ジギングライン

【ジギング限定】PEラインとショックリーダーの選び方を丁寧に解説!

ジギングでは、メインラインショックリーダーの2種類を使用します。

どうして、わざわざ使い分ける必要があるの?

【ジギングにショックリーダーが必要なワケとは?】

ジギングでは、メインラインをジグに直結させません。

メインラインからショックリーダーに接続させてジグに繋げていきます。

メインライン正しい選び方

メインラインとは、リールに直接巻き付けるラインのことで、基本的にはPEラインを使用します。

PEラインの特徴は次の2点。

ナイロンやフロロカーボンと比べて、伸縮率が圧倒的に低い

ナイロンやフロロカーボンと比べて、吸水率が圧倒的に低い

上記の2点によって生まれるメリットは次の2点。

  • 伸縮率が低いので、ジグの動きにキレが生まれる
  • 吸水率が低いので、ラインの耐久性が向上する

ジギングは、ルアー釣りのひとつです。

エサ釣りとは違いますので、ジグにキレのある動きを伝えることが大事になります。

また、ジギングでは、ラインが水に浸かっている時間も長くなるんですね。

ラインは水を吸えば吸うほど、耐久力は落ちてきます。

メインとなるPEラインは、吸水率が異常に低いのがメリット。

水による腐敗では、強度はほとんど落ちません。

紫外線にはめっぽう弱いので、直射日光は避けること。また、ラインにキズが入ると、強度が極端に落ちるのがデメリットです。

ジギングにショックリーダーが必要なわけ

ショックリーダーは、メインラインの先に結びつけるラインです。

メインラインの先に、2~4mほど直結させます。

なんだかムズカシそう

ジギングで掛ける魚は、小型から大型の魚まで様々です。

ひとり
ひとり
小型といっても30cm~50cmがアベレージですよ!

魚の突っ込みに対して、ショックをやわらげることができる

バス釣りや堤防釣りしか経験したことないアングラーだと、ジギングでヒットする魚は未体験の引きになります。

PEラインは非常に伸縮率が低いので、瞬発的なパワーに弱いのが悩みどころ。

ラインに小さな傷が入っているだけでも、PEラインはタカ切れすることがあります。

その弱点を補うのが、ショックリーダーの役割です。

ショックリーダーは、ナイロンラインフロロカーボンが主流となります。

ナイロンやフロロカーボンは、PEラインに比べて伸縮率が高いのが特徴。

PEラインに掛かる衝撃を、ショックリーダーが受け止めてくれるのです。

ショックリーダーで、不要なライントラブルを避けられる

PEラインは細くて軽いので、非常に絡まりやすいです。

PEラインからジグまでを直結にしていると、ジグをシャクっているだけで絡んでしまいます。

それを補うのが、ショックリーダーの役割なのです。

ただ、スロージギングにライントラブルは付き物です。

  • 隣のアングラーとお祭り
  • 地球を釣ってしまう
  • 大型魚とのファイトで根ズレ
  • PEラインに傷が入っていてタカ切れ

など、数えればキリがありません。

一方、船に乗っていられる時間は半日程度。

時間でいうと、6~8時間くらいが平均でしょう。

ただ、船の移動時間だけでも合計2~3時間は掛かりますよね。

それを差し引くと、実釣時間なんて3~4時間程度ではないでしょうか。

そう考えると、非常に短いと思いませんか?

シンプルに考えて、長い時間ジグを水中に投入できていれば、たくさん魚が釣れる可能性があるわけです。

つまり、ライントラブルが少ないアングラーは、腕の良いアングラーであると言えます。

ショックリーダーで、根ズレに対処できるようになる

PEラインは、熱に非常に弱い性質を持ちます。

あなたは、PEラインに熱が加わる場面を想像できますか?

それは、根ズレによる摩擦熱なんです。

ジギングでは、手に負えないような大型魚とのファイトもあります。

特に、大型のヒラマサやカンパチは、とてもラインを止めることはできません。

ムリに止めようとすれば、あっと言う間にラインが切られてしまいます。

ヒラマサやカンパチといった魚は根に潜る習性あるからなんですね。

ラインブレイクの大半は、根に擦れてのブレイクです。

特に、PEラインが根に擦れてしまうと、あっと言う間にタカ切れを起こします。

試しにPEラインに、ライターの火を近づけてみてください。

その脆さがわかるはずです。