スロージギングロッド

コスパ最強ロッド|ジャイアントキリングでスロージギングが手軽に楽しめる!

ジャイアントキリングsj
スロージギングって高級魚釣れて最高じゃん!でも、スロージギングロッドが高くて買えないわー(泣)

 

ちょっと待ってください!

それでスロージギングを諦めるのは、もったいないですよ!

確かにスロージギングロッドって高いです。

スロージギング最高峰のメーカー”DEEP LINER”のロジカルなんて、6万円しますもんね。

シマノ、ダイワから販売されているスロージギング専用ロッドでも3万前後はします。

かといって、わけのわからないメーカーの数千円というロッドは買うのが怖いものです。

 

要は、コスパに優れたロッドをお探しなわけですよね?

もちろん探してきましたよ!機能性バツグンで、お手ごろな値段のロッドを。

メジャークラフトから販売されている”ジャイアントキリング・スローピッチジャーク”が、コスパ最強のスロージギングロッドとしてピッタリすぎるので紹介しますね。

ジャイアントキリング・スローピッチジャークとは?

メジャークラフトから発売されているスロージギング専用ロッドです。

<製品仕様>
ジグのフォールで魚に食わすといったテクニカルに思うスロー系ジギングを、より簡単に身近に楽しめるモデルとして、ジャイアントキリングシリーズが誕生しました。張りのあるティップセクションとジワリと曲がるベリー部のコンビネーションが、アングラーの思いのままにジグを操れる楽しさと感度を実現しました。もちろん1日中スロージギングを楽しめるようにアングラーへの負担を軽減するレギュラーアクションを追求しました。バッド部に施された4軸カーボンとクロスフォース製法が不意の大物でもジワリと浮かすトルクを併せ持っています。年々進化するスロー系ジギングゲームを最先端の技術で武装したNEWジャイアントキリング・スローモデルが、さらなる進化へと導くことでしょう。

参考:メジャークラフト公式HP

ジャイアントキリング・スローピッチジャークの魅力は、他のメーカーのスロージギングロッドに比べて”コストパフォーマンスに優れたスロージギングロッド”であること。

つまり、「安くて質も良い」ってことですね。

シマノ&ダイワの同じ目的で作られたスロージギングロッドと比べると、ワンランクくらい値段が抑えられています。

 

シマノのでいうと、性能は中位機種のゲームタイプスローJに当てハマります。

ゲームタイプスローJのお値段が、だいたい3万円前後。

ダイワの中位機種も3万円前後です。

 

ジャイアントキリングは、なんと2万円弱で買えます。

この差は何かというと、「シマノ」「ダイワ」という”圧倒的なブランド力”なんです。

「シマノ」「ダイワ」というだけで、アングラーからの信頼感は抜群!

このブランド力が、ジャイアントキリングと比べて1万円前後の上積みになっているんです。

実際、ジャイアントキリングの品質はシマノ&ダイワのスロージギングロッドと遜色ありませんよ。

 

というわけで、ジャイアントキリングスローピッチジャークは

  • コストを抑えたいけど品質も大事にしたい
  • 最初の一本だから、コストを抑えて試し打ちしたい

なんて人にピッタリなスロージギングロッドとなっています。

ジャイアントキリング・スローピッチジャークはメジャー・クラフトの中位機種モデル

あなたには信頼できるメーカーがありますか?

どんな商品を購入しても、あなたの道具に対する欲求を満足させてくれるメーカーのことです。

シマノ?

ダイワ?

この2社の釣に対する情熱は素晴らしいです。

どんな道具に対してもこだわりを持って製作してくれます。

 

しかし、シマノ&ダイワだけではありませんよ。

あなたの道具に対する欲求を満たしてくれるメーカーは。

私の知る限りでは、メジャークラフトも釣りに対する情熱は熱いものを感じます。

釣り業界ではシマノ&ダイワにも引けを取らないビッグメーカーです。

特にロッドに関しては、バス釣り、シーバス、ライトジギング、ジギング、タイラバ、ひとつテンヤなど、様々なジャンルに精通しています。

オフショアの製品に関しては、性能、品質、信頼、すべてに実績のあるメーカーです。

メジャークラフトは、もちろんスロージギングロッドも手掛けています。

 

メジャークラフトから販売されているスロージギングロッドは、3種類あります。

最上位機種から順に並べると

  1. NPジャック
  2. ジャイアントキリング
  3. クロステージ

となります。

メジャークラフトから販売されているスロージギングロッドの中で、ジャイアントキリングはちょうど中間位置にあるんですね。

ジャイアントキリングを真ん中に考えて、さらに上の機種であれば”NPジャック”、下位機種であれば”クロステージ”という認識で大丈夫です。

ジャイアントキリング・スローピッチジャークの”ロッドのねじれ対策”をご存知ですか?

上述した通り、メジャークラフトのスロージギングロッドには「NPジャック」「ジャイアントキリング」「クロステージ」の3種類があるわけです。

じゃあ、なにが違うのか?

それは、大型魚を掛けた時のロッドの安定感に大きな違いが出てきます。

 

10kgを超えるような大型魚が相手だと、どうしてもリールで巻上げられず、ロッドの粘りで耐えなければならない時間が増えます。

下位機種であるほど、ロッドのねじれが生まれてしまい、魚が左右に走る度にロッドが振られてしまうんですね。

 

つまり、大型魚に対して適切な負荷が与えられず、アングラーの主導権が取りづらいんです。

スロージギングロッドはジグを動かして終わりではありません。

私も以前までは、スロージギングロッドはジグを動かすためだけに設計されているものだと思っていました。

魚を掛けた後はリールの力だけで...

そんなイメージで釣りをしていましたが、どうもそれだと限界があるんですよね。

 

そこで、ロッド性能で重要になるのが”ねじれ対策”なんですね。

ジャイアントキリングは、ロッドのねじれの防止に”クロスフォース”という技術を駆使しています。

5kg以内の根魚や青物であれば、ロッドのねじれを感じることなく余裕でファイトが可能です。

10kg以上のヒラマサ、カンパチ、キハダマグロを視野に入れるのあればNPジャックが必要になってきます。

NPジャックには、クロスフォースをさらに改良した”ナノテクノロジー”という技術を搭載しているんですね。

これが、上位機種(NPジャック)と中位機種(ジャイアントキリング)の違いです。

 

しかし、正直なところ下位機種のクロステージはおすすめしません。

製品がダメとかではなく、どうしてもスロージギングでは不意の大物に巡り合うんですね。

想定外の大物でも、私は確実に獲ってほしいんですよ。

あなたにとってのメモリアルフィッシュになるからです。

 

クロステージだと、本当に入門者向けのスペックしか搭載されておらず、レンタルロッドみたいな感じなんです。

「友達との付き合いで年1回程度」って考えなら、全然おすすめできるロッドなんですけどね。

ジャイアントキリング・スローピッチジャークは水深によって使い分けよう!

水深60Mまでの入門者向けモデル|GXJ-B66/2SJ

水深80Mまでの近海ベーシックモデル|GXJ-B66/3SJ

水深100M以上に対応|GXJ-B66/4SJ

水深200M以上の中深海に対応|GXJ-B66/5SJ