ジギングリール

安いジギングリールを買うときの注意点とは?コスパ抜群の人気モデルを紹介!

ジギングに挑戦したいけど、ジギングリールはどれも高いでござる。

ジギングでは

  • 使用するジグが200g以上
  • ターゲットが5kg以上の大型青物

と、オフショアフィッシングの中でもかなり特殊な釣りとなります。

敷居が高く感じるな~。道具も一流のものでないとダメなの?

1万円を切るようなジギングリールは怪しいですが、そこそこの値段で手に入るものは存在します。

選ぶ際の注意点は、ジギングリールのスペックに注意すること。

値段よりも、その製品のスペックに注目しましょう。

このページでは、安いジギングリールの選び方について解説しています。

▼釣り番組がスマホで見放題!▼

ジギングリールが高価なわけ

ジギングリールは、非常にタフなものでなければなりません。

  • 大型青物を巻き上げるトルク
  • 200g以上のジグを自在に操れるハンドル回転
  • 逆回転にも対応したギアの滑らかさ

といったように、ジギングリールに求められるハードルが非常に高くなるからです。

これほどまでにリールに負担のかかる釣りは、ジギング以外に存在しません。

ジギングの中で、最もお金を掛けたいのがリールとなります。

「ロッド」「ジグ」「ライン」「フック」などは、多少は妥協もできます。

ジギングリールの相場としては、2万5000円~10万円あたりが信頼のできるものと言えるでしょう。

安いと言えるジギングリールの相場は?

2万5000円~10万円と言われると尻込みしますよね。

できれば、シマノやダイワと言った実績のあるメーカーから、ジギングリールは購入してもらいたいです。

いい加減なメーカーから、1万円を切るようなジギングリールもありますが

使った初日でギアから異音がする

ジグをうまく動かすことができない

1kg程度のイナダでさえも、巻き上げるのに苦労する

などのトラブルが付きものになります。

安いジギングリールを購入するのであれば、1万5000円~2万5000円くらいは準備しておきましょう。

ジギングリールはスペックが大事

 

おすすめの格安リール3選