ジギングライン

格安のジギングラインを買う際に気を付けるべきこと!

ジギング格安ライン

ジギングのメインラインでは、伸びの少ないPEラインを使用します。

PEラインには、値段の低いものと高いものが存在します。

例えば、3号300mのPEラインでも6000円〜8000円とピンキリです。

 

ひとり
ひとり
じゃあ、値段の低いもの買おう!

 

そうですね、最近のPEラインは高性能です。

むやみに値段高いもの買う必要はありません。

と言いたいところですが、ちょっと待ってください!

 

実は、格安のPEラインには弱点があります。

このページでは、格安のPEラインを買う際の注意点をまとめています。

あなたが格安のPEラインの購入を検討中しているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

格安のPEラインのデメリットとは?

ひとり
ひとり
PEラインって、どれも同じじゃないの?

答えはNOです。

格安のPEラインのデメリットは

  1. 強度が低い
  2. 耐久性が低い

の2点です。

ひとつずつ説明していきますね。

PEラインの強度が低い

あなたはPEラインに、大差はないと思っていませんか?

PEラインは、各メーカーごとで強度が違うんですね。

同じ太さのPEラインでも、強度が強いほど値段も高くなります。

例えば、シマノのオシアジガーPE3号と、ゴーセン(GOSEN)PE3号を比較してみましょう。

PEラインの耐久性が低い

PEラインの耐久度とは、一度使用してから劣化するまでの期間です。

PEラインは吸水力が弱いので、水からの劣化には強いのですが、紫外線にはものすごく弱い特徴があります。

PEラインは一度でも使用してましまうと劣化が始まってしまいまい、値段が安いものほど劣化するまでの期間が速くなります。

格安のジギングラインの使い方

格安のジギングラインは、短期間で使い捨ての可能性がある時におすすめです。

例えば、週1回1ヶ月以内の期間限定のジギングのような場合です。

 

ジギングの弱点は、紫外線による劣化ですからね。

釣行回数と釣行頻度が少なければ、格安のPEラインで十分です。

格安のジギングラインは、使い捨ての覚悟があれば、リーズナブルなお買い物ですよ^^

格安のおすすめジギングライン3選