ジギングリール

【頂上決戦】20ソルティガ対19ステラ徹底比較【ジギング最強リールはどっち?】

「ジギングを極めたい!できるなら最強のロッドでジギングをしてみたいな〜。」

ジギングでは、常に大型魚との対戦が続きます。

エリアによっては、10kg前後のブリを数れるなんてことも。

だからこそ、ジギングリールもタフでパワーのあるものを使いたいですよね。

ジギング界の最強リールとして、よく話題に出るのがソルティガとステラSWなのではないではさょうか?

それぞれ、ダイワとシマノの頂点に君臨するスピニングリールです。

「正直、どっちがすごいの!?」

なんて、よく聞かれるのでハッキリさせていきましょう!

▼釣り番組がスマホで見放題!▼

登録方法はこちらで解説

20ソルティガのスペック

品番 ギア比 最大ドラグ力 巻き上げ量(ハンドル1回転) PE糸巻き量(号/m)
8000-P 4:8 25.0kg 92cm 3/400, 4/300
8000-H 5:8 25.0kg 111cm 3/400, 4/300
10000-P 4:8 25.0kg 98cm 4/400, 5/300
1000-H 5:8 25.0kg 118cm 4/400, 5/300
14000-P 4:8 25.0kg 104cm 5/400, 6/300
14000-XH 6:2 25.0kg 134cm 5/400, 6/300

【圧倒的な強さと耐久性】

より大物を目指すアングラーに数々の夢を実現させてきた「ソルティガ」。2020年、SALTIGAに求められる圧倒的な強さと耐久性を身にまといデビュー。強靭なモノコックボディ、放熱性・耐久性に優れたドラグ、スムーズでトルクのある巻き取り性能、ストレスフリーのキャスティング性能を備えた、まさにシリーズ史上市況のスピニングリールといえるだろう。ダイワテクノロジーの追求によって生まれ変わった20SALTIGAは、挑戦しし続けるアングラーに強い武器となるに違いない。

(参照:ダイワ公式HP)

19ステラSWのスペック

品番 ギア比 最大ドラグ力 巻き上げ量(ハンドル1回転) PE糸巻き量(号/m)
8000PG 4:9 25.0kg 94cm 3/410, 4/300, 5/250
8000HG 5:6 25.0kg 107cm 3/410, 4/310, 5/250
10000PG 4:9 25.0kg 102cm 4/400, 5/300, 6/250
14000PG 4:9 25.0kg 106cm 6/300, 8/200, 10/650
14000XG 6:2 25.0kg 134cm 6/300, 8/200, 10/165

ステラSWでは絶対的な強さを実現するため、「耐久性」、「ドラグ性能」、「巻き上げパワー」、「剛性」、「防水性能」を突き詰めました。ギア部のパワー伝達効率を向上させる「X-SHIP」と各部の高剛性の相乗効果が力強い巻き上げを実現。心臓部には強靭な「X-RIGID GEAR」、ドラグには耐熱性・耐久性を追求した「X-TOUGH DRAG」を採用し、「スムーズなドラグ性能」も両立。防止構造にも注力。随所に強力なツーリングを施し、防水の要であるローラークラッチ部には、「X-PROTECT」を配置。「強」と「滑」の高次元融合により、過酷なビッグゲームを征します。

(シマノ公式HP)

ソルティガとステラSWの使い分け

キャスティングならソルティガ

ソルティガは、ラインの滑り出しに優れたリールです。

キハダマグロやヒラマサ狙いのキャスティングゲームでは、ソルティガを使用しているアングラーが多いのもうなずけます。

モンスター狙いのジギングならステラSW

圧倒的なトルクを求めるならステラを使用しましょう。

特にカンパチやヒラマサをジギングで狙う場合は、ラインの放出が仇となる場合があります。

ステラSWの圧倒的な巻き上げ力はもちろん、ラインの放出を最低限にとどめるのにも優れています。

水深50mを超えるディープジギングや、モンスター狙いのジギングであればステラSWを使用しましょう。

-ジギングリール

© 2021 ジギングマニア Powered by AFFINGER5