ジギングリール

【スペックで選ぶ】オフショア最強のジギングリールを紹介!

ジギング最強リール

オフショアで大人気のジギング。

対象魚はブリ、ヒラマサ、カンパチと大型青物がメインになります。

 

ジギングの生命線となるのが、実はジギングリールです。

特に、10kgオーバーのヒラマサやカンパチを相手にするならば、勝負できるスピニングリールはごくわずか。

ジギングでは、最もお金を掛けたいアイテムで、超ハイスペックのジギング最強リールが必要になります。

 

このページでは、最強のジギングリールの選び方とオススメの最強ジギングリールを紹介します。

大型カンパチ、大型ヒラマサ、パワースローで使用するジギングリールをお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください。

ジギング最強リールの選び方

ジギングでは重いジグを巻き続けるため、剛性で頑丈なギアを搭載したリールが必要です。

また、それらを保護する防水性能に優れた機能を選ぶ必要があり、ジギングは最も過酷でタフな釣りのジャンルになります。

ジギングマニア
中途半端な性能のリールだと、即故障の原因になることも。

シマノであれば、SW(ソルトウォーター)の表記があるものを選びましょう。

SW表記のリールは、オフショアフィッシング 対応のギアと防水機能が備わっています。

スペックはもちろん大切ですが、リールを末永く使用するためには、コストが掛かるのを十分ご承知おき下さい。

スピニングとベイトの使い分け

ジギングリールには、スピニングリールとベイトリールの2種類が存在します。

それぞれにメリットとデメリットがありますが、スピニングとベイトの特徴や個性を理解し、使い分けることが釣果の秘訣です。

スピニングリールの使い方

スピニングリールは、ブリ、ヒラマサ、カンパチなど大型青物を狙うときに使用しましょう。

これらの大型青物は、素早い動きのベイトに反応します。

スティック型のロングジグを、スピニングリールの巻き取り量とロッドパワーで大きく飛ばすことが釣果の秘訣です。

特にヒラマサを狙う際の、浅場でのドテラ流しにはスピニングタックルが必須です。

ベイトリールの使い方

ベイトタックルは、青物をターゲットにしたジギングでは玄人好みのタックル。

巻き上げの際のトルクに優れているため、超大型魚(10kgオーバー)とのファイトに向いています。

ベイトリールは、スピニングリールとは機能も構造もまったく違っているため、スピニングリールにできないこともあります。

ディープエリアに潜む大型カンパチを狙う際は、ジグを縦に操作するバーチカルジギングになります。

短くてパワーの強い、ベイトタックルが必要になります。

HGとPGの使い分け

ジギングで使用するリールには、HG(ハイギア)表記のものとPG(パワーギア)表記のものがあります。

ギアの種類を理解し使い分けることで、場面や状況にマッチしたジギングを展開することができます。

それぞれのリールの個性を活かして、狙う対象魚や水深によって使い分けましょう。

巻き上げ重視のHG(ハイギア)

HGはハイギアの省略です。

ハンドル1回転に対して巻き取れるラインの量が、同サイズのリールよりも多くの巻けることに特化したギアを表します。

ポイント

自転車で例えると、5段階ギアの5に相当。

5段階ギアの自転車であれば、ギア5で漕ぐにはかなりのパワーが必要です。

しかし、重い力でペダルを漕ぐ分、ペダルをこぐ回数は少なくなります。

HGリールも同じように、ラインを巻き取る際にハンドルが重く感じるのがデメリットです。

素早く大きな幅でジグにアクションを出すときに、HGリールは重宝されます。

トルクに優れたPG(パワーギア)

