スロージギングロッド

スロージギングの格安ロッドを購入する際に気を付けるべきこと!

格安スロージギングロッド
スロージギングに挑戦だ!でも、スロージギングの道具って高いよー(泣)

まさにその通りなんです。

ロッド、リール、ジグ…etc

スロージギングのコストってバカみたいに高いんですよね。

特にスロージギングロッドの価格はピンキリです。

 

ディープライナーから販売されているロジカルは、定価で4~5万円はします。

逆にプロマリンというメーカーでは、1万円の格安ロッドを販売していたりもします。

「じゃあ、1万円以下のロッドでお試ししたい!」って結論になるのは当然のこと。

 

でも、ちょっと待ってください!

 

格安ロッドが絶対にダメとは言いません。

しかし、値段を張ったロッドと差があるのも事実です。

格安ロッドを購入するなら、ロッドの正しい選び方を必要があります。

でないと、すぐにロッドの故障の原因にもなりますからね(泣)

このページでは、スロージギングの格安ロッドの正しい選び方を解説しています。

狙う魚のサイズを的確に把握しよう

 

スロージギングで釣れる魚は、小型根魚から10kgを超えるモンスター級の青物まで様々です。

正直、サイズは選べません。

 

ひとり
ひとり
小型も大型も同じジグで食っています!

 

だから、格安ロッドの購入には気を付けてもらいたいポイントがあるんですね。

格安ロッドの購入の際には、値段だけでなくロッドの強度についても確認しておきましょう。

ロッドの強度とは、魚を掛けた時の”ロッドのねじれ対策”のこと。

ロッドのねじれとは、魚を掛けた時にロッドが絞られる現象のことです。

ロッドのねじれ対策が不十分な場合

魚が下に潜ればロッドが下に絞り込まれるし、魚が左右に走ればロッドも左右に持っていかれます。

これがロッドのねじれと言います。

オフショアの魚はサイズもパワーも、バスフィッシングや堤防から狙える魚とは格段に違いますからね。

ロッドのねじれ対策が必要不可欠になるんです。

ロッドのねじれ対策が不十分なグニャグニャな竿だと、常に魚に主導権を握られてしまうんですよね。

格安ロッドで狙える魚のサイズは、せいぜい5kg未満まで。

格安ロッドで10kg以上の大型魚を仕留めるのは非常に難しいです。

魚を浮かせるまでに時間も掛かるし、左右のアングラーとライントラブルの原因にもなります。

悪気がなくても、周りの迷惑になってしまうこともあります。

気心知れた仲間内のチャーター船ならともかく、大概のアングラーが乗るのは乗合船がほとんどですよね?

周りのアングラーも、あなたと同じように貴重な休みの時間を割いて船に乗船します。

周りの気配りや配慮も大事ですよ。

ロッドのねじれ対策が十分な場合

ロッドのねじれ対策ができている場合、ロッドの反発により魚を浮かす力が加わります。

また、魚が左右に走っても、ロッドが常に中央に戻ろうとします。

つまり、魚に主導権を渡さないんです。

5kg以上の大型魚も視野に入れるなら、ねじれ対策の十分なロッドを購入しましょう。

 

そもそも、5kg以上の魚は限られてきます。

ブリ、ヒラマサ、カンパチ、キハダマグロの青物系には、ロッドのねじれ対策は必要不可欠です。

これらの魚を狙うのであれば、ねじれ対策のできた上位機種のスロージギングロッドが必須です。

船に乗る前に、船宿のサイトの釣果情報をきっちり確認しておきましょう。

ジグの重さを的確に把握しよう

 

格安ロッド購入の際には、ロッドの背負えるジグの重さを把握することが大事。

格安ロッドで背負えるジグの重さって、すごく限定的なんですよね。

MAX150gくらいまでのロッドが多いです。

MAX○○○gと書いてあれば、きっちりジグの重さは守ってくださいね。

それ以上重くしても、ジグを持ち上げるパワーが生まれるわけではありません。

ジグの動きが大きく損なわれてしまいます。

最悪、ロッドの破損にもつながるので注意が必要です。

 

150g以上のジグを扱いたいのであれば、1万円を切るような格安ロッドは不向きです。

ベリーやバットにパワーのあるロッドを選ぶこと。

ディープライナーのロジカルや、エバーグリーンのポセイドン(スロージャーカー)であれば、300gを超える本格的なスロージギングも可能になります。

ジグの重さを的確に把握して、適切なロッドの使用を心がけてくださいね。