ジギングライン

ジギングラインの基礎知識を身に付けよう!

ジギングライン

スロージギングには2種類のラインが必要です。

大きく分けて、メインラインショックリーダーが必要となります。

 

ひとり
ひとり
なんで、わざわざ分ける必要があるの?

 

って思われた方は、こちらの記事を参考にしてください。

【スロージギングにショックリーダーが必要なワケとは?】

スロージギングでは、1本のラインをジグに直結させるわけではないんですね。

メインラインとショックリーダーを接続させて、ジグに繋がっています。

このページは、スロージギングの2種類のラインの働きについて解説しています。

3分で読み終える内容ですので、よかったら参考にしてみてくださいね。

メインライン

メインラインとは、スロージギングの核となるラインです。

リールに直接巻き付けるラインのことですね。

スロージギングではPEラインを使用します。

PEラインの特徴は次の2点。

  • 他のラインと比べて、伸縮率が圧倒的に低い
  • 他のラインと比べて、吸水率が圧倒的に低い

他のラインとは、ナイロンラインやフロロカーボンといったものです。

上記の2点によって生まれるメリットは次の2点。

  • 伸縮率の低いので、ジグの動きにキレが生まれる
  • 吸水率が低いので、ラインの耐久性が向上する

スロージギングは、ルアー釣りのひとつです。

エサ釣りとは違いますので、ジグにしっかりとした動きを伝えることが大事になります。

また、スロージギングはラインが水に浸かっている時間も長くなるんですね。

ラインは水を吸えば吸うほど、耐久力は落ちてきます。

特にナイロンラインは吸水率が高いので、半日程度でもラインの強度はガクッと落ちます。

ショックリーダー

ショックリーダーは、メインラインの先に結びつけるラインです。

メインラインの先に、2~4mほど直結させます。

 

ひとり
ひとり
え~、なんか面倒くさそう。

 

スロージギングで掛ける魚は、小型から大型の魚まで様々です。

小型といっても30cm~50cmです。

ショアから釣れる魚のパワーとは比べ物になりません。

PEラインは衝撃に弱く、ラインにキズでも入っていれば一発で飛びます。

そこでショックリーダーが重要となります。

 

ショックリーダーは、ナイロンラインやフロロカーボンラインを使います。

ナイロンやフロロカーボンは、PEラインに比べて伸縮率が高いのが特徴です。

つまり、ショックリーダーには、ヒットの瞬間のショックをやわらげる働きがあるんですね。

PEラインの弱点をカバーするためにも、ショックリーダーは絶対に必要になってきます。

その他のショックリーダーの役割は、こちらで詳しく解説しています。→【スロージギングにショックリーダが必要なワケとは?】