PGはパワーギアの省略のこと。

ハンドル1回転に対して、同サイズのリールよりも少ないパワーでラインを巻けることに特化したギアを表します。

ポイント

自転車で例えると、5段階ギアの1に相当。

HGリールよりも、ハンドルを回す力は軽く感じます。

しかし、ハンドルを回す回数が多くなることがデメリットです。

  • 一定のレンジでより長い時間ジグを見せたい時
  • 大型青物の強烈なパワーに負けないトルクが必要な時

に有効になります。

ジギング最強のスピニングリール

スピニングリールを使用するジギングであれば、ステラSWとソルティガSWが圧倒的におすすめ。

スペック&巻き心地ともに、最強のジギングリールです。

ステラSWを選ぶか、ソルティガSWを選ぶかは、アングラーの好み次第。

シマノが好きならステラSWを、ダイワのファンであるならば、ソルティガSWをチョイスしてください。

ステラSWとソルティガSWの比較は、こちらの記事で紹介していますので参考にしてください。

【頂上決戦】20ソルティガvs19ステラSW徹底比較【オフショア最強リールはどっち?】

続きを見る

ステラSW

ステラSW

シマノから発売されている、最上位機種のスピニングリールになります。

オフショアキャスティング、オフショアジギングで使用できるスピニングリールです。

ジギングで使用するならば、6000〜10000番のサイズを選びましょう。

PGを使用するか、HGを使用するかは、それぞれの特徴を理解したうえで購入してください。

ステラSW8000HG

大型ブリやヒラマサに、ジグを大きく飛ばしてアピール。

船を横向きで流す「ドテラ流し」に最適です。

ステラSW8000PG

水深100m以内の、ヒラマサやカンパチがターゲット。

根に潜ろうとする青物を、リーリングの力で抑え込みます。

ステラSW10000PG

中深海の巨大カンパチを狙うのにおすすめ。

圧倒的なパワーで、深場に潜むモンスターを引きずり上げます。

20ソルティガ(スピニングリール)

20ソルティガ

ダイワから発売されている、最上位機種のスピニングリール。

スペック&巻き心地ともに、最強のスピニングリールです。

大型魚がフッキングした際に、スプールの逆回転が非常にスムーズに行われます。

個人的には、オフショアキャスティングも視野に入れるならソルティガSWがおすすめです。

ソルティガ8000-H

ステラ8000HGに相当。

HGにありがちな巻きの重さを軽減。

パワフルな巻き上げトルクで、水深60m以下のジギングに最適です。

ソルティガ8000-P

圧倒的な巻き上げの軽さで、水深100m以下の大型カンパチに対抗します。

遠征ジギングでも、十分に通用するスペックです。

ジギング最強のベイトリール

ベイトリールでのジギングは、オフショア初心者には難しいかもしれません。

  • クラッチを切る動作
  • フォール中のサミング
  • フォールでアタリを取る

上記に挙げただけでも、ジギングをする前に覚えなければならない作業があります。

 

しかし、上記の障壁をクリアできれば、スピニングリールでは得られないメリットがあります。

  • フォール中でもフッキングできる
  • スローなジグアクションを演出

特にベイトリールでのジギングは、リールのパワーで魚を引き上げるのでスリリング満点。

ベイトリールでのジギングは、巻き上げパワーに特化したものを選びましょう。

オシアジガー

シマノから販売されている、ジギング最強のベイトリール。

『巻き上げパワー』『巻き心地』に特化しており、30kg超のキハダマグロでも上がります。

もちろん、スロージギングでも使用可能。

オシアジガーで攻略できない魚は存在しません。

青物ジギングやスロージギングで使用するのであれば、2000番のサイズがおすすめ。

スロージギングで使用するならHGを、大型カンパチやヒラマサをターゲットにするならPGを選びましょう。

オシアジガー2000HG

スロージギングにも対応したベイトリール。

ハンドル1回転当の巻き上げ量は、驚異の117cm。

スピニングリールに比べ、巻き上げ力がパワフルなので、バーチカルなハイピッチジギングでも使用できます。

オシアジガー2000PG

巻き上げトルクに特化したベイトリール。

10kgを超える大型カンパチや、30kgクラスの大型キハダマグロに最適です。

ベイトリール特有のパワフルな巻き上げ力で、モンスタークラスの大型青物をキャッチ。

ソルティガ(ベイトリール)

ダイワの最新テクノロジーを駆使した、ダイワブランドの最上位機種ベイトリール。

『巻き上げパワー』『巻き心地』ともに、オシアジガーと遜色ありません。

大型カンパチ、大型キハダマグロをターゲットにするなら、ぜひ使用してもらいたい機種です。

-ジギングリール

© 2021 ジギングマニア Powered by AFFINGER5