MENU

値段とスペックで選ぶ!オフショアジギング専用の最強スピニングリール8選

ジギング最強リール

オフショアで大人気のジギングゲームでは、対象魚はブリ、ヒラマサ、カンパチと大型青物がメインになります。

特に、10kgオーバーのヒラマサやカンパチを相手にするならば、勝負できるスピニングリールはごくわずか。

ジギングでは、最もお金を掛けたいアイテムで、超ハイスペックのジギング最強リールが必要になります。

このページでは、最強のジギングリールの選び方とオススメの最強ジギングリールを紹介。

大型カンパチ、大型ヒラマサ、パワースローで使用するジギングリールをお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください。

[st-minihukidashi webicon=”st-svg-hand-o-right” fontsize=”90″ fontweight=”bold” bgcolor=”#3F51B5″ color=”#fff” margin=”0 0 0 0″]上級者向けの大人気ジギングリール4選[/st-minihukidashi]

[st-mybox title=”” webicon=”” color=”#757575″ bordercolor=”” bgcolor=”#E8EAF6″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=””]

  1. ステラSW
  2. ツインパワーSW
  3. ソルティガSW
  4. セルテートSW

[/st-mybox]

[st-card myclass=”st-no-shadow” id=”1804″ label=”この記事の著者” pc_height=”” name=”” bgcolor=”#66cdaa” color=”#ffffff” fontawesome=”fa-file-text-o” readmore=”on” thumbnail=”on” type=”text”]

目次

ジギング最強リールの選び方

ジギングでは重いジグを巻き続けるため、剛性で頑丈なギアを搭載したリールが必要です。

また、それらを保護する防水性能に優れた機能を選ぶ必要があり、ジギングは最も過酷でタフな釣りのジャンルになります。

[st-kaiwa1]中途半端な性能のリールだと、即故障の原因になることも。[/st-kaiwa1]

シマノやダイワであれば、SW(ソルトウォーター)の表記があるものを選びましょう。

SW表記のリールは、オフショアフィッシング 対応のギアと防水機能が備わっています。

スペックはもちろん大切ですが、リールを末永く使用するためには、コストが掛かるのを十分ご承知おき下さい。

スピニングとベイトの使い分け

ジギングリールには、スピニングリールとベイトリールの2種類が存在します。

それぞれにメリットとデメリットがありますが、スピニングとベイトの特徴や個性を理解し、使い分けることが釣果の秘訣です。

スピニングリールの使い方

スピニングリールは、ブリ、ヒラマサ、カンパチなど大型青物を狙うときに使用しましょう。

これらの大型青物は、素早い動きのベイトに反応します。

スティック型のロングジグを、スピニングリールの巻き取り量とロッドパワーで大きく飛ばすことが釣果の秘訣です。

特にヒラマサを狙う際の、浅場でのドテラ流しにはスピニングタックルが必須です。

ベイトリールの使い方

ベイトタックルは、青物をターゲットにしたジギングでは玄人好みのタックル。

巻き上げの際のトルクに優れているため、超大型魚(10kgオーバー)とのファイトに向いています。

ベイトリールは、スピニングリールとは機能も構造もまったく違っているため、スピニングリールにできないこともあります。

ディープエリアに潜む大型カンパチを狙う際は、ジグを縦に操作するバーチカルジギングになります。

短くてパワーの強い、ベイトタックルが必要になります。

HGとPGの使い分け

ジギングで使用するリールには、HG(ハイギア)表記のものとPG(パワーギア)表記のものがあります。

ギアの種類を理解し使い分けることで、場面や状況にマッチしたジギングを展開することができます。

それぞれのリールの個性を活かして、狙う対象魚や水深によって使い分けましょう。

巻き上げ重視のHG(ハイギア)

HGはハイギアの省略です。

ハンドル1回転に対して巻き取れるラインの量が、同サイズのリールよりも多くの巻けることに特化したギアを表します。

[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

自転車で例えると、5段階ギアの5に相当。

[/st-mybox]

5段階ギアの自転車であれば、ギア5で漕ぐにはかなりのパワーが必要です。

しかし、重い力でペダルを漕ぐ分、ペダルをこぐ回数は少なくなります。

HGリールも同じように、ラインを巻き取る際にハンドルが重く感じるのがデメリットです。

素早く大きな幅でジグにアクションを出すときに、HGリールは重宝されます。

トルクに優れたPG(パワーギア)

