スロー系ジグ

【SFC】クランキーをインプレッション!スロー系ジグの王道ベーシックモデル

このページでは、シーフロアコントロールから販売されている『クランキー』を、インプレッションを混ぜながら徹底レビュー。

フォールと上げのバランスが非常に良く、どんな状況でも使用出来るオールマイティな魅力を持っています。

フォールに入る前に食いの間を演出してくれるので、バイトチャンスが多いのも特徴。

ジギマニくん
クランキーは、初心者でも簡単に操作できるショートジグです。

クランキーの特徴

軽くジャークを入れるだけでスライドアクションを引き起こすのでスロージギングに最適。

フォール速度は遅めで、イレギュラーなアクションを発生して魚のバイトを誘います。

また、引き抵抗も少ないので、深海ジギングで使用しても体力を消耗しません。

クランキーの動き

フォール中に発生するイレギュラーアクションを演出。

毎回違う動きをするので、フォールを意識した釣りをするのがおすすめです。

上げでじっくり魚に見せつけて、フォールで食わせるのがHITパターン。

もちろん、ロングフォールにも対応。

疲れた時は、ロングフォールを意識した釣りを展開する事も可能です。

軽い力で横を向けてフォールさせられるので、知識の少ないスロージギング入門者の方でもオススメです。

実際の使い心地

ジギマニくん
目の届く範囲でジグの動きをチェック!

横を向いてフォールする直前の姿勢は、弱ったベイトが漂う様子そっくりでした。

実際にジャークの後にステイさせると意識すると、バイトが増える印象。

姿勢も安定しており、ミスバイトも多くはありません。

また、フォール中はテンションを抜いてOK!

ジグのイレギュラーアクションに任せた方が、バイトは増えます。

引き抵抗が少なく、軽い力で簡単に横を向けることができるので、操作性の高さを実感できるジグでした。

クランキーの口コミと評判

その他の人はこちらも検索

-スロー系ジグ