スロージギングリール

悩んでない?オシアジガー1500番と2000番の使い分け!

17オシアジガー
ひとり
ひとり
オシアジガー買いたいけど、1500番と2000番で迷ってるんだ。

 

スロージギングの高級リールといえば、オシアジガーですよね。

オシアジガーって、値段が高いですからね。

だからこそ、高級品の買い物は失敗したくないもの。

 

1500番台と2000番とでは、もちろんスプールの大きさが違います。

それ以外にも、「ハンドル1回転当たりの巻取り量」や「最大ドラグ力」など、スロージギングでは重要になってくるファクターが異なってきます。

 

大切なのは、狙う魚や水深によって使い分けていくこと。

このページでは、オシアジガーの「1500番と2000番の使い分け方」について解説しています。

必要な方は参考にしてみてくださいね。

オシアジガー1500番と2000番のスペック表

品番 ギア比 最大ドラグ力(kg) 巻き上げ量(cm/ハンドル1回転) PE糸巻き量(号/m)
1500PG(右)

1501PG(左)

5:1 7:5 78 2.0-500

2.5-400

3.0-320

1500HG(右)

1501HG(左)

6:4 7:0 97 2.0-500

2.5-400

3.0-320

2000PG(右)

2001PG(左)

5:1 7:5 96 3.0-400

4.0-300

5.0-230

2000HG(右)

2001HG(左)

6:4 7:0 117 3.0-400

4.0-300

5.0-230

近海ジギングなら1500HG

さて、NEWオシアジガーを選ぶ際のポイントは、「攻める水深」と「狙うターゲット」のバランスを考えるのが大事。

近海ジギングであれば、ブリ、ワラサ、ヒラマサ、ホウボウ、根魚がターゲットになります。

わからなければ、乗船する船のホームページか船長に確認してくださいね。

 

これらのターゲットは、たいてい60m以内の水深での釣行となります。

ジグをきれいにシャクるのに、ハンドル1回転に対しての糸巻き量は95cmは欲しいところです。

なので、「ハンドル1回転の巻き取り量」が78cmの1500PGは脱落。

1500番以上のHGモデルか、2000番以上のPGモデルが候補になります。

 

ひとり
ひとり
ちなみに、私のおすすめは1500HG

 

近海スロージギングのターゲットであれば、2000PGのトルクは必要ないありません。

釣りを楽しむのであれば、1500HGの方が引き味を最大限に感じることができます。

大物遠征や中深海なら2000番台

キハダマグロや大カンパチ狙いの大物遠征なら2000HG

大物狙いのスロージギングだと、石垣島や父島での大カンパチや、久米島パヤオでのキハダなどが候補になります。

これらのターゲットは、どれも10kg~20kgはあたりまえ。

もちろんオフショアフィッシングの中でも、最高峰のビッグターゲットとなります。

 

中途半端なタックルはNG。

特にリールに関しては、最高ランクのものを用意しないと勝負になりません。

特に大カンパチは、素早く根を切ることが大事。

ラインの巻き取り量に特化したHGのリールにしましょう。

ラインは3~4号くらいが標準なので、それを最低300mは巻き付けらる2000番のリールがおすすめです。

アカムツやキンメダイ狙いの中深海なら2000PG

中深海では、PGの方が有利になります。

 

ひとり
ひとり
有利というよりも楽!

 

中深海では通常150~300m位を攻めるのでとにかく回収が大変。

HGの方がハンドルを巻く回数が減るからラク~」なんてイメージあるかもしれません。

実際は300g以上のジグを使うことが多く、そこに水圧が加わります。

ラインの巻き取りの際に、HGだとハンドルを回すのが、かなりシンドク感じるんですね。

 

また中深海の人気ターゲットであるアカムツは、口が弱く高速で巻き上げることはできません。

PGのリールで、ゆっくり巻き上げるのがコツです。