PGはパワーギアの省略のこと。

ハンドル1回転に対して、同サイズのリールよりも少ないパワーでラインを巻けることに特化したギアを表します。

[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

自転車で例えると、5段階ギアの1に相当。

[/st-mybox]

HGリールよりも、ハンドルを回す力は軽く感じます。

しかし、ハンドルを回す回数が多くなることがデメリットです。

[st-square-checkbox bgcolor=”” bordercolor=”” fontweight=”” borderwidth=”3″]

  • 一定のレンジでより長い時間ジグを見せたい時
  • 大型青物の強烈なパワーに負けないトルクが必要な時

[/st-square-checkbox]

に有効になります。

シマノの最強ジギングリール

19ステラSW8000HG

シマノから販売されいる、最上位機種に相当する大型スピニングリール。

「近海ジギング」「遠征ジギング」「トップウォーター」といった、あらゆるオフショアフィッシングに対応。

「性能」「使用感」「耐久性」どれをとっても、最高峰のスペックを搭載。

あらゆるオフショアフィッシングが、最高峰の次元で楽しめます。

\ 推奨ライン:PE3~5号 /

  • ギア比:5:6
  • 自重:615g
  • ドラグ力:MAX25kg
  • 巻き上げ量:107cm(ハンドル1回転)
  • PE糸巻き量:3号-410m, 4号-300m

[st-cmemo webicon=”st-svg-comments” iconcolor=”#F48FB1″ bgcolor=”#FCE4EC” color=”#000000″ bordercolor=”” borderwidth=”” iconsize=””]HGモデルのデメリットであった巻き心地の重さを、より少ない力でハンドルを回すことが可能に。ジギング、キャスティング問わずに、幅広いシーンで活躍してくれます。[/st-cmemo]

19ステラSW8000PG

\ 推奨ライン:PE3~5号 /

  • ギア比:4:9
  • 自重:615g
  • ドラグ力:MAX25kg
  • 巻き上げ量:94cm(ハンドル1回転)
  • PE糸巻き量:3号-410m, 4号-300m

[st-cmemo webicon=”st-svg-comments” iconcolor=”#F48FB1″ bgcolor=”#FCE4EC” color=”#000000″ bordercolor=”” borderwidth=”” iconsize=””]HGに比べ、大幅な回転慣性の低減と自重の軽量化を実現した、パワー重視のジギングモデル。[/st-cmemo]

21ツインパワー6000HG

シマノから販売されている、オフショアゲーム対応のスピニングリール。

最上位機種のステラSWに次ぐ機種のアイテムで、スペックや搭載システムだけで言えば、ステラSWと大差はありません。

ステラSWが嗜好品と考えれば、ツインパワーは超実践型のアイテムとなります。

  • ギア比:5:7
  • 自重:420g
  • ドラグ力:MAX13kg
  • 巻き上げ量:103cm(ハンドル1回転)
  • PE糸巻き量:2号-440m, 3号-300m

[st-cmemo webicon=”st-svg-comments” iconcolor=”#F48FB1″ bgcolor=”#FCE4EC” color=”#000000″ bordercolor=”” borderwidth=”” iconsize=””]実践的な巻き上げ速度とパワーを兼ね備えたオールラウンドモデル。[/st-cmemo]

21ツインパワーSW8000HG

  • ギア比:5:6
  • 自重:615g
  • ドラグ力:MAX25kg
  • 巻き上げ量:107cm(ハンドル1回転)
  • PE糸巻き量:3号-410m, 4号-300m

[st-cmemo webicon=”st-svg-comments” iconcolor=”#F48FB1″ bgcolor=”#FCE4EC” color=”#000000″ bordercolor=”” borderwidth=”” iconsize=””]ブリ、ヒラマサ等の青物からキハダまで、PE4号前後のラインを多用するビッグゲームに対応したモデル。[/st-cmemo]

