MENU

19炎月CT150PG【インプレ】タイラバやイカメタルに大人気シリーズをレビュー解説!

19炎月ct
[st-minihukidashi webicon=”st-svg-hand-o-right” fontsize=”90″ fontweight=”bold” bgcolor=”#3F51B5″ color=”#fff” margin=”0 0 0 0″]上から上位機種[/st-minihukidashi]

[st-mybox title=”” webicon=”” color=”#757575″ bordercolor=”” bgcolor=”#E8EAF6″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=””]

  1. 炎月プレミアム
  2. 炎月CT
  3. 炎月BB

[/st-mybox]

シマノから販売されている、デジタルカウンター搭載のタイラバリール。

フォール速度、巻き速度が表示されるハイテクリール。

目で数字を確認しながらHITパターンを探り出し、再現性の高い釣りが臨めます。

また、フォールレバーを搭載しているので、自在に速度を操ることもできます。

フォールで見せつける釣りを展開するのが、このリールの特性を生かすポイントです。

[st-card myclass=”st-no-shadow” id=”1804″ label=”この記事の著者” pc_height=”” name=”” bgcolor=”#66cdaa” color=”#ffffff” fontawesome=”fa-file-text-o” readmore=”on” thumbnail=”on” type=”text”]

目次

スペックと搭載機能

  • ギア比:5:8
  • 自重:250g
  • 最大ドラグ力:6kg
  • 最大巻き取り量:58cm
  • PE糸巻き量(号):0.8-400m, 1-330m
[st-minihukidashi webicon=”st-svg-hand-o-right” fontsize=”90″ fontweight=”bold” bgcolor=”#3F51B5″ color=”#fff” margin=”0 0 0 0″]主な搭載機能[/st-minihukidashi]

[st-mybox title=”” webicon=”” color=”#757575″ bordercolor=”” bgcolor=”#E8EAF6″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=””]

  • HAGANEギア
  • X-プロテクト
  • デジタルカウンター

[/st-mybox]

シマノ自慢の金属加工技術を生かして作られた「HAGANEギア」を搭載。

ノイズか少なく、巻き感度が高いので、わずかな潮の変化も見逃しません。

ボディには「X-プロテクト」を採用することで、防水効果を極限まで高めています。

また、ベアリングには特殊防錆処理を施しています。

内部で塩噛みが起きにくく、購入当初の使い心地を長く楽しめます。

オススメの使い方

最大の特徴は「炎月プレミアム」と同じ、フォールレバー搭載していること。

フォールレバーを駆使して、スピードに変化を付ければ、シャローレンジでも長い時間タイラバを見せることが可能です。

[st-kaiwa1]フォール速度を自在に操り、真鯛を魅了する事ができるぞ![/st-kaiwa1]

また、活性が低くルアーを追いきれない状況では、再現性の高い釣りができるので釣果が安定。

HITした後は、パワーギアの特性を生かして、一気に巻上げて下さい。

ドラグの効きも滑らかなので、身切れを気にせずランディングに持ち込めます。

ヒットパターンを忠実に再現して、釣果に繋げる事ができるベイトリールです。

口コミと評判

実際のインプレッション

[st-kaiwa1]外房のタイラバで使用したぞ![/st-kaiwa1]

100gのタイラバヘッドをメインに使用。

ハンドルが長いので、パワーギアでも巻き上げがスムーズです。

タイラバをフォールさせる時は、フォールレバーに速度調整を任せ、アタリに備えて神経を集中させることができます。

繊細なタイラバゲームにおいて、アタリに集中できるのは、釣り人として大きなメリット。

ドラグ性能が高く、0.8号のPEラインでも強引なやり取りでランディングに持ち込めるので、大鯛を掛けても安心です。

  • ギア比:5:8
  • 自重:250g
  • 最大ドラグ力:6kg
  • 最大巻き取り量:58cm
  • PE糸巻き量(号):0.8-400m, 1-330m

[st-cmemo webicon=”st-svg-comments” iconcolor=”#F48FB1″ bgcolor=”#FCE4EC” color=”#000000″ bordercolor=”” borderwidth=”” iconsize=””]デジタルカウンターがフォールと巻きのスピードを数値で表示。ヒットパターンを感覚ではなく、客観的な目視で再現できます。[/st-cmemo]

ハンドルカスタマイズも◎

[st-kaiwa1]「19炎CT150PG」は、ゴメクサス製のハンドルとの相性が抜群![/st-kaiwa1]

巻きパワーに特化させるなら、3000円程度のカーボンパワーハンドルが最適です。

アームの長いシングルハンドルにすることで、さらなる巻パワーを実現。

巻取りのトルクが上がるだけでなく、見た目も一気に高級感が漂います。

その他のラインナップ

パワーギアの他にも、ハイギアがラインナップされているので、状況に合わせた選択が可能です。

巻きスピードを上げて、活性の高いマダイを拾っていくならHGがオススメ。

また、深場での2枚潮や、潮流の速いエリアにもマッチします。

  • ギア比:7:8
  • 自重:250g
  • 最大ドラグ力:5kg
  • 最大巻き取り量:78cm
  • PE糸巻き量(号):0.8-400m, 1-330m

[st-cmemo webicon=”st-svg-comments” iconcolor=”#F48FB1″ bgcolor=”#FCE4EC” color=”#000000″ bordercolor=”” borderwidth=”” iconsize=””]デジタルカウンターがフォールと巻きのスピードを数値で表示。ヒットパターンを感覚ではなく、客観的な目視で再現できます。[/st-cmemo]

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次