でもバリバリ扱いやすい製品ですので、ぜひ参考にしてみてください。

ジギングマニア
ジギングマニア
ジギング歴10年の私が、本当に信頼できるショックリーダーを解説します!
▼釣り番組がスマホで見放題!▼

バリバスVEPとは?

ナイロンだと強度が不安

フロロカーボンだと絡まりやすい

個人の好みによるかもしれませんが、それぞれのショックリーダーには短所があります。

バリバスVEPは、ナイロンライン寄りの素材で作られています。

しかし、ナイロンほど伸び率が少なく、フロロカーボンほど硬い素材ではありません。

バイバスVEPは、ナイロンとフロロカーボンの短所を補ったハイブリットラインとなっています。

バリバスVEPなら細いラインで勝負できる

バリバスVEPのメリットは、他のショックリーダーよりも圧倒的に強度が強いことです。

ジギングで使用するのであれば、80lbの強度で30kg級のキハダマグロとでも勝負できます。

ジギングマニア
ジギングマニア
私はこれまで、バリバスVEPの80lbで、15kgのカンパチや30kgのキハダマグロを上げていますよ!

ノットを結び間違わなければ、60lbの強度でブリやヒラマサといった大型青物は難なく獲れます。

バリバスVEPはコスパが良い?

使用していたショックリーダーが、真っ白になってしまったことはありませんか?

ショックリーダーが、海水を吸収して劣化してしまうためです。

平凡なショックリーダーであれば、一度でも使用してしまうと、たったの半日で強度が落ちてしまいます。

バリバスVEPは、劣化が極端に遅いのもメリット。

1日中使っても、強度は全く変わりません。

その分、他のショックリーダーと比べて、1~2割ほど値段が高くなっています。

60lbのショックリーダーであれば、50mで2000円くらいが相場。バリバスVEPは2400円くらいで販売されています。

特にスロージギングやスーパーライトジギングでは、細いラインで勝負するので、強度に関わる劣化は気にしましょう。

バリバスVEPは少し値段が高いですが、品質もグンと上がり、コストパフォーマンスが最高の製品に仕上がっています。

バリバスVEPのラインナップ