ダイワの最強ジギングリール

20ソルティガ8000-H

ダイワから発売されている、最上位機種のスピニングリール。

スペック&巻き心地ともに、最強のスピニングリールです。

大型魚がフッキングした際に、スプールの逆回転が非常にスムーズに行われます。

個人的には、オフショアキャスティングも視野に入れるならソルティガSWがおすすめです。

[st-cmemo webicon=”st-svg-comments” iconcolor=”#F48FB1″ bgcolor=”#FCE4EC” color=”#000000″ bordercolor=”” borderwidth=”” iconsize=””]ステラ8000HGに相当し、HGにありがちな巻きの重さを軽減。パワフルな巻き上げトルクで、水深60m以下のジギングに最適です。[/st-cmemo]

20ソルティガ8000-P

[st-cmemo webicon=”st-svg-comments” iconcolor=”#F48FB1″ bgcolor=”#FCE4EC” color=”#000000″ bordercolor=”” borderwidth=”” iconsize=””]圧倒的な巻き上げの軽さで、水深100m以下の大型カンパチに対抗します。遠征ジギングでも、十分に通用するスペックです。[/st-cmemo]

21セルテートSW6000H

ダイワから販売されている、オフショアゲーム対応のスピニングリール。

スペックや搭載システムだけで言えば、最上位機種のソルティガと大差はありません。

オフショアだけではなく、ショアからのキャスティングにも使いやすく、汎用性の高いモデルが6000番です。

「エアローター」が採用されているので、巻き始めが非常に軽くレスポンスも抜群です。

耐久性抜群のモノコックボディには、大口径のジュラルミン製ギアが内蔵。

シャローエリアでのジギングや、シイラのようなゲーム性を重視したトップゲームに最適です。

  • ギア比:5:7
  • 自重:375g
  • 最大ドラグ力:15kg
  • ハンドル1回転:101cm
  • PE糸巻き量(号):3-30m0, 4-220m

[st-cmemo webicon=”st-svg-comments” iconcolor=”#F48FB1″ bgcolor=”#FCE4EC” color=”#000000″ bordercolor=”” borderwidth=”” iconsize=””]PE2号~3号を使用するショアキャスティングゲーム、オフショアジギング&キャスティングゲーム最適のモデルです。[/st-cmemo]

21セルテートSW8000H

  • ギア比:5:8
  • ドラグ力:MAX25kg
  • 巻き上げ量:111cm(1回転)
  • 糸巻き量:3号/200m, 4号/300m

[st-cmemo webicon=”st-svg-comments” iconcolor=”#F48FB1″ bgcolor=”#FCE4EC” color=”#000000″ bordercolor=”” borderwidth=”” iconsize=””]ハイギアスピニングとは思えない高い巻上げトルクを実現。PE3号~4号を中心とした近海のキャスティングやジギングに幅広く高次元で対応します。[/st-cmemo]

値段とで考える!コスパ最強のジギングリール

テイルウォークから販売されている、オフショアのビッグゲームに最適な本格派スピニングリール。

近海に潜む青物やマグロなど、大型魚を狙うために開発された製品です。

2万円の価格帯でありながら、「軽さ」「パワー」「頑丈さ」を兼ね備えており、値段以上の実用性を感じられるでしょう。

品番 ギア比 最大ドラグ力 巻き上げ量 PE糸巻き量
6000 5:6:1 11kg 104cm  3.0号/300m
8000 5:6:1 11kg 114cm 4.0号/300m
14000 5:4:1 20kg 114cm 6.0号/300m

ステルス6000

  • ギア比:5:6:1
  • 最大ドラグ:11kg
  • 巻き上げ量:104cm
  • PE糸巻き量:3.0号/330m

[st-cmemo webicon=”st-svg-comments” iconcolor=”#F48FB1″ bgcolor=”#FCE4EC” color=”#000000″ bordercolor=”” borderwidth=”” iconsize=””]オフショアのキャスティング&ジギングゲームはもちろんのこと、ショアジギングやロックショアにも幅広く使用可能。[/st-cmemo]

ステルス8000

  • ギア比:5:6:1
  • 最大ドラグ:11kg
  • 巻き上げ量:114cm
  • PE糸巻き量:4.0号/330m

[st-cmemo webicon=”st-svg-comments” iconcolor=”#F48FB1″ bgcolor=”#FCE4EC” color=”#000000″ bordercolor=”” borderwidth=”” iconsize=””]オフショアorショア問わず、タフなリールを必要とするソルトゲーム全般に幅広く対応します。[/st-cmemo]

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次